間奏曲はパリで [DVD]

  • 38人登録
  • 3.18評価
    • (0)
    • (3)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
監督 : マルク・フィトゥシ 
出演 : イザベル・ユペール  ジャン=ピエール・ダルッサン  ミカエル・ニクヴィスト  ピオ・マルマイ  アナイス・ドゥムースティエ 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2015年9月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111248763

間奏曲はパリで [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ノルマンディー地方の田舎町で畜産業を営むグザヴィエの妻ブリジットは子供も自分の手を離れ夫と2人で決まり切った毎日を送る平穏で退屈な日々にふと疑問を感じてしまう。
    パーティでイケメンのバリジャンのスタンと意気投合してすっかり気持ちが大きくなった彼女は夫に嘘をつきときめいた気分を胸にバリで2泊する女のひとり旅を決行する。「ピアニスト」のイザベル・ユペールがあたりまえの毎日に満たされない思いを抱きバリでのささやかな冒険を通して改めて人生を見つめ直す主婦を演じるコメディです。偶然に出会った夫と違うタイプの男性に心を揺らす妻の後をこっそり追ってじっと見ていたグザヴィエの姿は笑えました。イザベル・ユペールが歳を取っても可愛らしい女性を演じていました。バリの風景が美しく一度は訪れてみたいと思いながら鑑賞した作品です。

  • イザベル・ユペール

    音楽Tim Gane& Sean O'Hagan

  • ユベールが可愛い、とても還暦に見えませんでした。これってアバンチュールですね。お互いに愛情を持っている2人なので、破局に進まなかったのは良かった。使用人のアドバイスが効いています。見てないようで見ているものですね。

  • 何かのDVDみたときのオススメに出てて気になったので。

    夫婦生活についてはわからないけれど、子供も手を離れ毎日同じ人と過ごしていると、その生活から距離を置きたくなるんだろうなぁ。

    他人と生活することすら想像できないけど。

    妻の行動を知ってしまっても彼女を責めず、しかし葛藤と不安で横柄な態度をとったり泣き言を言ったりする夫の行動が人間らしいなと思った。

    死海で仲良く浮かんでるのが微笑ましかった。
    (160627)

  • 字幕: 高部義之

    話の展開は想像がつくものだけど、テンポがちょっと間延びしてるかなあ。

    2.5に近い3。

  • 2015/11/8 平凡な生活の中でガス抜きしたい主婦の気持ちは よく分かるけど…夫を愛しながら 旅先(パリ)で アバンチュールに 見知らぬ男性と一夜を過ごしてしまうのは 共感出来なかったけど…心配して様子を見にきて 男性と一緒にいるのを見てしまった夫はショックを受けながら 一人家に帰ってきてしまうけど、疎遠になってた
    息子の様子を見るきっかけにもなり 頑張ってやってる事が芸術的で感動するところ 妻に自分が見た事を責めないところに感動しました。
    そして、仲良く 死海に二人で行き 海に浮かんでる様子は 微笑ましくて良かったです。夫婦は単調で色々な日々の中でケンカしても 深い絆で結ばれてるなぁって改めて思った。

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

間奏曲はパリで [DVD]を本棚に登録しているひと

間奏曲はパリで [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

間奏曲はパリで [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

間奏曲はパリで [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

間奏曲はパリで [DVD]はこんな映画です

ツイートする