老人と海 [Kindle]

  • 18人登録
  • 3.78評価
    • (3)
    • (3)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 石波杏 
  • 佐和出版 (2015年7月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (63ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

老人と海の感想・レビュー・書評

  • 結果がどうであれプライドを持って取り組んだことには価値がある、ということを訴えてるのかな。いまいち著者の主張がよくわからなかったけど、すごくでかい魚を釣り上げることの大変さはよく分かった。

  • 素晴らしい。登場人物、2人。海の上、老人は一人。なにを思っていたのか。心にずっと残る感覚はなんだろう。誰もが老人なのかもしれない。
    こんなに読みやすいとは思わなかった。死ぬ前に読めて幸運だった。

  • 他の訳は読んでいません。
    特段描写が細かいというわけではないのだが不思議と鮮やかに光景を想像できる。
    老人がなんども同じことを考える(塩を持って来ればよかった、とかあいつを連れてくればよかった、とか)ことなど、心の動きにも妙にリアリティを感じる。

    本作は中編であり、作中での3日ほど(だったかな)の時間を、読者は1,2時間ほどで体験することになるわけだが、上記の不思議な鮮やかさも相まってか他人の見た夢を見せてもらったような感覚。
    一晩中釣り糸(ロープ)をつかんだまま、であったり獲物に船を曳かれて何十時間も移動を続けるであったりというのは、
    老人の不屈の闘志を表現している一方で、現実離れしているようでもあり、これまた夢のようなのだ。そして手に入れたものがどんどんこぼれ落ちていく感触も。

    作品は老人が夢を見ている場面で終わるが、個人的には この作品全体が老人の見た夢なのでは?と想像して楽しんだりした。

  • 青空文庫で再読。福田恆存先生より読みやすかった...なんて言うと怒られそうだが。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

老人と海はこんな電子書籍です

ツイートする