ザ・プラットフォーム:IT企業はなぜ世界を変えるのか? [Kindle]

  • 163人登録
  • 3.51評価
    • (6)
    • (25)
    • (19)
    • (6)
    • (1)
  • 20レビュー
著者 : 尾原和啓
  • PLANETS (2015年6月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (123ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
エリック・リース
ウォルター・アイ...
ブラッド・ストー...
伊賀 泰代
堀江 貴文
有効な右矢印 無効な右矢印

ザ・プラットフォーム:IT企業はなぜ世界を変えるのか?の感想・レビュー・書評

  • 製品開発を考える時に、この製品はどういう課題を解決するのか?と問うことが大事だと思う。

  • 言葉尻は堅いが、非常に柔軟な説明で捉えやすかった。定期的に見直しそうな内容

  • ・プラットフォ ームとは 、個人や企業などのプレイヤ ーが参加することではじめて価値を持ち 、また参加者が増えれば増えるほど価値が増幅する 、主に I T企業が展開するインタ ーネットサ ービスを指す。プラットフォ ームはある時点から一気に世界を変える。

    ・3 Dプリンタ 、教育 、シェアリングエコノミ ー世界を変える三つのプラットフォ ーム・・・ものづくりの新潮流メイカ ーズ ・ム ーブメントを象徴する 「 3 Dプリンタ 」 、インタ ーネットにつながることで激変する 「教育 」分野 、そして個人が所有するものなどをインタ ーネット経由で貸し借りする 「シェアリングエコノミ ー (共有型経済 ) 」の三つ。

    3 Dプリンタは大きな話題となっている「短時間でものづくりの試行錯誤ができる。3 Dプリンタというテクノロジ ーに私がみる可能性の一つは 、この 「生活を劇的に変える 」。

    教育でもグロ ーバル化が進み 、格差が目立つようになってきている。外国人留学生が日本最高峰の名門大学といわれる東京大学の入学を辞退した 、なんてことが日本ではニュ ースとして取り上げられるが、グロ ーバルに見れば東京大学も優秀な学生にとっては選択肢の一つにすぎない。フランスの経済学者トマ ・ピケティの 『 2 1世紀の資本 』 (みすず書房 )は 、富めるものはより富むという格差社会をデ ータから分析した点で話題となったが。まさに同じ状況が教育にもある。実際に 、米国の大学ではこの一〇年で学費が倍増しているというデ ータもあり 、富めるものが高い教育を受け 、グロ ーバル企業に入り高い賃金を得るという構図になりつつある。富もも教育も二極化しているため、強い危機感を抱いているが、だからこそ I Tにもとづく教育や学習のプラットフォ ームに期待をよせている。必ずプラットフォ ームが教育や学習を変えていける 。危惧を抱くのはエリ ート教育。言い換えれば 、社会をつくり 、ビジネスや経済を牽引するリ ーダ ーは 、優秀な学生が集まり 、切磋琢磨するなかで生まれる。世界で活躍できるリ ーダ ーが育つ環境が英語圏だけに集中し 、結果日本にいる人がリ ーダ ーとなるチャンスを失っている。これは非常にもったいないことであり 、また英語圏と日本の間にギャップがあることに早く気づくべき。

    ・「シェアリングエコノミ ー (共有型経済 ) 」の 「シェア (共有 ) 」という考え方は 、ある種のプラットフォ ームの原理にもっとも近いもの。シェアリングエコノミ ーのプラットフォ ームはすべてのプロセスを自動化し 、提供者側にとっても使う側にとってもサ ービスを非言語に近づけていく非言語化することで心理的なハ ードルが下がり 、社会がなめらかになり 、人々の 「モビリティ (移動性 ) 」を高めていく。日本のポテンシャルは 「 B t o B t o C 」サ ービスにあり、「日本型プラットフォ ーム 」とも呼ぶべき独自のポテンシャルを持っている。

  • ・グーグルの目指す世界は、あくまでも人間が選択肢を増やして、能動的に生きられる手助けをすることです。その美学が余計な手間の自動化であり、マインドフルネスという哲学になっている。なので、グーグルはゼロ・クリックサーチを目指し、機械ができることは機械がやり、人間にしかできない、今目の前にある現実やそこに広がる可能性に集中してもらうことを狙っている。

    ・プラットフォームが上手に回っていくためには、情報の送り手と受け手の「収穫逓増」が起きなければならない。日記や記事を投稿する「送り手」が増えないと、それを読みにくる「受け手」が増えない。有益で面白い内容の記事を書く人が居るから、「受け手」が集まってくる。この「収穫逓増」をうまく起こすにはインディーズアーティストのように小さくても濃いコミュニティを持ち、暑いモチベーションを保つユーザーたちを集めるのが一番だ。フェイスブックは名門大学の優秀な男子大学生たちだった。これにより男子学生を目当てとする女子学生が次々とユーザー登録をし、それを目当てに他大学生が登録してくるという収穫逓増のサイクルが回り始めた。

    ・マイスペースvsフェイスブックの勝敗を分けたものは、「オープンプラットフォーム戦略」である。まずフェイスブック内で色々なことができるようにアプリを開発し、便利なアプリをどんどん開発してもらった。そしてフェイスブックのゲームが大流行し、周囲の友達をどんどん巻き込むとフェイスブックを使うユーザーたちにも自分達こそがメインストリームであるという「主流感」のようなものが生まれる。この「主流感」がプラットフォームの本質とも言えるぐらい大切な要素である。

    ・学習の中心は課題設定能力に変わる これまでの教育では課題解決能力をいかに鍛えるのかにフォーカスしていたが、インターネットの発達により一般化してきた。よって、焦点は課題解決方法ではなく、それを実行することに価値が移り、その次は今ある課題がなんなのかを見つける「課題発見力」が必要とされる時代がくる。グーグルではエンジニアの評価に対して、この課題設定能力が重視されている。

    ・リクルートのビジネスは人生の大切な選択肢を提供する「おみくじビジネス」である。(例えば結婚のゼクシィや就職のリクナビ、引越しのsuumoなど) こうした人生の重要な意思決定をサポートするからこそ、利用者の一回の決断に伴う単価も高くなる。重要なのは結婚も就職も不動産の購入も人生において2、3回も経験を重ねるようなものではないということ。つまり、こうした分野で意思決定をするとき、人は誰でも素人であるので、そこに情報を提供することで情報の価値が大きい。その情報のギャップが大きいほど大きな利益を生むことができる。

    ・夏野剛さんの「健全な保護主義」 「iモード」を作ったとき、夏野さんはサプライヤーとして参加するコンテンツプロバイダー企業が安心してリスクを取れるように、徹底して細心の注意を払っていた。(中略)新機能を使ったサービスの市場が形成されるまで、リスクをとってサービスを開発してくれたコンテンツプロバイダーを優遇する施策をとっていた。表示する順番も最初にリスクを取ってくれたコンテンツプロバイダーから上位に表示し、市場がある程度立ち上がるまでの間は表示を続けた。

    ・楽天の雑多なデザインを欧米のすっきりとしたECサイトと比較して、批判している人も見かけるが、その人たちは「目的がはっきりしている状態で商品を探すためのインターフェイス」と「目的が必ずしもはっきりしない状態で、なんとなく商品を買いたくなるインターフェイス」が全く別のロジックで設計されているものだということを忘れている。

    ・ミクシィの強さの源泉はユーザーの行動が自然にプラットフォーム拡大に向くような「ラダー」... 続きを読む

  • 151031
    「プラットフォーム」という概念が便利。

  • 大きなプラットフォームには、共有価値観がある。
    日本の楽天は、お店の人たちがうまく棲み分けて、プラットフォームとなっている。
    iモードから始まった絵文字。微妙なニュアンスを出したい日本人らしい。日記文化のDNAで発展したmixi。ただ競合に恐れをなして真似したから、せっかく文化が確立していたのにそれを自ら崩壊させた。これらはコミュニーケーション消費。
    リクルートによって次々生み出されるプラットフォーム。「結婚=ゼクシィ」圧倒的な編集力と営業力あるからこそ。

    プラットフォームをテーマにいろんな企業がどう成り立っているのか知った。そしてインターネットがもたらしたものを楽観的に見るためには、自分の意志でそうさせなければならない。問題とか好きなことをインターネットでやる解決する。できる。

  • 海外と日本のプラットフォームの違いをわかりやすく説明してくれている。日本はプラットフォーム戦争に負けたと思ってたけどそうでもないのかな。

  • プラットフォームビジネスを展開する際のいろいろな視差・視点を与えてくれ非常に参考になる。

  • 人間の営みとして日々当たり前に存在することをITによって効率的・便利に実現させてビジネス化する昨今。消費者だけでなく、ITサービスの開発者も囲い込みの激しい争いが繰り広げられている。

    人と人のコミュニケーションをIT化したビジネスもぼちぼち頭打ちというか、飽和してきている感がある。次のステージは人工知能なんだろうか。人とマシンのコミュニケーションで得られる多幸感ってなんだろうか。

  • 「ー」

    楽天には多くの商品が売られているというが、売り切れの割合はどれくらいなのか。長い間売り切れが続いているのは、もう売っていないからではないか。

  • IT企業が展開するサービスの多くは、その利用者が増えれば、利便性や効用が増加する。グーグルやフェイスブック、アマゾンなどは単純な「規模の経済」にしたがって、コスト減による売上拡大だけを目指すのではなく、本業とは関係のないような企業を買収し、サービスを多角化、拡大している。

    こうしたインターネットサービスを著者は「プラットフォーム」と名づける。現在の企業や個人はプラットフォームの中で生きていることを意識する必要がある。

    著者はこうしたプラットフォームの具体的な成功例、失敗例をあげ、プラットフォーム内の個を快適にすることが重要だと語る

  • 楽天のサイトが意識的にドンキのようなカオス感を持たせているのは知らなかった。ミクシィがツイッターに追従するあまり、自身の強みである日記などのコンテンツを孤立させてしまい失速したという考察も面白かった。でも一番気になったのはプラットフォームの専門家を自称する著者の生業。そんなことで生活できるのか?と思ったらインドネシア在住だって。なるほどね。気に入ったのは幸福論の引用。上機嫌などは存在しないのだ。気分というのは、正確に言えば、いつも悪いのだ。だから、幸福とは全て、意志と自己克服とによるものである。

  • ICTプラットフォームビジネスがコンパクトにまとめられていて勉強になる。ユーザーとしての経験が有るテーマがおおく非常に腹落ちする。企業のValueから各者が展開する(しようとする)PFを探っていくという方法論は面白い。

  • この手の本は割と読んで来ていたのだ、評判に違わぬとてもハラ落ちする良書。 特に、mixiにおける、失敗の分析が的確・納得。 『共有価値観』やコアバリュー。 ココがしっかりしている組織や、『プラットホーム』はやはり骨太だし持続成長する。

  • 最高の一冊でした。ITプラットフォームを利用するすべての人が読むべき。

  • 尾原さんの著作はIT周辺のビジネスを語っているように見えながら語られてるのはむしろ文化人類学だと感じる部分が多い。IT、ICTというのはその入口に過ぎないと思わされる。

  • google、FB、Amazonだけでなく、ちょっとマイナーなプラットフォームから日本のプラットフォームサービスまで幅広くその位置付けや意味合いを解説しており、大変興味深く読めました。
    各プラットフォームを提供する事業者の価値観をここまでキチッと言葉にして表現してるのはさすがですね。
    プラットフォームを使う方、提供する方どちらからもこの価値観を見極めながら、少しでも自分のものにしたいですね。

  • プラットフォームという観点から、IT企業だけではなく、業界や通常の企業やはたまた国家・ボランティア活動までを説明している。

    著者はプラットフォームの定義を個人や企業などのプレイヤーが参加することではじめて価値を持ち、また参加者が増えれば増えるほど価値が増幅するサービスのこと、あるいはある財やサービスの利用者が増加すると、その利便性や効用が増加する「ネットワーク外部性」がはたらくサービスのこととし、主にIT企業企業が展開するサービスのことを本書で取り上げていると言っている。
    中心は確かにIT起業にフォーカスしているのだが、本人が注目するきっかけとなった情報の起点となるボランティア活動や、国民生活の基本的機能を提供する国家もプラットフォームであるという。

    Googleの哲学は「マインドフルネス」であり、余計な雑事をすべてネットに処理させて、人間らしい日常を目指し、人々に共有する力を与えて世界をよりつながれたオープンな場にするという共有価値観を掲げている。
    これに対してAppleの哲学は「Think Different」を超えた後に辿りついた「Your Verse」であり、他人と違ってもいいから強く生きられるというアメリカ的禅の考え方でもある。
    このような共有価値観の違いが両者のビジネス戦略にも色濃く出ていいて、Googleはベータ版でもサービスや製品を提供してユーザーと一緒に作り上げていくことが主眼である。
    これに対してAppleは、操作性や製品コンセプトの統一を徹底的に追求し、自社製品に惹きつける気持ち良いほどの使い心地やデザインを保ち続けることに拘る。

    Facebookのオープンプラットフォーム戦略の裏にある共有価値観は、Googleと同じ「世界をよりつながれたオープンな場にすること」であるが、それ以上に人間関係を劇的に変えるシン・リレーションシップに基づく「ウィーク・タイ(Weak Tie)を提供することであり、著者の言葉を使えば「人間関係のOS」を目指しているというのだ。

    この三社の比較は、共有価値観の違いにより、プラットフォームを提供するIT起業の戦略も、こうも大きく異なってくるという良い例であろう。

    社会のプラットフォームとして世界を変えていく例としては、次の三つを上げている。
    ・3Dプリンタ
    低価格化が進んだ時に劇的にモノづくりのやり方を変えるので、ネット上にあふれたモノの設計図とともに、クリエィティブの質を高め、ニッチなターゲットを広げていくことが新しいプラットフォームの充実となる。。
    ・教育
    ネットを介したコンテンツの提供が進むことで、先生から生徒に教える単方向が、先生と生徒、生徒同士の双方向へと向かい、いわゆる教えのペイフォワードとして広がっていくことでプラットフォームとしての進化となるはず。
    ・シェアリング
    ネットを通じたマッチングの技術が広範に広がっていくことで、ここでも共有のプラットフォームが一般的になっていく。

    また日本型プラットフォームの可能性として、リクルート、iモード、楽天を取り上げているが、リクルートの解説が面白い。
    住宅(SUUMO)、就活(リクナビ)、結婚(ゼクシィ)といった人生における大事な転換点で、新しい選択肢を提供することを生業としていて、そこに人間が介在することで新しい言葉や流行を作り出す編集のスキルや営業のスキルを有機的に結合して、儲かり続ける仕組み、ループを作り上げる配電盤モデルとでも言うべき独特にプラットフォームを持っているというのだ。
    必ずしもITが背景にあるという訳ではなく、人間に依存した独自のプラットフォームというところが興味深い。
    また、単に効率的なサービスを提供しているだけではなく、コミュニケーション消費(他人とのコミュニ... 続きを読む

  • アップル、グーグルなどのプラットホームを取り上げながら、プラットホームの理念、意義を解説。プラットホームに対する筆者の想いがよく伝わってくる。

  • 尾原さんの本は本当に毎回勉強になる。

全20件中 1 - 20件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ザ・プラットフォーム:IT企業はなぜ世界を変えるのか?を本棚に登録しているひと

ザ・プラットフォーム:IT企業はなぜ世界を変えるのか?を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ザ・プラットフォーム:IT企業はなぜ世界を変えるのか?はこんな電子書籍です

ザ・プラットフォーム:IT企業はなぜ世界を変えるのか?の新書

ツイートする