光圀伝 角川文庫合本版 [Kindle]

  • 14人登録
  • 4.43評価
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 冲方丁
  • KADOKAWA / 角川書店 (2015年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (829ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

光圀伝 角川文庫合本版の感想・レビュー・書評

  • 光國にならされた。その理由が分からず、歴史の波に流されていく。そして、光圀になる。運命に逆らえず、ふらふらとしている様子にも見えるが、いろんな人と邂逅する中で、光國は大義を成就すべき生き、人を育てる。生きるということは死を意識することでもあり、出会いもあれば別れもある。儒学者の読耕斎との邂逅、藤井紋太夫との邂逅など、光國の大義に大きく関わる。水戸光國といえばテレビドラマの水戸黄門を想像する人は多いだろう。本作品は、諸国漫遊記ではない。大日本史の編纂の物語でもない。光國(光圀)の生きざまを語る大河ドラマである。また、天地明察の安井算哲(渋川晴海)も登場する。冲方丁の別の作品と繋がるところも歴史の面白さを感じる。テレビドラマしか知らない人は、本当の光國の姿を知ることになるだろう。

  • 徳川光圀の生涯を描いた大作。水戸黄門みたいな活劇は出てこないが、胆力ある態度がとても面白い。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

光圀伝 角川文庫合本版はこんな電子書籍です

ツイートする