将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる! [Kindle]

  • 13人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 松永暢史
  • すばる舎 (2015年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (134ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ・地頭の基礎が作られる 1 0歳くらいまでは 、 「本 」をとにかく与えてほしい 。 「読書 」にかける時間をたっぷり作ってあげてほしい。「本をよく読む 」とは 「勉強ができる 」と言い換えてもいいくらい 。 親から 「読書量の貯金 」をたっぷりもらった子は 、底力が全然違う。

    ・毎日の中に 、本に子どもが集中する機会を可能な限り持ってほしい。東大生の親の中には 、中 2までしていた親御さんもいるという話を聞いたことがある。

    ・統計によれば 、読書時間が 1日に 3 0分以上ある小学生は 3人に 1人 、 1時間以上ある子は 6人に 1人となっている (文部科学省 ・平成 2 4年度全国学力 ・学習状況調査 ) 。中学生となると 、その割合はさらに減る。高校生にいたっては 、 1カ月に 1冊も本を読まなかった生徒が 5 0 %以上に上る。読書家ということだけで 、すでに少数派なのだ。

    ・優秀な人はみな読書家だが 、大企業の社長さんや一代で事業を成功させた実業家など 、自分の能力を最大限に発揮して生きておられる方々も 、ほとんどが読書家。本との対話によって 、自分自身の幅を広げ 、思考を深めていく。子どもも同じ。

    ・絵本を読み聞かせるというスタイルは 、子どもの勉強を親が見てあげるという関係性の相似形。大きくなってからも 、親子で一緒に勉強に取り組みやすくなる。

  • 子供が読む本選びに悩んだので参考に読みました。本のリストは参考になりました。ただ、本の内容はちょっと物足りなかったです。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!を本棚に「読みたい」で登録しているひと

将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!はこんな電子書籍です

将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!の単行本

ツイートする