ジュラシック・ワールド ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

  • 533人登録
  • 3.54評価
    • (38)
    • (103)
    • (102)
    • (21)
    • (6)
  • 105レビュー
監督 : コリン・トレボロウ 
出演 : クリス・プラット  ブライス・ダラス・ハワー  ヴィンセント・ドノフリオ  タイ・シンプキンス  ニック・ロビンソン 
  • NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2016年2月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102367879

ジュラシック・ワールド ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • リメイクではなく、前作の続きだそうで……
    正直懲りないなぁ……としか思えないけど、実際懲りないんだろうなぁ。

    小さい恐竜達は可愛かったし、単純に主人公に従うのではなくて簡単に遺伝子に従って大きい恐竜になびいたり、でもそれを超えて主人公に好意みたいなのを示しているのが良かったな。

    だからこそとってつけたような恋愛がいらなかったなぁとも思うんだけど。

    迫力のある恐竜はすごくよかった。

  • 一言で、金のかかったB級映画という感。
    とにかくご都合主義とありふれたテーマ。
    ストーリーはくだらないことこの上ないので、
    映像の迫力や爽快感を楽しむべきか。
    なのだが、二子玉川のIMAX、スクリーンと席(F列)が近すぎたせいかこれまでで最も3Dが苦痛だった。

    いろいろ疑問点が出てきてしまう。
    例えば子ども2人を必死で探している時に、
    死にかけの恐竜を看取り、涙する余裕があるのだろうか。
    途中で向かっていた重装備のヘリ部隊は
    どこへ消えたのか、そしてなぜ歩兵で立ち向かったのか。
    最後いい感じのBGMが流れて性急にカップル誕生しているけど
    これすごい大惨事で、女性はこのあと監獄ものだろ。

    でも、これもすべて狙ってるのかもな。
    二度と見ないでいい映画だが、
    こうやってチャチ入れる隙があるってのは
    エンタメなのかもしれん。

  • 映画館で見てきました!
    鳥肌がたったり、驚いたり、涙流したり、四六時中飽きさせない内容です!ご都合主義があるかと思えば、え!?とまさかの展開もあります。

    どの出演者も素晴らしい演技でしたが特にブライス・ダラス・ハワードの演技に惹かれました。吹き替えで見たのですが、玉木宏はイメージ合わないと最初は思いましたが最後は違和感なかったです。4Dで見たいです。

  • ジュラシック・パークってどれもまともに見たことなかったんだけど、見てなくてもそれほど違和感なく見られる続編映画だった。話の内容はまぁ大体予測つく内容だったし、こんなのありえないだろ?場面も多かったが、エンタメ映画って大抵そんな感じだよね、主人公役の役者さんは、40年前のハリソン・フォードみたいな役をよくやってるよね。

  • 恐竜映画の王道。恐竜テーマパークで脱走した、遺伝子操作された恐竜からのサバイバル。
    恐竜好きとしてはやはり実在の恐竜で勝負して欲しかった気はするが、シリーズを重ねるごとにより刺激を追求するには、遺伝子操作恐竜もやむを得ないのだろう。
    思春期の兄とダメおばさんは最初はイライラするけど、後半からはまともになってくるので気にせず楽しめた。
    最強生物に追われるスリルはエンターテインメントとして申し分なく、かつ、過剰な商業主義への批判、生命倫理、時代を超えた生命の気高さや力づよさといったメッセージも違和感なく盛り込まれている。
    恐竜を単なる敵ではなく、メッセージを託したヒーローとして描いており、そこが後追いのモンスターパニックものとは一線を画す本シリーズが支持される所以なのだろうと感じさせる、シリーズの続編として申し分ない出来。

  • とにかくクレアおばさんが気になる映画。ピンヒールで走るクレアおばさん、甥の面倒もみれないクレアおばさん、なんか勢いでキスしちゃうクレアおばさんとクレアに突っ込みばっかり入れたくなる作品。CGもきれいで最高でした。最後の怪獣大戦争はどっちがTレックスでインドミナスなのかわかりにくかったのが残念。ジュラシックシリーズは鬱陶しい女性と子供を出さないと気が済まないのか…

  •  ジュラシック・パーク一作目から20年。スケールアップして復活したジュラシック・パークに新たな危機が!

     なるほど。これだけしっかりつくってあったら人気出るわ。恐竜達はCGさをほとんど感じさせない自然な佇まい。今まで弱かった人間側もクリプラというスターを迎えて万全の体制。そりゃあの待てのポーズ流行るわ。
     ストーリーも容赦なく登場人物達が死んでくのが良い。クリプラVS恐竜と見せかけて、終盤は恐竜VS恐竜の大迫力。旧作を意識したシーンもてんこ盛り。
     しっかし、ジュラシック・パークって相変わらずワキが甘々だよなぁ。。。絶対行きたくないわ。

  • CG技術を除くと一つの評価点もない映画。とくにキャラクター設定とストーリーのチープさは、有名映画シリーズにも関わらずこれでいいのかと不思議に思うほど。
    説明的なセリフの多さはダメ映画に共通する特徴ではあるが、キャラクター描写がとにかく極端な単一個性的性格である。無邪気で純粋な弟とザ思春期という感じの兄。一大テーマパークの経営トップとは思えないほど現場知らずでガチガチの理論主義な叔母。無能すぎる秘書。腑抜けすぎるバイト君。有り得ないほどタフで英雄すぎる主役。絵に描いたように「力がすべて」なパワー系のヒールと己の欲に囚われた博士。どういうキャラを登場させるかというところから個々のキャラの設定に至るまで手垢にまみれたとにかくひねりのない演出である。主役以外は基本みんなやることがバカでいちいち被害を拡大させている。
    個人的にそれよりも酷いと思うのはストーリーである。第一、人間のエゴ以外の何ものでもない動機でDNAをいじって新しい恐竜をつくるという倫理的にだいぶやばいことをして凶暴な恐竜をつくったわけであるから、作った立場の人間がその恐竜に襲われたところで、それは生み出した後のことを大して考えてもいなかった浅はかな思慮ゆえの自業自得の結果としか言いようがないし、手なずけた小さな恐竜を使って巨大な恐竜と戦わせ、その隙に自分達が逃げるというクズっぷりにはさすがに健気な恐竜のことを思って憤慨した。恐竜が暴れ回るのは人間のせいであって、そういう風に生み出され独房のような環境で育てられた恐竜自身はむしろ被害者なのに、最後は集団リンチのような格好で殺されるというひどく悪趣味な結末。恐ろしいほどに人間中心主義。恐竜が倒されたあと、叔母と英雄の間に恋が芽生えるが、もはや理解不能というか、異様。そんなことよりも、色々な生命に甚大な被害をもたらしてしまったことの倫理的責任にまずは心を痛め、経営トップとしての責任とか賠償とかを考えた方がよい。

  • クリスプラットがムチムチのわがままボディで笑っちゃった。

  • パークを観ていないので、つながりがあるのかないのか。わかってもわからなくても、まずまず楽しめるのでいいのか。
    とは言っても、何だか消化不良。
    パークを観てみようと思う。
    それにしても登場人物がワールドワイドですね。CEOがインド系→意味不明な正義感を見せて事故死。マッドサイエンティスト?は中国系→うまく逃げおおせた。
    何となく悪役系は白人以外だな。

全105件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ジュラシック・ワールド ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ジュラシック・ワールド ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする