メイズ・ランナー [DVD]

  • 204人登録
  • 2.98評価
    • (4)
    • (20)
    • (50)
    • (20)
    • (5)
  • 37レビュー
監督 : ウェス・ボール 
出演 : ディラン・オブライエン  カヤ・スコデラーリオ  トーマス・ブローディ・サングスター  ウィル・ポールター  キー・ホン・リー 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2015年10月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142119216

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

メイズ・ランナー [DVD]の感想・レビュー・書評

  • こういう2ありきの作り方嫌い

    ストーリー
    気がつくと「彼」は上昇するリフトの中にいた。待っていたのは彼と同世代の若者たち。周囲を高い壁に囲まれ森や草地が広がる場所“グレード”には、月に一度、生活物資とともに自分の名前以外のすべての記憶を失った一人の少年が送り込まれるという。「彼」もまた、自分の記憶が全くないことを自覚する。「彼」はリーダーのアルビーに壁の向こうへ行かないよう言い渡される。そして、2番目のリーダーのニュートから、壁の向こうは巨大な迷路だということ、数名の“ランナー”といわれる精鋭が出口を求めて朝から晩まで危険な迷路探索に挑んでいるが、未だ迷路の構造も謎も解明できずにいることを知らさせる。その夜の新入りの宴で、腕試しの勝負をした「彼」は頭を強く打った拍子に、自分の名前が「トーマス」であることを思い出す。翌日、ランナーのベンが夜にしか出現しない謎の怪物に襲われてしまう。さらに、謎を解明するためアルビーとランナーのミンホは迷路に入るのだが……。トーマスの出現により狂いだした調和と大きく動き出した謎。果たして迷路に隠された秘密とは!?

  • 設定は面白いが、中身はこれまでの色々な映画に似ている、「CUBE」「ハンガーゲーム」「バイオハザード」もっと迷路の話を前面にしてほしかった

  • その「迷路(メイズ)」は、
    どこまでも追ってくる。



    THE MAZE RUNNER

  • 暇つぶしに借りて観たんだけど、2も出てたし1面白ければ借りようと思って…
    1だけにしといてよかったーーー
    くっそつまんなかったーーー
    これ原作は有名なのね……原作ファンはこれ評価しているのでしょーか
    寧ろ観たんでしょーか

    途中であほらしくなって離脱……これよく続編出来たね???
    やすっぽい蜘蛛みたいなのとか意味不明な設定・環境とか、厨二病かな?みたいなのばっかりで失笑

    SF&原作小説なんだから映像化したものにこんな感想はアレかもだけど、そもそもほんとに一時的でも記憶障害であんなところに送り込まれて目が覚めて訳の分からん環境に住むことになって…としたら
    あんな反応にならないと思うよ、うん
    順応性あるヒトでも、ああはならないと思う、っていう現実的な部分で最初から【なんだこの演技www】ってなっちゃって、もうダメだった

  • 2016年10月3日観賞。記憶をなくし、突然見知らぬ土地に放り込まれた少年たちのコミュニティ。トーマスは危険な怪物が救う迷路の先の脱出路を探す『ランナー』となるが…。英語圏のヤングアダルト小説原作という映画。訳も分からずルールも定かでないまま、目的も能力もバラバラの集団と共闘して謎に満ちた「失敗即死」のゲームに挑まなければならない、という設定は魅力的。人生とか社会とかは、ある意味そういうもんなのかもしれないな…。ただ終盤明かされる「謎」が、想定を超えるようなものでないのは残念。(SFやミステリを読みなれていない人にとっては十分な衝撃なのかもしれないが)続編もあるようだし、原作で描く「謎」はもっと興味深いものなのかもしれないが。

  • まあ、予告の段階でわかってたけど。CUBEですね。
    あの女の子がいる意味ってあんのかな。
    2で活躍するんかな。
    あとギャリーだっけ、どうやって来たんだろ。無理なはずなんだけど。

  • 佇まいとしては「進撃の巨人」に似てる。偶然のようだが。塀の存在があまり魅力的ではなく、輪をかけて人間関係がお粗末なので見るのに努力がいる。
    状況の種明かし、太陽が大きくなって人類は壊滅的打撃、さらに脳に救うウィルスの発生で、ウィルスに侵されない若い人の実験台というのだが、分かったような分からない話。貴重な人類をなぜ実験で殺さなくてはいけないのか。クモのモンスターは誰が作ったの?謎が解明されず深くなるばかり。まぁ最初からそのレベルのできなのでいいが。

  • 迷路に迷い、走るシーンがメインかと思ってたがむしろ怪物と闘う方が多くて残念。

  • 続き物と知らず。どうやら三部作の一作目らしく。原作未読。うーんこのたまらんハヤカワ臭。でも角川から出てるんだ…ということは…!?映画に全ての期待を寄せていく!キングみたいなことかな!完結の仕方で全てが変わるよなあ。
    この一本に限れば、色々考えさせられるところもあって、なかなか良き。正解の描き方でほんとうに変わるけど…それにしても海外のクリーチャーはどことなく機械的なのが多いよねえ、オールユーニードイズキルとかあとあれ…とか…サイレントヒル出身なので、でろでろどろどろしてたほうが興奮します。なのにBGMはアキラヤマオカ…サイレントヒル最高だよ…

  • 最初は設定にワクワクしたけど、最後は一気に落ちる感じ。こういうのは原作読めば満足かな?

  • ホンミ 迷路 テレサ 最初に送り込まれたアルビー グリーバーに刺されると記憶が甦る ギャリー チャック ルール 実験 パスワード

  • サバイバルゲーム系、やっぱり好きではなかった… 最初、進撃の巨人のパクリが来るかと思った。

  • 面白かった。
    不明な場所に送り込まれ、脱出を図るところがCUBEに似ている。おぼろげながら、目的がわかってくるのだが、二作目が見たくなる。

  • パニック映画です。

    記憶を失った若者(男だけ)が迷路に囲まれた別空間から逃げ出す話です。

    何で男だけ?とか、途中で女性が加わるのですが、性的な問題何で出てこないの?とかツッコミどころはあります。「何か純粋でいいなあ」と思ってしまいました。多分ダメな大人なんだと思います(笑)。

    内容はありきたりですが、脱出後のストーリーもあり、世界観がしっかりしています。何より走る姿は見ていて気持ちが良かったです。

  • 特別どうってことないけど、主演の男子が•••カッコええですまじで。ガキのくせにこんなにかっこいいとは•••こんなことになるとは•••

  • 謎の迷路がある、なんかよくわからない世界に放り込まれた若者たち。

    迷路にいる怪物の存在も、辿り着いた研究所の存在も意味が不明。

    もっとミステリアスな展開を期待していたのに残念。

    謎を残したまま続編へ。
    機会があれば観てみたい。

  • トーマス・サングスターくんがすごい大きくなっていて(顔は変わっていない)かわいすぎる・・・。みんなめちゃくちゃかわいいのでNG集は必見。

  • 三部作とかさー、多いよね…(´Д` ) 1作目が一番面白いのかな? と予想。

  • 怪しいエレベーターに乗せられた送り込まれた見知らぬ土地に戸惑う主人公トーマス(ディラン・オブライエンさん)。そこは自分と同じくこの土地に送り込まれた過去の事を一切覚えていない青年達が自給自足の生活をしていた。毎朝開き、日没前に閉まる迷宮(Maze)に興味を持つトーマスは脱出の手掛かりを探ろうとするが彼の前には数々の困難が立ちふさがる。。。トーマスはこの状況をどう打開するのか?

  • 光を求め迷い、もがき、更に闇へと進む。
    それでも人は決断しなくてはならない。

  • ウェス・ポール監督の長編デビュー作。原作はジェイムズ・ダシュナーの同名のベストセラーヤングアダルト小説で、本作は3部作の第1作目。
    突如として主人公が脱出困難な空間に放り込まれ、数々の困難を乗り越えて出口を目指すというサスペンス&アクションものは「CUBE」などを始めとして多々ありますが、本作はそこにSF要素も加わるという盛り盛りな設定。続きものということもありラストまで観ても謎が残りますが、続きは第2作目を乞うご期待といったところ。

    ニュート役のトーマス・ブローディ・サングスターが可愛い顔して男前です!

  • なんの予備知識もなく見たが、出口が見えない迷路というのが、現実問題としていかに怖いかが分かった。そして、同じような施設はまだまだあるという、後出しジャンケンの連続。ただそれだけで、第三部まであるらしいが、あまり見る気はしない。。

    【ストーリー】
    高い壁に囲まれた巨大な迷路への扉は、朝になると開き、夜が訪れる前に閉じられる。夜の間、迷路はその構造を変化させ、二度と同じ道順は出現しない。そんな謎の迷路に囲まれたエリアに、月に一度、生活物資とともに新しい“ランナー”が送り込まれてくる。記憶を失い、かろうじて自分の名前だけを思い出すランナーたちは、コミュニティを形成。選ばれた数名が迷路の構造を調査し、この地からの脱出法を探していた。だが迷路の扉が閉まる夜までに戻らなければ、彼らに命の保証はない。生き残るため、迷路の謎を解き明かすため、トーマス(ディラン・オブライアン)たちの空前のサバイバルが始まった。

    ジェームス・ダシュナーによるSF小説3部作の第1部を、新鋭ウェス・ボール監督が映画化。謎の巨大迷路に囲まれたエリアに送り込まれた若者たちの壮絶な運命を描く。出演は『インターンシップ』のディラン・オブライアン、「月に囚われた男」のカヤ・スコデラリオ、「ギャングバスターズ」のトーマス・ブロディ=サングスター。

  • レンタル
    ★3.5

  • 2015/12/14 ハンガーゲームのメイズ版?最初は意味が分からず 設定が理解出来なかったけど、単純なストーリーの割に結構くいつけた感ありでした。ハンガーゲームよりも面白い 男子ばかりっていうのが変わった始まりだなあ…と思ってたら テレサという女子が1人現れる(やはり 花が必要か?)モンスターの蜘蛛の化物はイマイチだけど…メイズに送られ試練を与えられ、どこまで生き残り人類を救えるか?ってテーマの意味は 理解出来ない部分はあるものの なかなか 素敵な若者達の活躍で 三部作らしいけど…次にも期待して観たくなるような ゲームドラマの世界かな?
    チャックはかわいそうだったけど…。

  • 制作年:2014年
    監 督:ウェス・ボール
    主 演:ディラン・オブライエン、カヤ・スコデラーリオ、トーマス・ブローディ・サングスター、ウィル・ポールター
    時 間:113分
    音 声:英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch


    高い壁に囲まれた巨大な迷路への扉は、朝になると開き、夜が訪れる前に閉じられる。
    夜の間、迷路はその構造を変化させ、二度と同じ道順は出現しない。
    そんな謎の迷路に囲まれたエリアに、月に一度、生活物資とともに新しい“ランナー”が送り込まれてくる。
    記憶を失い、かろうじて自分の名前だけを思い出すランナーたちは、コミュニティを形成。
    選ばれた数名が迷路の構造を調査し、この地からの脱出法を探していた。
    だが迷路の扉が閉まる夜までに戻らなければ、彼らに命の保証はない。
    生き残るため、迷路の謎を解き明かすため、トーマスたちの空前のサバイバルが始まった…。

全37件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

メイズ・ランナー [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

メイズ・ランナー [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする