探偵の探偵IV (講談社文庫) [Kindle]

  • 70人登録
  • 3.94評価
    • (7)
    • (19)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 松岡圭祐
  • 講談社 (2015年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (172ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

探偵の探偵IV (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 続編があるそうで。これ以上掘り下げるのってどうなのかなー。

  • 妹の仇を討つため、その手がかりを探しつつ悪徳探偵たちを潰し続ける
    対探偵課探偵の玲奈が主人公のシリーズ、第4弾。完結編。

    前作で妹の仇である「死神」こと市村凛を倒した玲奈だったが、
    琴葉からの「裏切り」の言葉によって受けたショックは大きく、
    別の探偵事務所にうつってからも無気力な日々を追っていた。

    一方の琴葉も実姉を救いたい一心だったとはいえ、玲奈を裏切る言葉を
    発してしまった自分に責任を感じていた。
    そんな琴葉は自分自身が一人前の探偵になるべく、須磨から裏講義を
    受け、成長していくのだが、そんな彼女の良心が暴走を始め・・・

    拘置所で起きた凶悪犯罪者の死は本当に琴葉が犯したものなのか。
    琴葉の窮状にかつての輝きを取り戻した玲奈がついに行動を再開する。


    うん、なかなか読み応えのある流れでした。
    元凶である姥妙との対峙はちょっとあっさりし過ぎた気もするけど、
    綺麗に裏をかいてくれた部分もあったしね。

    ところで、「『新章』をお楽しみに」ってことは、一旦終わるけど
    まだ続くんだね。ここまでは玲奈の復讐編ってところかな。
    新章はどんなテーマでくるんだろう!?

  • 妹の復讐を果たし、琴葉との絆も断たれた玲奈は、探偵としての目や感が鈍り、集中力も失っていた。
    しかし。東京拘置所で起きた連続殺人事件の容疑者として琴葉が指名手配されるかもしれないと知り、玲奈は覚醒する。
    すべては琴葉を守るため......!

    2015年7月22日、電子書籍にて読了。
    まず言いたいのは、前作でやめなくて良かった、ということです。玲奈と琴葉の物語にきちんと決着がついていて、やっとすっきり出来ました。無謀すぎるやりかたは相変わらずですけどね(^^;
    敵対関係にあると思われた警察や他の探偵たちの協力も、結局は玲奈の曲がらない信念に触発されたものであって、変にドラマチックでないのも良かったです。
    新たに新章が始まるようですが、私はこのシリーズを追うのはやめにしておきます。やっぱりバイオレンス的な描写は苦手なので。。。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

探偵の探偵IV (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

探偵の探偵IV (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

探偵の探偵IV (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

探偵の探偵IV (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

探偵の探偵IV (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

探偵の探偵IV (講談社文庫)はこんな電子書籍です

探偵の探偵IV (講談社文庫)の文庫

ツイートする