ビブリア古書堂の事件手帖 文庫1-6巻セット (メディアワークス文庫)

  • 22人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 三上延
制作 : 越島はぐ 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014年12月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 5981968404879

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ビブリア古書堂の事件手帖 文庫1-6巻セット (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

  • 7巻か、8巻までで終わりらしい。
    どの巻も面白く読めるが
    内容が面白いのは3巻まで。

    古書、その内容、その持主、、というつながりから謎が解かれる過程がとても面白い。

    4巻以降は「希少本」にのみ重点が置かれ
    6巻はもう「太宰治・晩年・アンカット」のみに”固執”した展開。
    篠川智恵子の父が久我山尚大というのはやりすぎ。


    第一巻
    1;夏目漱石「漱石全集・新書版」岩波新書
    2;小山清「落穂拾ひ・聖アンデルセン」新潮文庫
    3;ヴィノグラードフ・クジミン「論理学入門」青木文庫
    4;太宰治「晩年」砂子屋書房

    第二巻
    0;坂口三千代「クラクラ日記」文藝春秋
    1;アントニイ・バージェス「時計じかけのオレンジ」ハヤカワ文庫NV
    2;福田定一「名言随筆 サラリーマン」六月社
    3;足塚不二雄「UTOPIA 最後の世界大戦」鶴書房

    第三巻
    0;「王さまのみみはロバのみみ」ポプラ社
    1;ロバート・F・ヤング「たんぽぽ娘」集英社文庫
    2;デドゥアルド・ウスペンスキー「チェブラーシュカとなかまたち」新読書社
    3;宮沢賢治「春と修羅」関根書店

    第四巻
    江戸川乱歩「孤島の鬼」「少年探偵団」「押絵と旅する男」

    第五巻
    1;「彷書月刊」弘隆社・彷徨社
    2;手塚治虫「ブラック・ジャック」秋田書店
    3;寺山修司「われに五月を」作品社
    4;リチャード・ブローティガン「愛のゆくえ」新潮文庫

    第六感
    1;太宰治「走れメロス」「駈込み訴へ」「晩年」

  • 登場人物たちの動きも、生き生きと書かれているように、鎌倉の景色や情景がありありと伝わって来ました。あの綺麗なイラストも手伝っているのかな。
    この本を読んでから、近所の古本屋さんに入り浸るようになりました。

全2件中 1 - 2件を表示

三上延の作品一覧

三上延の作品ランキング・新刊情報

ビブリア古書堂の事件手帖 文庫1-6巻セット (メディアワークス文庫)を本棚に登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖 文庫1-6巻セット (メディアワークス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖 文庫1-6巻セット (メディアワークス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする