ゴッド・タウン [DVD]

  • 19人登録
  • 3.08評価
    • (0)
    • (4)
    • (6)
    • (3)
    • (0)
  • 5レビュー
監督 : ジョン・スラッテリー 
出演 : フィリップ・シーモア・ホフマン  ジョン・タートゥーロ  リチャード・ジェンキンス  クリスティーナ・ヘンドリックス  ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ 
  • アメイジングD.C. (2015年9月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4562227883256

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ゴッド・タウン [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 【イカれた町のイカれた者たち】






    本編内容の解説をWOWOWより下記に引用させていただく。


    *「カポーティ」でアカデミー賞の主演男優賞に輝きながら、2014年に46歳で他界してしまったホフマン。彼が亡くなる16日前の同年1月17日にサンダンス映画祭で初公開されたのが本作。製作者のひとりでもあるホフマンは俳優J・スラッテリーの映画監督デビューに力を貸した模様。あらためてその温かい人柄をうかがわせる。小品だが、1980年代のフィラデルフィア郊外を舞台にしたのも楽しい。共演はTV「マッドメン」でセックスシンボルに仲間入りしたC・ヘンドリックス。WOWOWの放送が日本初公開。*



    **労働者階級が大勢住むゴッド・ポケットの町。中年のチンピラ・ミッキーは借金に苦しむが、妻ジェニーの連れ子で、怖いもの知らずの暴れん坊だったレオンが建設現場で事故死したと知る。実はレオンは怒らせた相手に撲殺されたのだが、ひとまずミッキーはレオンの葬儀の準備に取り組む。だが地方ニュースのコラムニスト、リチャードが事故に疑惑のまなざしを向けたことから、ミッキーや事故の関係者たちは意外な運命に向かっていく。 **


    ===============================

     
     イカれた町のイカれた者たちが織り成す、エキセントリックがループする人生。   ミッキーの美しき後妻であるジェニーの連れ子:レオン。どこかで視たお顔だと思いきや、デヴィッド・クローネンバーグの息子であるブランドン・クローネンバーグ監督の初長編映画である、『アンチヴァイラル』のシド役だった。 


     タブロイド誌のコラムニスト:リチャード。 
    アルコール依存症の彼がジェニーに一目惚れ。最愛の息子レオンの死の真相を突き止めてほしいと彼に願う気持ちは分かるのだが。   


     故フィリップ・シーモア・ホフマン と、ジョン・タートゥーロの競演は流石の一語!   

     特にホフマンに対して個人的に私としては、まだまだ同氏には伸び代(のびしろ)があったと思えるだけに、幕引きの早さが残念でならない。



    †ここに改めてフィリップ・シーモア・ホフマン氏のご冥福をお祈り申しあげます。†

  • [鑑賞方法:WOWOWシネマ録画にて]

    ■感想
    ありそうでなさそうな自治体。なさそうでありそうな自治体。

    ジャック役のエディ・マーサンが『おみおくりの作法』に続いて、また葬儀屋(『おみおくり~』では役所勤めだったけどね)をやっていたのが笑えた。しかもまったく正反対の性格の……。

    ベテランの役者が多く、見応えはあった。クライムサスペンスではあるが、プラックコメディと捉えてもいいと思う。

    フィリップ・シーモア・ホフマン晩年の作品。

  • wowowで録画視聴。字幕版。
    フィリップ・シーモア・ホフマン主演と言う事で見ましたが…。
    息子がある日努める工場の事故で死亡。
    けどその真相は黒人の老労働者に絡んでいたところを返り討ちにされたものの、職場で嫌われていた為その事実を伏せられて事故死とされていた。
    真相を知りたいと言っていた母は尋ねてきたコラムニストと浮気。
    父は寄付で集まった葬儀費を競馬で全て刷ってしまう。
    街の連中はみなくだらない犯罪を犯しながら育ち、パブでわかりもしない政治への愚痴をこぼしながらまたくだらない大人になって自分の分身を生み出していく。
    そういう……なんともグダグダな街と人を描いていく話で…。正直これを観て何をどう感じ取ればよかったのかな…という気持ちです。
    見ても観なくてもいいものだったな、という感想でした。

  • 田舎町のギャンブル好きなおっさん達の話。
    息子が亡くなって、葬儀代を競馬に突っ込んだり、人間的には終わってるけど、おもろい場面もあり。

  • ストーリーを文章にすると
    家族愛かと思うが、
    実際は、やさぐれているアメリカの郊外の話。

    どうしょうもなくて、
    人生の光すら薄い人々の
    暮らしが主。

    明るくない。。。

    フィリップ・シーモアは、さすが良く似合う。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする