マインドフル・ワーク 「瞑想の脳科学」があなたの働き方を変える [Kindle]

  • 42人登録
  • 4.18評価
    • (3)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 岩下 慶一 
  • NHK出版 (2015年5月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (216ページ)

マインドフル・ワーク 「瞑想の脳科学」があなたの働き方を変えるの感想・レビュー・書評

  • 友人が坐禅にはまっているのとKindleおすすめに乗っかり読んでみた。
    呼吸に集中とかいうのでラマーズ法みたいなことか?と思ったけど、仏教から派生しているなかなか筋の通った内容のものだった。
    米シリコンバレーでのマインドフルネスの興隆と企業への浸透状況、そして問題点等、概要がわかりやすく書いてあった。
    私としては実践が気になるので別で調べてみないといけないなと思う。
    日本の企業に馴染むかどうかは始業時
    ラジオ体操から置き換えられるかどうかだな。

  • 「ストレスは、物事はこうあるべきという期待と現実に起こることとのミスマッチから生まれるのだ。そしてこれは、私たちが思考をコントロールできないことの結果である。」たしかに。

  • マインドフルネスというのを聞いたのは、アドラー心理学の本だったと思う。

    ただ、この本を読むまでは、アドラー心理学で言われているもの(今、ここを生きる)とそんな変わらないと思っていた。

    しかし、この本を読んで、マインドフルネスがもっと深く、恩恵のあるものだということを知った。

    最後に付録として、マインドフルネスのやり方もあって良かった。

  • 古臭い伝統的な宗教や胡散臭いニューエイジ思想の一部とも思われてきた「瞑想」でも、最新の脳科学によって合理性が実証された瞬間に「おれたち現代人のライフスタイルにもじゃんじゃんアダプトしようぜ。なんか効果あるっぽいし」という発想は良くも悪くもいかにもアメリカ的と言える…というのは少々意地悪な見方かもしれないが、ランニングや糖質制限の流れから眺めるとごく理に適っているように見える。結局のところ、ひとつの行為はほかのすべての行為へつながっているのだ。

  •  30頁くらい読んでの感想。読了せず。
     悪い本では無いとは思うんだけれども、実に商売っ気のあるセールスする気分満点の文章を読んでいると、ちょっとうんざりしてしまう。
     いいことが書いてあるような気もするんだけどね、ちょっと今は読めないかなぁと言う感じ。

     ドキュメンタリーや映画というよりは、エンターテイメント。
     エンターテイメントでもいいんだろうけれど、さまざまな業界からちょっとずつもって来すぎて焦点がブレて正直読み辛い。
     いつか読む本が無くなったら再読しよう。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

マインドフル・ワーク 「瞑想の脳科学」があなたの働き方を変えるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マインドフル・ワーク 「瞑想の脳科学」があなたの働き方を変えるを本棚に「積読」で登録しているひと

マインドフル・ワーク 「瞑想の脳科学」があなたの働き方を変えるはこんな電子書籍です

マインドフル・ワーク 「瞑想の脳科学」があなたの働き方を変えるの単行本(ソフトカバー)

ツイートする