リピーテッド [DVD]

  • 129人登録
  • 2.83評価
    • (1)
    • (10)
    • (37)
    • (20)
    • (2)
  • 31レビュー
監督 : ローワン・ジョフィ 
出演 : ニコール・キッドマン  コリン・ファース  マーク・ストロング  アンヌ=マリー・ダフ 
  • Happinet (2015年11月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953060944

リピーテッド [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 全く期待せず観ましたが、かなり面白かったです。
    犯人が誰なのか登場人物が少ないにもかかわらず分からなくて普通に驚きました。
    ニコ様相変わらず美しいですね~♪
    コリン・ファースさんとマーク・ストロングさんは「キングスマン」の時と当たり前ですが全然違うので、そういう所も凄く楽しめました。

  • 朝、目を覚ますと・・・
    前日の記憶が・・・
    失われてしまう・・・
    何か最近やってたドラマと同じような設定ですが・・・
    探偵モノではございませぬ・・・
    ミステリーですがね・・・

    目を覚ますとベッドの横には見知らぬ男性が・・・
    えー?やっちゃった?!
    えー!?と、鏡を見ると・・・
    え?これ?私?
    なんか・・・
    随分と年を取ってるんだけど・・・
    え?なになに?どうなってんの?
    男性が起きていて声をかけてくる・・・
    君はボクの妻で、ボクたちは結婚してるんだ・・・
    え?なになに?この人誰よ?何言ってるの?
    君は事故のせいで新しい記憶が出来なくなっている・・・
    朝起きて目を覚ますと前日の記憶が無くなってしまうんだ・・・
    と、これまでの事情を話す夫・・・
    献身的な夫・・・
    戸惑うばかりの嫁・・・
    夫は仕事へ行き・・・
    一人で困惑していると・・・
    電話が・・・
    もしもし、ワタシ主治医・・・
    覚えてないでしょうが実はご主人に内緒であなたに治療してます・・・
    とりあえず、あそこに映像が隠してあるんで見てください・・・
    言われた場所にデジカメがあり、そこには主人を信じないで、と言う自分の動画が記録されていた・・・
    え?主人はウソをついているの?どういうこと?
    主治医と名乗る男と会い、内緒で治療を受ける嫁・・・
    主治医と共に色々調べてみると、どうやら事故じゃなくて暴行事件に巻き込まれて記憶が出来なくなってしまったよう・・・
    やっぱり主人は怪しい・・・
    何か隠している・・・
    しかし・・・
    なんだか主治医も怪しい・・・
    いったい何が真実なのか・・・
    わからない!!

    ・・・

    いや・・・
    わかります・・・
    展開・・・
    読めちゃいます・・・
    これ・・・
    驚愕・・・
    ではないです・・・
    がしかし、ハードル上げずに見るなら楽しめると思います・・・
    ニコール・キッドマンもコリン・ファースも良かったです・・・
    そこはgoodです・・・

  • 2015/11/28 1日しか記憶がなくて 朝目覚めると記憶がなく 20歳の頃の自分に戻ってる(と言っても20歳の記憶もない?)いずれにしても
    かなり無理のある設定なんだけど…最初は意味分からず どんなふうに展開してゆくんだろう と興味を持ち観続けられたし、まあまあ面白くはあったけど…やはり だんだん辻褄が合わない事が気になりだして…まぁ、映画だから仕方ないけど…ラストは泣けた。くまのプーさんの お話 でも 妙な記憶障害がそれで解けてしまうのも かなり無理のある終わり方ではあるけど。

  • 記憶を一日しか覚えることができない主人公。

    誰が犯人なのか最初 全然分からなかった。
    まさか夫が偽物だと思わなかった!
    すごい ベンぽい顔だったし、優しそうな顔だったから。 逆に本物のベンの方が人相悪かった。

    そもそも主人公が浮気しなければ良かったのに。
    子供 かわいそう。 本物のベンも 元嫁のことをほったらかしすぎ。

  •  記憶が失われる設定をほとんど活かしきれていない何とも中途半端なミステリー。 完全に役者の無駄遣いだな。

  • 最後、クリスティーンと息子アダムとのプー&ピグレットの会話…不覚にも泣いた
    それにしても、偽旦那、医師、本物旦那(ベン)ブサメンばっかだった おまけに、クリスティーンの女友達も全然ブーだった 
    私にはコリン・ファースがやつれたおっちゃんにしか見えない N・キッドマンだけが、美しかった

  • 《リドリー・スコット》製作総指揮!
    《ニコール・キッドマン》×《コリン・ファース》2大アカデミー賞俳優共演!

    眠ると消えてしまう記憶
    "昨日の私"からのビデオメッセージ その犯人を知るのは私だけ
    ・ハリウッドを代表する巨匠にして大ヒットメーカー《リドリー・スコット》製作総指揮作品!
    ・《二コール・キッドマン》《コリン・ファース》2大アカデミー俳優共演!
    ・「ラスト80ページの衝撃! 」英国ミステリー界騒然、イギリス・アメリカでベストセラーとなった傑作ミステリー小説を完全映画化!

    【スタッフ】
    製作総指揮:リドリー・スコット(『エイリアン』『グラディエーター』)
    監督・脚本:ローワン・ジョフィ(『ラスト・ターゲット』
    原作:SJ・ワトソン著「わたしが眠りにつく前に」(ヴィレッジブックス刊)

    【キャスト】
    ニコール・キッドマン『めぐりあう時間たち』『ブレイクアウト』(田中敦子)
    コリン・ファース『英国王のスピーチ』『キングスマン』(堀内賢雄)
    マーク・ストロング『シャーロック・ホームズ』『ゼロ・ダーク・サーティ』(谷昌樹)
    アンヌ=マリー・ダフ『ノーウェア・ボーイ ひとりぼっちのあいつ』(小林さとみ)

    【ストーリー】
    ニコール演じる主人公クリスティーンは、毎朝目覚める度に前日までの記憶が失われ、1日しか記憶が持たないという特殊な記憶障害を負っていた。
    献身的に尽くす夫(コリン・ファース)に支えられ暮らすクリスティーンの元に、ある日、医師を名乗る男“ドクター・ナッシュ"(マーク・ストロング)から1本の電話がかかってくる。
    夫には内緒でその医師の診察を受けていると聞かされたクリスティーンが目にした、信じられない事実とは…。


    発売元:クロックワークス 販売元:ハピネット

  • まぁ面白い…のですが、
    あまりにも主人公の周りの人間が不憫すぎて。
    一番の元凶は主人公ですよね?美しいのでつい騙されちゃいますけど(笑)

    でもこういう記憶が曖昧になる系のサスペンスは好きです。
    誰を信じていいのか分からなくなる。
    92分という長さも嬉しいです。

  • コリン・ファースの無駄遣い映画のひとつですね、ええ(失礼)

    これ原作も読んだんだけど…まあ最後原作と違うって聞いたしコリン出てるし…ニコールもすきだし、って思って観てみたんだけど単調過ぎて脱落…つまんねーよ……もっとうまいこと演出できなかったのかよ…
    最後まで持っていくのに長すぎだろ、って感じの単調映画

    大体なんだよ、リピーテッドって
    ふざけてんのかよ
    原題そのままにしてくれよ

  • 原題は"Before I go to sleep"。同名の原作小説の映画化作品。
    なかなか先の読めないストーリーで面白かった。ニコール・キッドマンといいコリン・ファースといい、ベテラン俳優陣の熱演が素晴らしい。これから観る方は、ぜひネタバレは読まずに観てください。

  • ★3.0

    よくある展開になるの!?どうなのどうなの!?
    と思いながらけっこう楽しみながら観られました。

    最終的には、引っ張った割にやっぱりよくある展開なのか!とややツッコミたくなる。

    最後は微笑みで観終わればよいものを、まだなにか隠し玉があるのでは…と期待と疑いの心で観終わってしまった。

  • ありがちな記憶障害の設定。
    1日しかもたない流れを何度も同じセリフで聴かされるから睡魔が何度も襲う。
    ラストの息子とのやりとりまでずっとだらだら。

  • 過去に受けた交通事故により毎朝起きる時には寝る前の記憶をすべて失ってしまうクリスティーン(ニコール・キッドマンさん)は夫であるベン(コリン・ファースさん)の献身的な支えにより幸せな生活を送っていた様に見えた。ある朝、彼女の主治医と名乗るナッシュという精神科医の男から電話があった。ナッシュからは隠してあるカメラで日常生活を録音する様に指示を受け忠実に守っていたのだが、その過程においてベンとの生活に徐々に疑問が生じてくるクリスティーン。。。サスペンス好きには良い映画です。

  • 寝ると20代迄の記憶に戻ってしまう女性が主人公のサスペンス映画。
    傷害事件の捜査はしたんかね、犯人がすぐ見つかりそうですけど。

  • コリン・ファースなので無条件で観た。

    出演陣素晴らしい。でももっとサイコパス的な要素があればよかったのに。周到な準備の様子とか。

    事件後の記憶が1日しかもたないってのはわかったけど、なんでそれ以前の記憶もないんだろう。そういうやつって言われたら仕方ないけどさ。

    中盤までどっちどっち?って感じだったけど最後はあっさりだったな。

    最後の最後は蛇足な感じ。コリン・ファースはステキ。どんなんでもステキ。
    (160805)

  • 「記憶が維持できない主人公」という今ではそれほど新鮮でない題材を扱った面白くもなくつまらなくもない記憶に残らないだろう作品でした。

    ミスリードを誘っているのが丸わかりの中盤がちょっと鼻につきます...

    ただ短い映画なのでちゃっちゃと話が進むところには好感が持てます。
    もう少し一日一日の区切りがはっきりしていたら印象が違ったと思います。

  • 1日しか記憶が持たない女性のお話。
    しかし自分が襲われた過去をフラッシュバックする時に事実とは異なる映像が流れたりもするので、ミステリーとしてはイマイチ納得できない出来栄え。犯人は一番怪しいと思われる人物で特にひねりがなかった。前半は良かったが、後半のぐだぐだやラストのあっけなさが残念。主人公ではあるが浮気する女性に共感できなかったです。

  • 16/05/28
    記憶が一日しか持たないクリスティーン。事件の真相は?犯人は誰?てサスペンス感全開でどきどきしながら見ました。毎日毎日毎日毎日、おんなじ話をしなくちゃならないベンは気の毒だなあと思っていたらそんな結末が。ほんとうに気の毒なのはドクターかな。

  • 出だしはいい感じだったけど中盤から後半は今ひとつ緊迫感にかけたかな。ラストももう少し短くていいじゃないの?

  • 設定が掟上今日子さんです。記憶が1日しか続かないって、毎朝が恐怖ですよね。ニコール・キッドマンが頑張っていたし、なかなかサスペンス感がありました。でも、彼女は悪女で、旦那がかわいそうなんですよね。

  • 観ながら息が止まるくらい怖かった!サイコパス!
    でも最後ハッピーエンドだったので安心した。
    出てる俳優さんもみんな真に迫った演技なのですごい。

  • 眠ると消えてしまう記憶
    “機能の私”からのビデオメッセージ
    ――その犯人を知るのは私だけ



    BEFORE I GO TO SLEEP

  • ○日本語字幕
    ○日本語吹き替え



    ニコール・キッドマンの演技が素晴らしい。
    おびえる姿、愛をみつけた姿、なにもかも不安な姿。
    やっぱり変人は身勝手だね。
    自分から世話したいと言ったのにもう辞めたいって。
    そもそもなにも覚えてないなら、まるっきり新しい人格・人生を作ってしまえばよかったのに。
    相手も自分も。
    最後ハッピーエンドなはずなのに不安が消えない。
    執着心が強そうだからかな。
    普通に面白かった。

  • オチが…読める……。
    もうちょっとゾクっとさせてほしかった。

  • なかなか。
    設定が良い。自分に記憶の無い怖さ。誰を信じていいのかわからない感覚。

全31件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

リピーテッド [DVD]を本棚に登録しているひと

リピーテッド [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

リピーテッド [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする