日本戦後史論 [Kindle]

  • 7人登録
  • 5.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 内田樹 白井聡
  • 徳間書店 (2015年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (128ページ)

日本戦後史論の感想・レビュー・書評

  •  とても刺激的な本でした。
     たとえば…。
     日本人が,今,選択している道は「一度,全部チャラにして,一からやり直そうという道ではないか」というような話。たしかに,東日本大震災と原発事故という大きな災害があったのにもかかわらず,原発推進に向かう政府を見ていると「何をやっても,この日本はダメか?」と思ってしまう。原発再稼働に対して,世論は,概ね反対なんだけど,「世論なんて力にならない」と思っている人たちの世論は,当然,政府を動かす力にはならない。本気で止めようとしない…というか,もうどうせ,私の力じゃダメだわ…と思わされてしまうほど,操作されてきたんでしょう。
     また,「愛国者」と名乗る人たちが行う,「国策」に反する行動は,どう考えればいいのか? 「国策」よりも「自分のしたいこと」を優先している自分の姿が見えていない政治家たち。ほんと,不思議だね。

  • さくっと読めるのはいつものことながら、読中〜読後にちゃんと普段は考えないようなことに意識が向けられることがありがたい。日本の戦後史は対アメリカの歴史であり、従属〜独立のゆらぎである。文中に「SF的想像」という言葉が出てくるのだが、一笑に付すような仮定であっても選択肢として考慮できるような柔軟な思考力や想像力が知性に繋がるのだろうと思った。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

日本戦後史論を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本戦後史論を本棚に「積読」で登録しているひと

日本戦後史論の単行本(ソフトカバー)

ツイートする