ジャージー・ボーイズ [DVD]

  • 103人登録
  • 3.78評価
    • (7)
    • (17)
    • (16)
    • (0)
    • (0)
  • 20レビュー
監督 : クリント・イーストウッド 
出演 : ジョン・ロイド・ヤング  エリック・バーゲン  マイケル・ロメンダ  ビンセント・ピアッツァ  クリストファー・ウォーケン 
  • ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2015年9月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4548967204582

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ジャージー・ボーイズ [DVD]の感想・レビュー・書評

  • トニー賞受賞の同名大ヒット・ブロードウェイ・ミュージカルをクリント・イーストウッド監督で映画化。
    60年代から70年代を中心に活躍したニュージャージー出身の4人組ヴォーカル・グループ、フォー・シーズンズの栄光と挫折の物語を、『シェリー』『君の瞳に恋してる』はじめ彼らのヒット・ナンバーの数々とともに綴る。

  • 成功したけど切ないな。主人公は天狗になることもなく、真面目に歌い続けるのだけど、長い間借金は返せず、仲間と別れ一人で歌うことになるし、娘は死に、恋人も失い、家族とも崩壊寸前の関係だし・・・

    音楽のシェリーと君の瞳に恋してるが秀逸。

    ジャージー・ボーイズのネタバレあらすじ:床屋の見習いだったフランキー

    ジャージーで、床屋の見習いとして働いていたフランキーは歌がうまかった。その才能を買われ、友人のトミーが酒場で行うバンドのライブのボーカルに呼ばれることもあった。何かとつるんでいたフランキーとトミーとその兄ニッキーは窃盗をする時に、フランキーを見張りにしていた。しかし、未成年のフランキーは注意で終わったものの、トミーは6ヶ月の実刑を受けた。トミーのいない間、ニッキーと夜の教会で練習をしていたフランキーは、トミーが帰ってくると同時に正式に歌手として迎えられた。そこで、フランキーは客のメアリーに一目惚れをする。ピザ屋で意気投合した二人は恋人となり、結婚をした。町の実力者でマフィアのデカルロも、彼の歌の才能を見込んで困った時にはいつでも来るようにと言った。ある日、仲間の一人、ジョージが、ボブ・ゴーディオを三人に紹介する。フランキーの声を聞き、曲と書くと決めた彼は、紹介されトミーにピアノの弾き語りを披露した。そして、あくまでも平等な扱いでバンドに入った。そしてボブがデモ曲を出コード会社に送ったことで、昔馴染みのクルーと再会、そのまま契約したものの、四人はコーラス隊の扱いのままで、一年経ってレコードを出してもらえなかった。

    ジャージー・ボーイズのネタバレあらすじ:シェリーからスターダムを駆け上がり始める四人

    ボブはヒット曲になるような曲を書き続け、トミーはマフィアの手引きでレコード録音のためのお金を用意した。そうして出来た『シェリー』と言う新曲を電話口でクルーに聞かせると、レコード販売にまでこぎつけた。瞬く間に有名になった四人は、テレビやラジオに引っ張りだこになった。ボブは売れてからも『恋はヤセがまん』などヒット曲を書き続けた。やがて、ホテルのスイートルームでパーティーが出来るまで売れっ子に。それでもフランキーはクリスマスには家族と過ごした。そんなおり、ボブは、フランキーにソロをしないかと持ちかける。それをトミーは見ていた。家に帰れば夫婦喧嘩のフランキー。長いツアーは家族のためと彼は言う。そんなツアー中の彼らの元に、トミーが借金をしているノーマンが取立てに来る。その場は納めたが、彼らは何かと金銭のトラブルが絶えなかった。

    ジャージー・ボーイズのネタバレあらすじ:ギクシャクし始める四人

    テレビラジオ、音楽雑誌、仕事は順調。しかし、デトロイトで美人記者に恋をしてしまったフランキーはトミーと彼女の取り合いになる。そしてかねてからの金銭トラブルに、今までトミーに任せていた経理をこれからはボブがしたほうがいいと提案。もちろんトミーが怒った。そこへ、収録のある局にノーマンがやってきて借金の全貌が発覚。フランキーはデカルロになんとかしてもらうように頼んだ。ノーマン、デカルノと四人が揃ったところで、フランキーはグループのために皆で返すと言うが、話はそう簡単ではなく、他にも借金があった。それでも借金は全部皆で返すと、言張ったところで、ニッキーがグループを抜けると言って出て行った。フランキーにソロやるように提案したボブと二人で、年間200のステージをこなすようになった。しかし、そんなフランキーの元に娘が家出したと連絡が入る。NYにいる娘に会いに行ったフランキーは、歌手になるのが夢だった娘にアドバイスをして別れた。
    その後、記者の彼女には振られたが、借金は完済した。

    ジャージー・ボーイズの結末:名曲「君の瞳に恋してる」誕生
    娘は... 続きを読む

  • BSプレミアム録画>クリント爺が描く「フォー・シーズンズ」の栄枯盛衰のお話。シュープリームスを描いた「ドリーム・ガールズ」にも似てるねw
    いやぁ~、でもクリント爺はこんなミュージカル映画も作れるんだと驚き☆!幅が広い事、素晴らしい。「センチメンタル・アドベンチャー」ありましたけどw
    このタイプの映画は好きです^^♪残念ながら、あんまりフォー・シーズンズ自体は詳しく知らなかったので見ていて、バンド結成前・時・活動中、こんな事があったのかと知る事もできた。
    結構知ってる曲が多くてびっくり☆”シェリー”もそうだけど”君の瞳に恋してる”とかw
    ラストのミュージカル・ダンスも良かったです♪
    お気に入りのウォーケンさんが出てて嬉しい☆ラスト、踊るウォーケンさん可愛い(´ω`*)♪

  • 歌声がやばい。唯一無二な声な気がするけど、全編実際にあの俳優さんが歌ってるんだとしたら凄すぎ。
    実際のフォーシーズンズは入れ替わり激しかったみたいなので、事実を脚色しているところもあるんじゃないかなーと思いますが、トミーがクズ過ぎて…。トミーの借金を肩代わりしたスタンリーは最早聖人というより何らかの病を疑いますね。昔馴染みと縁を切れない病…的な…。
    麻薬で亡くなった娘さんの話は事実らしくて、カナシミですね。

  • 2006トニー賞受賞のミュージカルを、イーストウッドが映画化した作品。
    フランキー・ヴァリをリードにした The Four Seasons 結成からロックの殿堂入りまでを描く。 

    フランキー・ヴァリ といえば Can't Take My Eyes Off of You だけれども、これはソロになってからの作品。
    The Four Seasons がどれくらい人気だったか? wikipediaを見ると、ヒット曲のことごとくに邦題がついている模様。
    へぇぇ♪
    Sherry や Beggin は 誰が歌ってるか気にしたことなかったけれど、ん、知ってる。
    ということは、当時を知ってる人達にとって、Jersey Boysはたまらない作品だった、と容易に想像できる♪
    ((ああ、このミュージカルの大ヒットが、ブルーノ・マーズのラット・パックっぽぃ演出に繋がってるのかしら?
    ちょっとした振り付け+コーラスは楽しいですよ♪ ))

    Jersey Boys の由来は New Jersey から。
    ニューアーク出身のイタリア系の貧乏人、コソ泥働いたりしながら暮らしている。
    クリストファー・ウォーケンが街のマフィアの首領で登場、彼に目をかけられてヴァリは歌手としての才能を磨いていく。
    映画でも、舞台俳優を起用していて、歌唱シーンはやっぱり良い、素敵❤️
    もうひとつの幸運は、 ジョー・ペシの紹介 (!) で  Bob Gaudio が加入したことか。
    作曲ばかりでなく、契約などに関してもジャージー・スタイルではない彼が、ミュージカル Jersey Boys の生みの親なんですな。
    なんと Shorts Shorts 作った人でもあったという。
    へーへーへー

    そんなこんなのトリビアが盛り込まれた映画だが、舞台版ほど評価が高くない。
    ちょっと、いい話にしすぎたんだろう。
    トミーの借金問題が引き金になって The Four Seasons が解散したあと、フランキーはひっちゃきになって働いて借金完済までこぎつけるが、そのために家庭は崩壊。
    歌の道を目指していた愛娘が overdose で亡くなってしまう。
    その痛手から立ち直らせるべく、ボブは Can't Take My Eyes Off of You を作る。
    トニー賞受賞の John Lloyd Young が亡き娘を思って歌うシーンは圧巻!

    .......なんだけれども、ここ、時系列入れ替えての作り話です。
    そういうの観ててわかっちゃう層は興ざめだよね。
    http://www.imdb.com/title/tt1742044/?ref_=nv_sr_1

    でも、父親が愛娘への愛を表現するのには 優れたラブソングがぴったりだと思う。
    その意味では、ここにあの歌をもってきたイーストウッドの解釈は、好きだ。

    ということで気持ちよく泣かされちゃった日本での評価は高かった、みたいですね。

    https://www.youtube.com/watch?v=K33eU4ptq9g&list=PLooQVUxauwudchsBLO7m-95tCpQiYc8xH&index=12

  • 60年代に活躍したアメリカのバンドThe Four Seasons。の事は全く知らずに鑑賞したが楽しめた。バンドメンバー4人中3人がミュージカル俳優と言う抜群歌唱。ブロードウェイ国の十八番的映画をイーストウッドがスマートに流れるように音楽愛を発揮して制作。元気で何より。

  • 貧しい街で生まれた青年達が、成功を掴み仲違いし不幸を味わい別れ、再開。こう言ってしまえは、ありきたりなストーリーですが、とってもいいです。俳優達の歌の上手さ、エンターテイメントとして楽しめます。さすがイーストウッド監督、なんでも撮れるなあと感心しきりです。もっともっと作品を撮って欲しいです。

  • フォーシーズンズというグループは知らなかったが、ヒット曲は知っていた。
    主人公のボーカルはかっこいい。
    最初の方はよくわからなかったが、観終わってみると心が温まるとても良い映画でした。

  • 請求記号:15D134(館内視聴のみ)

  • 60年代に活躍したフォーシーズンズの
    結成、成功、最期までの
    ドキュメンタリー映画。

    “シェリー”、“君の瞳に恋してる”など
    一度はCMなどで聴いたことある曲。
    何度も繰り返して観てしまった!
    よし!DVD返却の時にCDを借りよう!

  • 思ったよりは暗い話しだったけど、最後のシーンは5回以上リピートした!
    2016/10/16

  • さすがイーストウッド!!
    面白い。そして見やすい。
    最後のアイディアは素晴らしい!!

  • 不勉強ながらfour seasonsというのは全く聞いたことがなくて、高級ホテルの名前くらいしか思いつかなかったわけで。こんな人たちがいたんだなぁ、と。なんていう事はあまり気にせずに、単にミュージカル的な感じで観させていただいたわけですが、ディズニーみたいに何でもかんでもすぐに歌いだすってほどでもなくて。しかしこのボーカルはスゴイ。純粋に歌がうまいというのとは違う気もするけど、なんかスゴイナー。やっぱ歌は良いな。
    しかしクリストファー・ウォーケンは最初に登場した時から既に死人の様相だったけど、その後も20年後くらいになってからも変わらず死人のようで怖いわー。このおっさんが一番怖いわー。

  • 2014年公開
    監督 : クリント・イーストウッド
    ==

    伝説のボーカルグループ「フォーシーズンス」の栄光と瓦解を描いた伝記映画。

    イーストウッドがミュージカルをやるとこーなるのねーっていう面白みはとてもありました。ミュージカルといっても、いきなり路上で謳って踊り出す、ということではなくあくまでも「ステージ上でバンドマンとして歌う」という描き方なので、あんまりミュージカル感はなく、情緒安定した感じで見れます笑 やっぱりイーストウッドは「空気」を作るのが上手だなあと思っていて、まあ実際に体験したことがあるわけではありませんが、当時のアメリカの土っぽい空気とか、そこから成り上がった人間に見える風景とか、迫るものがありますね。

    個人的には、まあもともとフランキーヴァリの声がそんな好きじゃないというのもあって笑、ちょっと苦手だなと思ってたんですが、後半、歌い方変わるんですよ、加齢と共にっていう描き方として。それがびっくりでした。

  • POPEYE 2015年JANUARY Issue813
    本と映画のはなし
    橋本愛さんが紹介していた。

  • 君の瞳に恋してるは知ってるけど、フォーシーズンズ知らない私にはついていくのが大変。でもフィナーレ好き。ウォーケン見れたのもよかった。

  • 物語で感じる取り返せない時間の流れは切ないんだけど、最後のあの締めはなんだか寂しくてでも観られて嬉しい

  • 俳優、マジで歌ってんかな?
    いい声してる。

    淡々としてるけど
    葛藤とか決別とか
    リアルに描いてる。

    最後がいいね(^-^)/

  • 実際に存在したユニットの物語。最後にシンミリ。

全20件中 1 - 20件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ジャージー・ボーイズ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする