フォックスキャッチャー Blu-ray

  • 53人登録
  • 3.44評価
    • (4)
    • (8)
    • (12)
    • (2)
    • (1)
  • 7レビュー
監督 : ベネット・ミラー 
出演 : スティーヴ・カレル  チャニング・テイタム  マーク・ラファロ  ヴァネッサ・レッドグレイヴ  シエナ・ミラー 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2015年9月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111148643

フォックスキャッチャー Blu-rayの感想・レビュー・書評

  • ロスオリンピックで金メダルを獲得したレスリング選手のマーク・シュル。しかし、マイナーな競技ゆえに生活は相も変わらず苦しくなる。
    頼りにしていた兄デイブも妻子が出来家族を優先させるようになり競技を続けるのもままならなくなる。
    そんな時大財閥のデュポン家の御曹司のジョン・デュポンから彼のレスリングチームの参加をオファーされます。「カポーティ」「マネーボール」のべネット・ミラー監督が実在に起きた事件を題材にレスリング五輪金メダリストとそのパトロンとなった大富豪が悲劇の結末を迎えるまでの心の軌跡を描いた戦慄の人間ドラマです。スティーヴ・カレルが心の内に嫉妬や不安を抱える孤独な御曹司を見事に演じていました。人間関係の微妙な変化を浮き彫りにしていく心理描写が鮮やかで見応えのある映画だと思いました。

  • それぞれ、母親と兄に極度のコンプレックスを抱く二人の男。
    二人の負のパワーが弾けた矛先の向かった先が堪らなく辛い。

    3.4点

  • 全編通してじめじめして重い映画です。最後の悲惨な結末に向けて3者というか御曹司と弟の心の葛藤がきちんと表現されています。実話ベースっていうのもすごい。

  • 変な映画。実話をもとに製作されたものらしい。
    孤独な男が二人いて、しかもお互いに満たされないものがある。でも、二人とも子供でわがままというか、あんまり他人の事を考えないから、上手くいかない。そんなわけで、二人の関係は破綻してしまい、片方の男は、もう片方の男のお兄さんに代わりを求めようとするんだけど、お兄さんの方は大人だし、ちゃんとしてるから、きっぱりとした対応をされちゃうもんだから、殺しちゃうの。

  • じめじめした映画。レスリング風景も密着感がじめっとしてるし。で、突然びっくり!デュポンは何だったの?アメリカの人達には説明せずとも周知のことなのかな?

  • いまのとこ2015年公開の映画でベスト。

全7件中 1 - 7件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

フォックスキャッチャー Blu-rayを本棚に「観たい」で登録しているひと

フォックスキャッチャー Blu-rayを本棚に「いま見ている」で登録しているひと

フォックスキャッチャー Blu-rayを本棚に「観終わった」で登録しているひと

フォックスキャッチャー Blu-rayを本棚に「いつか観る」で登録しているひと

フォックスキャッチャー Blu-rayはこんな映画です

ツイートする