ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ - [Kindle]

  • 67人登録
  • 3.78評価
    • (7)
    • (9)
    • (4)
    • (1)
    • (2)
  • 4レビュー
著者 : 佐々木典士
  • ワニブックス (2015年6月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デイル ドーテン
村田 沙耶香
又吉 直樹
岸見 一郎
ブライアン・トレ...
レオ・バボータ
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 筆者の過去が自分にかぶる。
    断捨離の技術というよりは、精神面について多く触れられている本。ミニマリズムの効用が参考になる。

  • 引っ越しが多いので読んでみた。第3章まではとても面白かった。ミニマリズムの歴史(?)や著者がミニマリストになろうと思ってからの経緯も。でも4章からの“変わったこと”は全然面白くなかった…。“これからは、何もない部屋で英語を集中して勉強する。…略…サーフィン、登山などのアウトドア、バイクの免許を取ることも検討している”って、やっぱり人は【やったこと】は評価するけど【計画】には共感できないんだなと。でも、“足るを知る”の精神は大事よねー本当に。

  • 以前は「捨てられない」人だったという筆者がどうして"ミニマリスト"になるに至ったか、"ミニマリスト"の人は日々どういう気持ち・思考回路で暮らしているのか、に興味があって、読んだ。
    私はものをかなり溜め込んでいるタイプの人間で、この本を読んでもミニマリストになろうと思うことはなかったけれど、私のマインドはもしやミニマリストなのでは!?と思った(たぶん、錯覚)。だって、筆者がものを捨てる前に陥っていた不幸はないし、必要ないものを買ったことはないし…。←そういう驕りの気持ちがあるから私は捨てられない人間なんだ。(自分への戒め)
    読み物としては、途中で飽きてしまうふしもあった。変わることは楽しいことだな~という本でした。

  • 「幸せになることはできない。幸せはその都度感じるしかないもの。」どんな環境でも、自分の見方ひとつで世界は変わる。幸せかどうかは他人が決めるのではなく、自分がどう感じるか。モノをなくして自分と向き合っていくと、自分というものの見え方が変わっていくのだろう。

    雑音だらけの世界の中で、ミニマリストという生き方が、自分を幸せに導いてくれるでしょう。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -を本棚に登録しているひと

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -を本棚に「積読」で登録しているひと

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -はこんな電子書籍です

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -の単行本(ソフトカバー)

ツイートする