リベラルアーツの学び方 (ディスカヴァー・レボリューションズ) [Kindle]

  • 11人登録
  • 3.20評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 瀬木比呂志
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2015年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (309ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

リベラルアーツの学び方 (ディスカヴァー・レボリューションズ)の感想・レビュー・書評

  • ○引用
    「思考の過程は、疑問や迷いから始まり、信念を生み出し固めることで終わるが、こうして得られる信念は、ある状況における行為の仕方を教える『行為の規則』あるいは『心の習慣』にほかならない。そして、こうした『行為の規則』が新しい状況に適用されると再び疑念や迷いが生じ、新たな信念(行為の規則)が形成される。このような具体的な経験的過程によって形成される事柄の内容が対象の概念である」

    自分の考え方の基盤になるような方法については、自分との相性を考えることも非常に重要です。自分自身の考え方や思考方法を構築し確立するためには、まさに自分が考えていたことがより明確に、体系的に記されている、そのように感じられる書物や著者を見付け出すことが一番なのです。

    ナチス時代のドイツだって「良心的な人間」や「いい人」はいたと思います。そういう人間が全く存在しない国家や大きな組織などあまりいないでしょう。しかし、彼らは、みずからの良心に従って行動することができなかった。あるいは困難であった。なぜか?そこには「構造的な問題」があったから

    個々の構成員を離れて、一つのシステムとして組織や制度をとらえるのは、社会科学の典型的な方法です。それを批判する場合には、記述の根拠となっているデータや事実を争う、それらから組み立てられた推論、議論の妥当性、合理性を争う、の二つの方法が基本であり、後者の場合には、より説得力のある別の議論を立てることが望ましい

    芸術批評は批評の基本であり、批評的、構造的に物事を把握する方法や技術を学ぶという意味できわめて有益なジャンル

    自由主義者が排斥されるようになったら、その社会や組織は末期的症状にあるといってよく

  • いわゆる教養本である。
    かなりに部分は本の紹介に費やされています。

    リベラルアーツを身に受けるための読書ガイドの感があります。リベラルアーツを身につけるためのコツが書かれていますが、かなり個人の能力に頼る部分が多いので、皆が皆読んで役立つとは限りません。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

リベラルアーツの学び方 (ディスカヴァー・レボリューションズ)を本棚に登録しているひと

リベラルアーツの学び方 (ディスカヴァー・レボリューションズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

リベラルアーツの学び方 (ディスカヴァー・レボリューションズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

リベラルアーツの学び方 (ディスカヴァー・レボリューションズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

リベラルアーツの学び方 (ディスカヴァー・レボリューションズ)はこんな電子書籍です

リベラルアーツの学び方 (ディスカヴァー・レボリューションズ)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする