ラスト・リベンジ [DVD]

  • 41人登録
  • 2.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (15)
    • (3)
  • 7レビュー
監督 : ポール・シュレイダー 
出演 : ニコラス・ケイジ  アントン・イェルチン  アレクサンダー・カリム  イレーヌ・ジャコブ 
  • Happinet(SB)(D) (2015年10月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953056473

ラスト・リベンジ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 認知じいさんの暴走

  • アクションにしては、
    戦闘が弱い。
    もっとも主人公も敵も病気。

    これじゃあ戦いにならないわな。。。

    全体的にチープになってないのが
    せめてもの救い。

  • ニコラスケイジが認知症ある役ってだけでがっかり。
    そこにとってもながい前置きが追い打ち。
    適役の役作りだけはすごいと思えた。

  • なんと言いますか…書くとネタバレになるので書きませんが、もうただ「執念」のみ、ですな…。

  • なんじゃこれ…いい意味で取ればやり残した大仕事をやり遂げるって話だけど
    悪く言えば、老ぼれの自分勝手な行動…ちゅう話です。
    よくこんな企画通りましたね(笑)

    正義を貫いて組織で実績を上げてきた。
    ある人物を追い詰めるはずが逆に追い詰められることとなった。
    奇跡的に生死の境を脱出できたことを契機に現場から勇退、
    それから数年あまり…名誉と地位を約束されて引退を促される。
    自身も歳を取り、病気を発症したことで引退は現実的な判断であるはずなのに
    過去のしがらみを上手く消化することが出来ず、反発心のみで行動を起こしてしまう。
    進行する病気に悩まされながらも、巻き込んだ味方の協力で調査が進む。
    満を辞して敵陣へ乗り込み、追い詰めながらも病魔に冒され変わり果てた宿敵が
    自身と似たような状況であることに執着心が絆されてしまう…
    もう終始グダグダで自分勝手な行動に主人公に感情移入していく気持ちになれない。
    「ニコラスケイジの終わり」を見てしまった気になっちゃいました…
    非常に残念な遺作になるかも…(笑)

  • かけ流し映画、ニコラス刑事の映画としては微妙な気がするなー

  • 2015/10/11 CIAの話し ニコラス.ケイジの説得ある講演に始まり…過去の記憶とともに やり遂げられなかった任務を遂行するJusticeに燃える
    認知症という病気を抱えつつ ニコラス.ケイジのアクションも いつも通りのキビキビしたものではないけど…上手くこなしているのは 流石だ。
    コンビ役になる あの俳優さん(名前が今 思い出せないけど…)顔と声にギャップがあるけど いい味だしてましたね〜内容は 結構 短い 一つの任務に絞ってるけど 原題名 Dying of the light の方が しっくりくる内容でしたね。

全7件中 1 - 7件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ラスト・リベンジ [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ラスト・リベンジ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ラスト・リベンジ [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする