パレードへようこそ [DVD]

  • 193人登録
  • 4.04評価
    • (31)
    • (27)
    • (18)
    • (2)
    • (2)
  • 28レビュー
監督 : マシュー・ウォーチャス 
出演 : ビル・ナイ  イメルダ・スタウントン  アンドリュー・スコット  ジョージ・マッケイ  ベン・シュネッツァー 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2015年9月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111248749

パレードへようこそ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • サッチャー政権によって20ヶ月も炭鉱の閉鎖が決まり、それに抗議する炭鉱夫のストライキは4ヶ月目に入ろうとしていた。ロンドンに暮らすゲイのマークはそのニュースを見て彼らを支援しようとゲイの仲間たちと支援組織を立ち上げ募金活動を行う。そして集まった寄付金を送ろうと全国炭鉱労働組合に連絡するがゲイということだけで門前払いをされてしまいます。不況に苦しむウェールズの炭鉱労働者たちと彼らの支援に立ち上がった同性愛グループが偏見や衝突を乗り越え固い絆で結ばれていきます。サッチャー政権下の英国で実際にあった実話を映画化した作品です。突飛な物語にキャラが魅力的でザ・スミスなど当時のヒット曲も楽しめました。笑える場面は少なくちょっとキモいシーンもありましたがそれなりに楽しんで観ることが出来た映画でした。

  • まさしくイギリスらしい秀作といった感じです。史実をなぞるとすこしつまんなくなるものも多くありますが、こちらは登場人物たちが一人一人いい味出していてすごく魅力的に描かれてきます。

    簡単にいうとサッチャー首相政権下、抑圧された炭坑夫たちがストをおこしているのですが、同じくサッチャーに抑圧されているゲイ&レズビアン団体が妥当サッチャーの為に同じ敵を持つ炭坑夫たちのために戦おうと立ち上がるお話です。

    動機はあまり、しっくりきませんでしたが炭坑夫たちやその家族が同性愛者達を受け入れる派と嫌がる派にわかれて対決したりする小さなイザコザがあったり、同性愛者たちもそれぞれ色んな事を抱えたりするところをちゃんとリアルに描いてる。

    軸になるのは友情とプライド。

    同性愛者たちは、迫害されながらも彼らにはプライドがあるから差別されてもそれを跳ね返す力も、そして逆手に取って飛び跳ねてしまうようなパワフルさもある。

    そんなビクともしないプライドに満ちた彼らに影響されて彼らに対する温かい尊敬と友情が炭坑夫たちにも生まれてくるのだ。

    史実を元にしているので、とても丁寧に描かれているし、登場人物一人一人の小さな触れ合いが過度じゃない感じで温かい。

    ハリウッド映画が好きな人には少し地味にかんじるかもしれないけど、なんとなく晴れやかな気持ちになりたいときにおすすめ。

  • but what i'd really like to say to you is thank you
    because what you've given us is more than money, it's friendship
    when you're in a battle against an enemy so much bigger, so much stronger than you, but you find out you had a friend you never knew existed
    well, that's the best feeling in the world
    so thank you

    素晴らしい映画、何度でもみたい

  • 「映画天国」のLGBT特集にて。同性愛者と炭鉱労働者という、マイノリティ同志が手を結ぶという興味深いストーリー。まずは「フルモンティ」「ブラス!」「リトルダンサー」といった、イギリスの伝統的な不況系、炭鉱系映画の伝統を汲んでいるところが好感を持てます。

    同性愛者を最初に受けれたのは、「連帯」を主張しながら異分子を排除しようとする組合運動家ではなく、女性たちだったというのも興味深い。同性愛者のパレードに炭鉱労働者たちがやってくるエンディングは爽やかでした。

  • クライマックスに鳥肌が立つ。

  • サッチャー政権下のイギリスで、ストが長引き困窮する炭坑労働者たちを支援しようとする同性愛者グループとウェールズ奥地の炭鉱町の人々とが結ぶ友情を、実話をベースに描いたドラマ。

  •  84年のイギリス。ストを起こした炭鉱労働者に同性愛者団体が支援の手を差し伸べる。同じ活動家としてという思いは報われるのか。。。

     『フル・モンティ』や『リトル・ダンサー』など、サッチャー時代の炭鉱のストを描いた名作は多いが、これもその一本。
     コメディ色の強い映画なのかと思いきや、運動論的な映画だった。
     邦題の『パレードにようこそ』はなるほどこういうことだったのか! これ、実話なんだよねぇ。すごいなぁ。
     

  • 手を取り合うことの素晴らしさたるや。

  • なんか久々に心が温まるというか希望のもてる映画を観た気がする(よく考えると映画観ること自体が久しぶりだ)。
    性も職業も肌の色も宗教も病気や身体の違いも超えて、手を取り合うこと、サポートし合うこと。今、人類に必要なのはこれなんだよ、きっと。

  • 映画で頭が痛くなるほど泣いたのは久しぶり。

    原題は「PRIDE」。
    でも邦題もすごく良い。
    「パレードへ行こう」ではない所が担当者さん分かってらっしゃると思った。

    一番心に残ったシーンは
    ビル・ナイ演じる年老いた炭鉱夫が
    イメルダ・スタウトン演じる炭鉱労働組合仲間にゲイであることをカミングアウトするシーン。
    イメルダ・スタウトンに「知ってた」と返されて
    心底驚いた表情のビル・ナイに笑ってしまった。
    そして、随分前から知っていたというイメルダの台詞に泣いてしまった。
    カミングアウト前後も変わらずに続くサンドイッチ作りに
    この映画の希望が全て詰まっていると思った。

    アンドリュー・スコット演じるゲイの彼氏は
    最初は厄介な人物のような描写があったのに、
    活動に参加する姿は好人物で不思議に思っていたら
    終盤のエイズのカミングアウトにまた涙。

    登場人物が多くイベントも多いので個々の人物描写は少し希薄。
    でも、それぞれの登場人物の表情が雄弁に語ってくれた。

全28件中 1 - 10件を表示

パレードへようこそ [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

パレードへようこそ [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

パレードへようこそ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

パレードへようこそ [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする