母の友 2015年9月号

  • 10人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 100%ORANGE  塩川 いづみ  竜田 麻衣  しんや ゆうこ  堀川 真  しりあがり寿  クリハラタカシ  正一  佐々木 愛  棚橋 亜左子  検見崎 聡美  ダンノマリコ  工藤 直子  パトリック・ツァイ  一ノ瀬 ちひろ  平野 太呂  日置 武晴 
  • 福音館書店 (2015年8月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910075110954

母の友 2015年9月号の感想・レビュー・書評

  • 歯の話…51歳で乳歯がある著者のお話。乳歯だからっておろそかにしない、口をのぞき込める時期も限られている。確かになぁ、歯磨きタイヘンと思っていたけど、やはり大切にしたい。この時間とともに。

    手紙を乗せたちょっと愉快な飛行機メール…お散歩帰り、紙飛行機にお手紙を書いて園児に飛ばすと、ちゃんと遊びをやめて帰ってくるという温かいお話。逆に園児から送られてくるなんてエピソードは笑ってしまった。ユーモアと知恵。保育士さんには頭が上がらない。

    どうしてパジャマで外へ行ってはいけないの?…衣服は言語でもできている。相手への無言のメッセージ。という考え方になるほど〜。自分の好きな服を着つつも相手への配慮を忘れない。このバランスがおしゃれなんだなぁ。こう考えると衣服もコミュニケーションなんだなぁ。子ども選んだ服を着るのは面白そう、いつかやってみたい。子どもがパジャマを着たがったら、ゆったり構えてみたい。きっとお友達と過ごすうち何かを感じてくれると思う。

    知恵は遊びから…知識は知恵がないと身につきません。子どもは体を使って遊ぶことでしか知恵を身につけることはできないんですよ。という言葉に励まされる。

    かんたん!お直し塾…ズボンの穴には思い出やストーリーが詰まっている。なるほどなぁ、大切にしたい。ほぼ日ワッペンが可愛い!!

    絵本と子ども…そういえば、ハイジの着膨れから一枚一枚脱ぐシーン、好きだったなぁ。服って色んなところで意識して意識されてるのかも。

    たぶん、なんとかなるでしょう…男子のトイレ事情。便器にグラビアの顔写真を貼る妻の策に爆笑。

    体のはなし…夫のカンの鈍さのお話。これは、違うからこそ尊重すべきということ。確かに、鈍いからいいことはたくさんある。

  • 特集、「どうしてパジャマで外に行ってはいけないの?」では、衣服についての考えが語られ、パジャマで外に出てはいけないことを説明しつつ、「パジャマを脱ぎたがらない子供は、パジャマで幼稚園に行ってみたら」と提案しています。
    実際、どうしても着替えを拒否し、パジャマで登園する子供は少なくないらしい。
    パジャマで登園した子への友達の反応は年齢によって変わり、3歳を過ぎるとパジャマで来る子はいなくなるとか。
    子供なりにもルールを学んでいると言うことなのでしょうね。

    特集その2も絵本と子供服という、衣服に関わるもの。
    イギリスの話は、小林章夫さんの本を思い出す内容で、思わずにやりとしてしまいました。
    小林さんの本をまた読もう。

  • 特集はさておき、連載がどれもおもしろい。
    天谷保子「体のはなし」は「体癖」の話、堀川真「たぶん、なんとかなるでしょう」はトイレの話。
    「読んであげるお話:めんどくさがりやの、きつね」もたのしかった。
    猪谷千香さんの書評、周防正行『それでもボクは会議で闘う』岩波書店も気になるなあ。

全3件中 1 - 3件を表示

母の友 2015年9月号を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

母の友 2015年9月号を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

母の友 2015年9月号はこんな雑誌です

ツイートする