機動戦士ガンダム THE ORIGIN II [Blu-ray]

  • 56人登録
  • 3.48評価
    • (5)
    • (7)
    • (9)
    • (3)
    • (1)
  • 7レビュー
監督 : 安彦良和  今西隆志 
出演 : 池田秀一  潘めぐみ  浦山迅  銀河万丈  三宅健太 
  • バンダイビジュアル (2015年発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4934569359827

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

機動戦士ガンダム THE ORIGIN II [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 地球に亡命しても当然ながら監視のもとにいるアルテイシアとキャスバル。二人は養父の姓を名乗り,アルテイシア・ソム・ダイクン→セイラ・マス,キャスバル・レム・ダイクン→エドワウ・マスとなる。本物のシャア・アズナブルとの出会いも描かれる。全ての家族を失い悲嘆にくれるセイラ。

  • モビルスーツのプロトタイプの開発に黒い三連星とランバラルが現れたり、最後はセイラの名シーンのお別れと、少しやり過ぎ感もあるけど、ファーストからのファンにはたまりませんね。

  • 一年戦争の系譜から外れたシリーズは興味がないので、多少「!?」と思う所はあっても脳内補完しつつ楽しんでいます。

  • 終盤出てきたシャア(本物)に驚き!キャスバルのぐれっぷりが半端なくて、今後が心配や。小さいアムロがかわいい。

  • シャアの声は若い声優にしたほうが良かったと思う。おじいちゃんが無理しすぎな感じが辛かった。

  • なんかもう嫌だ。
    テレビ版の再放送を繰り返し見て育った世代の人にとっては夢を壊された感じがするんじゃないだろうか?
    以下、テレビ版とファーストの三部作を見て妄想し、信じていたこと。
    ・ジンバ・ラルはダイクン家のバトラー的位置にいる人だった。政治的に関与することはなく、家の切り盛り的な仕事をしていて、キャスバルもアルティシアも懐いていた。とても上品で優しい紳士。
    ・キャスバルは王子でアルティシアは姫。として誰もが認知していた。
    ・2人の母は愛人ではなく正妻。
    ・キャスバルの幼少期の性格がわたしの妄想とかけ離れていた。冷たさとか狂暴性はなく、王子としての品位があり、優しく賢く明るい子ども時代を想像していたのに。

全7件中 1 - 7件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

機動戦士ガンダム THE ORIGIN II [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

機動戦士ガンダム THE ORIGIN II [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする