大正×対称アリス episode3 通常版

  • 13人登録
  • 3.20評価
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
  • 1レビュー
  • Primula (2015年8月28日発売)
  • Windows
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4562357660178

大正×対称アリス episode3 通常版の感想・レビュー・書評

  • 大正×対称アリス。
    エピソード3です。起承転結でいう転のお話ですので、できればエピソード1と2をやっていることが推奨されます。
    攻略対象は白雪と魔法使いですが、今回は攻略制限があり、最初は白雪しか選べません。
    今までプレイした方であればお分かりだと思いますが、白雪編で魔法使いに会う事で魔法使い編が選べるようになります。

    ◆白雪編
    真っ白な王子様。彼を一目見て好きになった主人公は彼に自分を好きになってもらうために色々な事をします。
    ですが、彼には色々と複雑な事情がある様子。彼に家族のことや、クイズを出されたりしながら主人公はこの世界に違和感を感じていきます…。

    ◆魔法使い編
    シンデレラ、赤ずきん、かぐや、グレーテル、白雪の5人と一緒に暮らしている主人公。その主人公の元に彼ら5人の内から1人と結婚しろという脅迫状が送られてきます。
    そしてその脅迫状を調査するために探偵(魔法使い)が主人公の元へやってきて、一緒に過ごすことになり…。


    ****
    今回は起承転結の転にあたる部分の話だと思われます。
    今までのエピソードの話を魔法使い編でまとめてありますが、まずは白雪から。
    彼は最初から主人公を気に入っていますが、あまりそれを態度には出さない感じです。彼もかぐやや、シンデレラと同じで本当の自分は愛して貰えないと思っており、強くそれを感じてる側ですね。だから彼は嫌われている自分を殺し、自分にとって都合の良い世界にいた。
    マザーグースが入ってたり、最後のくだりでは衝撃的な真実が待ってます。
    魔法使い編が転の位置でいう本当の転です。普通の乙女ゲーなら5人全員が婚約者で逆ハーだ!ってなるところですが、確かに逆ハーではありましたが、これは魔法使いのお話。王子様を救うお姫様の話ではありません。
    エピソード1、2、白雪編の物語とはなんだったのか、そもそも主人公がかぐややグレーテル編であんなに命を張った行動に出れるのか、魔法使いはバッドエンドで多く出てくる役柄で物語にあまり干渉することはありません。その理由は何故か。そして主人公とは何か。それらをすべて答えてくれるのが魔法使い編になります。
    白雪編で気がついたら外にいた~っていうのはその時に白雪と赤ずきんの人格が同時に存在しており、昼に母親の言いつけを破って外にでたのが赤ずきんでその後に白雪に変わったからでしょう。母親が「アリス!」と呼んで白雪を否定したのは、母親がアリステアの中にいる別人格の白雪たちに気付いたからでしょうね。時系列的にはシンデレラ→白雪→赤ずきん→かぐや→魔法使い→グレーテルという感じでしょうか。
    魔法使い編にやり終わった後にOPを見るとトビラが8個あり、9個目にありすのトビラが開かれます。これはアリステアの人格が9個なんだろうなってのがわかります。歌詞もあまり聞き取れてませんが、なんか本編に関係あること言ってる気がします。I am memoryとかてのひらで踊ってるみたいな感じを言ってないでしょうか…?歌詞とか気になりますね!
    残すはエピローグのみですが、ありすとアリス、これもアリステアの中の人格でしょうから最終的にどうなってしまうのかドキドキです…。

    こちらは間違いなくエピソード1、2をやっていたほうがと楽しめると思いますのでそれらをやってからの方が良いです。

全1件中 1 - 1件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

大正×対称アリス episode3 通常版を本棚に登録しているひと

大正×対称アリス episode3 通常版を本棚に「プレイしたい」で登録しているひと

大正×対称アリス episode3 通常版を本棚に「プレイしている」で登録しているひと

大正×対称アリス episode3 通常版はこんなゲームです

ツイートする