龍三と七人の子分たち [DVD]

  • 293人登録
  • 3.24評価
    • (15)
    • (34)
    • (74)
    • (24)
    • (2)
  • 66レビュー
監督 : 北野武 
出演 : 藤竜也  近藤正臣  中尾彬  品川徹  樋浦勉 
  • バンダイビジュアル (2015年10月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4934569647146

龍三と七人の子分たち [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 終盤の中尾彬を楯に…のシーンではちゃめちゃに、座ってられないくらい笑った。

  • ビートたけし作品。
    アウトレイジよりもほのぼの観られたけど、安定のヤクザ(笑)
    安田顕とか、清水富美加とか結構キャストも豪華でオチも良かった。

  •  近藤正臣かっこ良かった!
    ラストの死体の扱いがひどい(笑)

  • 面白かった。
    今時のヤクザ事情を反映して、憎めない爺ちゃんヤクザ達。

  • おじいちゃんっぽいのに、時々男の色気がある。
    さすが、龍三親分。
    それにしても、中尾彬が美味しすぎる。
    死んでるのに、美味しい役なんて、すごい。

  • いい~加減で抜けてるトコがとっても良かったですね。
    けど抜け過ぎるほどじゃないいい塩梅で収まってるのは皆さん往年の名優ばっかりだからですよね〜ある意味、北野武版「エクスペンダブルズ」って印象です(笑)
    監督の言う通り、これはコメディでした。
    ヤクザも引退するとちょっと柄は悪いですけど、普通のオヤジになっちゃうんですね。
    もっと見たい気がしてるのは私だけじゃないでしょう(笑)

  • 地元シネコンで鑑賞。

    北野映画は「あの夏、いちばん静かな海」で気になり、「キッズ・リターン」でハマり、「BROTHER」でキタノブルーに酔いしれ「座頭市」でツモった感があり、「アウトレイジ」が合わなかったのもあってしばらく離れていました。
    しかし今作はあまりに可愛いジジイ(敬称)の群れなす予告に我慢できずに鑑賞。
    端からキタノブルーなど期待せず痛快エンタメを求めて観たら正にドンピシャでした。
    かつての組を解体し、それぞれの生活を過ごしていた元やくざの面々。平和だけど物足りなくて、どこか狭苦しい様な息苦しい様な老後を過ごす中、龍三がオレオレ詐欺に引っかかりそうになった事をきっかけに、タチの悪い詐欺・恐喝を行っている組織の存在に気付く。
    正義感というよりはノリと溜まった鬱憤晴らしから組を再結成する龍三と仲間たち。
    既に手が震えているのに往年の得物を手放せないもの、誰彼かまわず子芝居で小金を巻き上げようとするもの、親分決めはかつての犯歴と懲役の特典が高い順で…などなど、すべてが冗談の域なのだけれどそこは流石老練の役者揃い。
    バカバカしい事をクソまじめにやられるほど面白い事は無い、とはこの事かと、何度も劇場だというのに爆笑してしまいました。
    外ではなかなか笑えない方なのですが…。
    あと劇場内の年齢層が案の定高く、他の観客の笑いの頻度も非常に高かったので気にしてる環境でも無かったという…(笑)
    特に終盤、一瞬シリアスになったかと思うとそこからの襲撃がもうとんでもない展開で、あそこまでいくとコメディを通り越して子供の頃ひょうきん族で見ていたコントレベルなのですが、これも絶妙に映画のラインを外れないのが凄いところ。
    一人一人の役者さんが本当にいい味を出していました。
    ことに親分龍三を演じた藤竜也さんのなんともいえない可愛さとその右腕役の近藤正臣さんのセクシーささえ感じる渋さのバランスが絶妙。
    そこに愛されお笑いポジションの中尾彬さんという三人を軸に誰も彼もが愛しく思えて、これは北野監督がこういう時代に消えゆく昭和の男なりヤクザなりという存在を愛しく思っているからこそなのかな、という思いが残りました。
    とはいえ見終えた後の感覚は圧倒的に爽快感。頭空っぽで楽しめる、ゴールデンウイークに相応しいエンタメ作でした。

  • 「RED」など年寄りが頑張ってますという映画が結構あって、その流れで任侠OBたちを主人公にして、半グレ族と対決するという設定がうまい。設定ができるとアイデアがドンドン出てくるんでしょうね。仲間と飲みながら「◯◯なんてなったらおかしいよな」なんて話をしてるところが想像できる。深夜放送でもこの種の膨らませが結構あった。その意味で北野武の一番自然な形での映画なのではないかと思う。

    後は笑いの好みだけど、蕎麦屋で客が注文する品を当てる賭けのシーンや街宣車が半分だけしか整理してなくて騒動になるのもおかしい。中尾彬を盾にした殴り込みも落語のネタみたいでおかしかった。
    反面、藤竜也が女装するシーンは少し無理やり感があったし、アメリカの航空母艦に着陸するのも少ししらけてしまう。

    ただこれテレビドラマではないかとは思う。バスのアクションシーンなんか入れてるけど無理なスケールアップだ。
    中尾彬が殺されて次のシーンは棺の中なのだが、死体をどうやって手にすることになったのか、なぜ警察に連絡しないのか、孫に連絡しないのはどうなってるのかと細かいことが気になって、殴り込みも強引な感じがある。
    老人たちの演技が個性的でいいのだけどどこかわざとらしさもあって、面白いでしょ、面白いでしょと盛んに言ってるのがややうっとうしい。

  • まあくだらない話、たけしの脚本に切れがある、まあ落語みたいなもんだが、なぜか深いところで胸に響く。今の時代の奴隷老人に反旗を翻すならこれは一つのスタイルかも。

  • 海外では引退した老人が若者をコテンパンにする映画が結構あるのですが(「RED」とか「スペース・カウボーイ」とか)、邦画では珍しいパターンかも。ちょっと痛々しい場面もありましたが、昭和生まれの爺さんだからできるベタベタなギャグも楽しく(競馬場のシーンが最高)、久々にコメディアン・ビートたけしの本領を見た気もします。

全66件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

龍三と七人の子分たち [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

龍三と七人の子分たち [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする