バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [DVD]

  • 191人登録
  • 3.62評価
    • (22)
    • (24)
    • (23)
    • (9)
    • (4)
  • 34レビュー
監督 : アレハンドロ・G・イニャリトゥ 
出演 : マイケル・キートン  ザック・ガリフィアナキス  エドワード・ノートン  エマ・ストーン  ナオミ・ワッツ 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2015年9月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142105813

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [DVD]の感想・レビュー・書評

  • かつて大スターだった男の再起をかけたブラックコメディ。
    アメリカンビューティを思い出す感じで、万人受けはしなさそう。
    ラストの意味深な終わり方も賛否分かれそうだけどなかなか面白かった。

  • これをコメディと紹介するのは誤解を生むんじゃないかなあ。たぶん、あまり映画を観ない人が「沢山賞をとってるし、コメディだったら面白そう」と観てみると頭の中が「?」だらけになりそうだ。賞に選んだのは一般人ではなく業界関係者なので、皮肉や自虐(悪い言い方をすれば内輪ウケ)を理解した上で観る必要がある。それでも現実と妄想が混在していて理解しにくい内容なんだけど。
    アメリカのショービズ界は日本のように曖昧ではなく、映画スターと舞台俳優との間で『格の違い』をめぐる牽制のようなものがあって、業界を描いた映画では度々皮肉られてきた。この映画にもそれがあり、一般受けするヒーロー映画の元スターが娯楽映画を低俗とみなすプライドの高い演劇界でもう一度再起をかけるというのはかなり難しいことだ。この映画に出てくる人々の大半は精神的または人格的に不安定で、ワンカット風映像も振り回されているかのようで不安定。笑えるようなものではない。ラストはハッピーエンドかバットエンドか議論が分かれるところだけれど、全体的にこの映画は切ない映画なのだ。

  • BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE)
    2014年 アメリカ 120分
    監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ
    出演:マイケル・キートン/エドワード・ノートン/エマ・ストーン/ナオミ・ワッツ/アンドレア・ライズボロー
    http://www.foxmovies-jp.com/birdman/movies/

    マイケル・キートンといえばティム・バートン版の『バットマン』。私はリターンズまで映画館で見ている世代です。今の若い子にとってはクリスチャン・ベールだろうけど、私の年代だとバットマンはやっぱりこの人。そのマイケル・キートンが、自らの人生のパロディのような、アメコミヒーロー映画『バードマン』で一躍スターとなるも、今は落ちぶれて舞台での再起をかける中年俳優リーガンを演じたのが本作。そんな脚本書いた監督も凄い(酷い?)けど、よくこの役のオファー受けたなあ。でもこの映画のおかげでマイケル・キートン自身も再評価されたわけで、そういう意味でも映画と本人が二重映しになってしまうのも結果オーライ?

    ラストシーンの解釈は正直どう判断すべきか自分にはわからないし、そこだけはちょっと難解といえば難解だけれど、テーマ自体はいたってシンプル。要約するとこれは単純に「愛されたかった男の話」、ただそれだけだと思う。注目されたい、評価されたい、認められたい、愛されたい。映画の中で娘のサムが指摘するようにそれはツイッターやフェイスブックで「いいね」してほしがる若者の自己承認欲求と実は同じ。人間はいくつになっても他人に必要とされていたいし愛されていたい。しかも身近で特定の誰かにではなく、むしろ不特定多数に。それは役者という職業を選ぶ人間にとっては余計に強い願望で、リーガンだけではなく共演女優二人も似たようなことを口にする。

    這い上がろうともがくリーガンの姿は、痛々しく悲愴でありながらもどこかコミカルで、マイクと取っ組み合いになる場面など私はかなり微笑ましかった。真面目に語り合っていた女優二人が突然同性愛的感情に目覚める(?)ところなども(笑)。パンツ一丁でのし歩く場面は、そういえば宝塚の人だったかな、似たようなエピソード(うっかり楽屋口から出たら戻れなくなってしまい、正面ロビーからファンをかきわけて戻ったというような)を聞いたことがあった気がする。意外と舞台俳優あるあるなのかも。パンツ一丁かどうかは別として(笑)

    リーガンの超能力に関しては一種の中2病と解釈しました。タクシーの運転手が無賃乗車で追ってくるくだりで、すべてはリーガンの脳内妄想にすぎなかったことはわかる。かつて映画の中で演じたヒーローのように、現実の自分にも特別な力がある選ばれた人間なのだと彼は思いたかったのかもしれない。けれど映像で見るそれらの妄想現実はとても幻想的で美しかった。リーガンの背後にバードマンが現れて翼を広げるシーンなど、とにかく印象的。あとリーガンの感情に寄り添うかのようなジャズドラムのインパクトも素晴らしい。

    しかしだからといって、ラストの病院での一連のシークエンスまでリーガンの妄想だったとは思いたくないなあ。対象を映さずサムの表情だけで見せるラストシーン、あのとき彼女は確かに飛翔する父親の姿を見たのだと私は信じたい。

  • ドラムソロが緊迫感や停滞感の創出に大いに役立っている。
    ハリウッド映画でありながら、アベンジャーズなど大衆娯楽映画を揶揄し、ニューヨークの演劇界、ブロードウェイ文化に対し敬意と挑戦をつきつけているのか?
    演劇を創り上げるということに挑戦した物語として、少しドキドキしながら見続けた。リーガンの超能力は想像の世界なのか、最後に飛び出すために積み重ねたものなのか。映画ならではの不思議感があるが、空を飛び回った後にタクシー代の請求があるあたり、「単純な」超能力ではないことが示されているのか。

    エマストーン目当てで見たのだが、最近とはかなり異なる荒々しさが逆に初々しい。

  • 「もう一度輝くために。もう一度愛されるために。」
    人生をやり直そうと奮起する男の可笑しくて切ない物語。

    「ショービズの世界に精通した者によるショービズ自体を風刺した映画」
    「ニューヨークの街とブロードウェイは本作のキャラクターだ。
     街で起きていることや行き交う人々、照明や車の往来、
     そこにあるものすべてが必要だ。」

    役者が認められようとする気持ちは万人に共通するものだ。
    「リーガンは今まで賞賛を受けることが愛情だと勘違いしていたが、
     そうではないと気付いたことで、
     自分自身を認め他人を愛する方法を苦しみながら学ばなければならなくなる。」
    真に認められたい主人公と、すぐに有名になることを求める現代社会。
    現代人にとって、成功とは作品の成果ではなく、 
    “いいね!”を手にし、すぐに有名になることだが、
    それは勘違いに過ぎない。SNSメディアの即効性は、現実を簡単に捻じ曲げる。

    「愛と許しを気まぐれに求める」
    リーガンは愛されたいと願い、その愛をどこに求めればいいか、見つけようとする。
    彼は徐々に、芝居で自分が演じている男になっていく。
    絶望した男、モーテルへ出かけ、自分を愛してほしいと懇願する男に変わっていく。

    人に委ねるものが評価なら、自分に委ねるものは答えだ、真実だ。
    自分を愛し、許すのなら、鳥のように自由に羽ばたいて行ける。
    人を愛すことも自由だ。理由などないのだから。愛したいから愛すのだ。
    いつでも輝ける。いつでも愛される。人生は自由なのだ。

  • 全盛期を過ぎた中年俳優の再起を掛けた挑戦に、魔法をかけてみせられた感じ。
    どこか空想めいたシーンをちりばめた事でファンタジックでシュールなタッチが特徴的な作風だった。

    舞台での演技に最善を尽くす主人公(かつての英雄・バードマン)は誠心誠意頑張って(いるつもり)だか、もがけばもがくほど周囲から孤立していくのだ。家庭でもダメのレッテルを貼られ、プライドも底を尽き掛けた時、過去の自分=バードマンが現れ自身を鼓舞するのが主題の様だ。話の筋としては「人生のリベンジ」って意味でよく取り上げられるテーマだし、そこの所は過去の成功体験による浮き沈みを味わっている最中のトラウマを最新CGで鮮やかに見せた位で、特質して面白いか?と言われるとそうでもない。

    本作はアカデミー賞の賞レースには勝った方だが、個人的にはイマイチ。

  • 自分はもっと何かになれるはずだったと思う。リーガンはその何かを少し味わったことがあるので、喪失感が凄いのだろう。アイアンマンをこき下ろしたりするの可笑しかったし。娘に指摘されて何も言えない。バードマンは過去のことだと自分でもわかっているから、足掻く。カーヴァー作品を舞台劇にした理由もまぁ陳腐だけれど、そこもいい。超能力のようなものや、幻聴は精神世界をあらわしていると思った。観念的なのが苦手な人は無理かも、この映画。ワタシはとても気に入った。これから、何度も何度もみることになりそう。しかし、鼻の形がかわると全く別人ね。最後のシーンについてはもっと色んな風に考えられそう。ワタシはリーガンは死んでいないと思う。

  • 訳のわからない映画だった。一体どっからどこまでが幻覚なんだろう。と思ってまた見たら最初から宙に浮いていた。フィクションでそれを言っちゃおしまいよってやつなのかなー。
    愛されたい、認められたいの欲求が強すぎで、あまり感情移入できない。最後、黒のバードマンとの対比を顕著に意識した白の仮面を剥ぎ、バードマンの影響なしに空を飛ぶという狙いは分かるんだけど、そこに希望を感じることはなかった。ただそれだけ。
    批評家受けが良くてのオスカーなんだろうか。大衆映画とは言えない。この映画が好きな自分が好きタイプ。

    カメラワークは面白かった。ドラムの効果音も含めてスタイリッシュな映像がこの映画の世界観を作っているんだと思う。でもぐいぐい引き込まれることはなかった。単純に相性の問題と思うけど。
    エドワードノートンってやっぱりいい役者だなーと思った。

  • 素晴らしい映画だった
    全編通してカメラの動きとドラムの音がずーっと臨場感出してて
    超能力、達観、幼稚、エゴ、無知、栄光すべてしっくり理解できた

    久しぶりに揺さぶられる映画みた

  • 2回観ても面白い

  • あらすじは落ち目の役者が再起を賭けてブロードウェイの舞台に立つお話。
    かつてスーパーヒーロー映画「バードマン」で人気を得た俳優リーガン(マイケル・キートン)。いまは失意の日々を過ごす役者だが、復活を賭けてブロードウェイの舞台に立つ。
    演じるはレイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」。脚色・主演・演出を務める彼は意気込む。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我をして降板してしまう。後釜は実力派俳優マイク(エドワード・ノートン)。
    でもこのマイク。実力はあるが問題児。リーガンの舞台を無茶苦茶にかき回す。舞台のプレビューは散々。おまけに不仲のリーガンの娘サム(エマ・ストーン)とは衝突ばかりで溝は深まる一方。
    NYタイムズの演劇批評家は映画界への憎しみも込めてリーガンの舞台をこき下ろす。最悪なことが次々起こり全てがうまくいかない。でも最悪の偶然が予想もつかない形で舞台を成功へと導いていく。そのストーリー展開は副題の通り。これは脚本の上手さでしょう。

    話題のワンショットの長回しは撮影監督やスタッフたちの苦労が伝わってくるが、迫力がない。
    リーガンの現実と幻影が入り混じった主観世界を捉えるため、劇場と舞台裏という空間上の制約のため、4日間という短い時間を表現するため、擬似ワンショットの方法を選んだという監督の真意や意図はわかる。決してファッションやケレン味だけで撮影したわけではないだろう。が、ロングテイクの醍醐味が活きてない。2時間も無理にワンショットを選択せずとも作れたのではないかと思ってしまった。ステディカムを使ったキューブリックの「シャイニング」の臨場感に遠く及ばず、ヒッチコックの「ロープ」のような緊迫感もない。物語のために必要だったとしても長回しワンショットの持ち味が死んでいる。

    唯一瞠目する点があるとすれば音楽と字幕だろうか。アントニオ・サンチェスのドラムは観終わった数日後でも耳に残るほど。音楽がリーガンの心理を表現する強さとなっているしストーリー展開に華を添えている。なにより格好良い。
    この映画は撮影用の照明を使わず、現場の実際の明かりだけで撮ったという。おそらく字幕が黄色だったのは監督の気遣いだろうか。(他の意図もあるかもしれない。)舞台裏や廊下のショットの明度では白色の字幕は色が飛んで読みずらいだろう。そこまで計算して黄色にしたと思うが正解かどうか・・。



    映画の見方に正解はないことを言い訳にして「バードマン」のストーリー解釈について御託を並べてみる。
    この映画は万人受けする映画でなく非常に難解だと思う。
    あらすじだけ見れば、過去の栄光を忘れられない落ちぶれたおっさんの役者が再起を賭ける話だろう。そのなかに演劇界と映画界の反目や、アメコミヒーローを量産する商業主義ハリウッドへの批判、SNSに熱中する愚かな大衆、といった要素が散りばめられているストーリー構造だ。
    でも、映画を観終わった後の率直な感想は、これは中島敦の「山月記」だなあと思った。高校の現代文で読まされた人も多いだろう。「山月記」は臆病な自尊心と尊大な羞恥心のために虎となった男の話だ。


    見た人ならわかると思うが、虚実入れ混じった世界を生きる主人公のリーガンは精神を病んでいる。絶えずもう一人の自分の声に悩まされ、その自分は過去に演じたスーパーヒーローと重なる。幻視をみつつ現実を生きている。なにより映画冒頭。楽屋で胡坐をかいて空中に浮いているリーガンの姿から始まる。物語の終盤では巨大化する内の声(バードマン)を抑えられない。「お前は神だ。ほら、空高く舞い上がれ」。こんなことをもう一人の自分が言い切り、空まで飛んでいる(ことになった)。
    おそらくバードマンというのは自我(エゴ)の比喩だろう。映画を見るにつれ巨大化するエゴに心身をかき乱されるリーガンが... 続きを読む

  • 昔人気の役者が舞台での復活を目指して足掻く様を描く。人間の内側や感情に対するドラマが面白く感じる人は面白い、が自分はイマイチ。

  • 人の評価とは何か。
    理想と現実と存在意義と。
    再起をかける心の葛藤。

  • シーンをシームレスに“長回し”風に展開し、リアリズムを超え、観客がまるで常にバードマンを追うカメラマンのような鑑賞体験ができるようにした、いわばスーパーリアリズムの作品。室内外やドアの開閉でカットを切り替えているのだが、暗部や動きをとらえ、巧みにカットをつないでないように見せた。ダーレン・アロノフスキーの『レスラー』のような長回し。長回しなので、段取りは用意周到で素晴らしいが、それで終わってしまった感もある。何だか狂っているように見えるエドワードノートンの演技は良い。


    【ストーリー】
    俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、かつて『バードマン』というスーパーヒーローを演じ一世を風靡したものの、シリーズ終了して20年経った今ではすっかり落ち目となってしまった。彼はレイモンド・カーヴァーの小説『愛について語るときに我々の語ること』を自ら脚色・演出・主演を手がけ舞台化、ブロードウェイで上演し、再び喝采を浴びようとする。しかし起用した実力派俳優のマイク・シャイナー(エドワード・ノートン)ばかりが注目される上に、娘サム(エマ・ストーン)との溝も深まる一方。リーガンは精神的に追い込まれていく。

    かつて「バードマン」というヒーロー映画で一世を風靡したものの今や落ち目になった俳優が、再起を図りもがくブラックコメディ。あたかも全編1カットかのように撮影されている。監督は「バベル」のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ。主演は「バットマン」のマイケル・キートン。本作で第72回ゴールデングローブ賞ミュージカル・コメディ部門主演男優賞を受賞した。ほか、「ハング・オーバー」シリーズのザック・ガリフィアナキス、「アメリカンヒストリーX」のエドワード・ノートン、「アメイジング・スパイダーマン」のエマ・ストーン、「21グラム」のナオミ・ワッツらが出演。第87回アカデミー賞作品賞、監督賞など計9部門にノミネート。

  • 僕には不向きでした。

  • 実際にかつてヒーローを演じた経緯の主役のマイケルキートン。
    自分は役者なんだと証明するために小難しい舞台をブロードウェイにかけるが・・・

    演技派といわれるエドワード・ノートンがいかにもな配役。
    こずるく立ち回りいやらしいくて大変良い。
    NYタイムズ批評家の人もいそうな感じプンプン。

    監督の今のショービズ界への批判満載の映画。
    評判の作られ方の今昔、
    舞台のプレビューはすぐに忘れられるものとされ
    ネットに上がった映像を本人は見っともないといい
    世間的には再生回数が評価だったり。
    舞台内容ではなくセンセーショナルな事件が注目される。

    ストーリー的には中盤まではちょっと退屈かなと思ったのだが
    終盤に向かって苦悩感が増すにつれて盛り上がってきた。
    つまんないなと思いかけては惹きつけられたりの繰り返し。
    演出の力技にねじ伏せられた感があります。

    ふわふわ感に好き嫌いはあるとしても「バードマン視点」とも
    思わせる見事というしかない全編ノーカットで撮られた
    様な映像でとらえている。見たこと無いですね・
    ドラムソロだけのBGMもとても効果的だったと思います。

    実にユニークな映画でした。

  • 途中であきらめました。何だかよくわからない。こう言うのは難しい事が好きな人に任せよう。

  • B。
    ちょっともう一度みてみないとよくわからない。
    ザック・ガリフィアナキスが出ていた。あの酔っ払い映画と違う演技。あたりまえだけど。

  • もうなんだか、くらくらしっぱなし。
    一度もカットが入らず、長回しのような独特のカメラワークでもうやれてしまいました。

    しかも物語としてもよく、何回もみたくなるという気にさせられます。

    彼の妄想なのか、どうなのかっていうのが、言葉だけではなく、映像や音楽の入り方から惑わされてしまいます。
    ありえない超現実感は、オゾン監督の「リッキー」のような感じです。

    2015年、一番心惹かれた映画かもしれない。
    映画館でみれなかったことが悔やまれる・・・!

  • 長回しの撮影技法、ドラム音、エドワードノートンの演技、キャラ立ち

    ストーリーがダメでも映画を面白くする要素のセンスがステキ

    それぞれが悩みを抱えつつも物語は、人生は進んでいく様は、長回しによってうまく演出されていた。

    あとマイクのキャラのスタイル。
    憧れるキャラを作るのも映画を面白くする大切な要素。

  • 長回しワンカット風でぐいぐい引っ張って行くのすごい。休む間がなくて疲れるけどそこがこの映画の魅力ですね。音楽よかったなー。ラストも好きです。お気に入り。

  •  一発撮りの2時間長回し。であるかのように間断なく場面が繋がれていて休む暇がない。バットマンのマイケルキートンが元バードマンを演じたスーパースター役という確信犯的な配役だけじゃなくて、エマストーン出てるとこ持ってきてスパイダーマンのコスプレしてる奴が出てきたり、そういやエドワードノートンもハルク演じてたなぁっていうのもあったりで監督は今のハリウッドのアメコミだらけの現状に物申したいのでしょうかね。「世間が待つのは終末的な娯楽大作」なんてセリフもあったし。僕は終末的な娯楽大作が大好きですけど、バードマンもすごく面白かったです。

  • 落ちぶれた元スターが再起を目指すというストーリーは大したことはない。ただ、周囲の人間がことごとく苛立っているところが尋常でなく、ちょっと主人公がかわいそうになる(エドワード・ノートーンもエマ・ストーンもナオミ・ワッツも1回は彼に向かってわめき立てるでしょ?)。彼が精神のバランスを崩して幻覚が目にするようになったのも、そのせいではあるまいか・・・。

    映画としてはいいまひとつ掴みどころがないけれど、ロングショットばかりのカメラワークは見ごたえあり。途中で気づいてからはずっと画面に釘付け。

    ジャンキー娘のエマ・ストーンはいつもと違った魅力があってよかったな。

  • this is perfection of magic realism. breathlessly, excited, like a daydream or nightmare. and then fxxkin so coooool!! so what?

全34件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする