オデッセイ 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]

  • 561人登録
  • 3.91評価
    • (68)
    • (140)
    • (75)
    • (10)
    • (0)
  • 108レビュー
監督 : リドリー・スコット 
出演 : マット・デイモン  ジェシカ・チャステイン  クリステン・ウィグ  キウェテル・イジョフォー  ジェフ・ダニエルズ 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2016年6月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142169716

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

オデッセイ 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • さすがリドリースコットと言いたくなる作品ですね。
    火星で一人ぼっちサバイバルなぶっ飛んだ設定の割には全体的に派手さはあまり目立たなくて地味で落ち着いてますね。宇宙モノってスペースファンタジー系だと派手なドンパチありな印象ですけど、宇宙人もモンスターも出てこない作品はどれもこんな印象ですね。リアリティを感じるから地味に見えちゃうんでしょうね。

    宇宙飛行士とか航空パイロットとか、極度に狭き門をくぐって極限の環境に身を置く連中の仲間意識ってどこか想像を絶するものがありますね。

    さらに科学者ってすごいなって…
    訓練中に覚える知識も凄まじいものがあるんでしょうけど、水を生み出す方法であるとか、トライ&エラーに耐え続けられる根気良さみたいなところには感心しちゃいました。

    どんな環境においてもベストを尽くすことがいかに大事なことか…思い知らされるような作品ですね。

    しかし昨今のハリウッドに対するチャイナマネー流入はすごいですねぇ。ここ1、2年で観た作品には必ず中国人が出てるもんね。
    まぁ作る側にとってバジェットが潤沢であることはありがたいことなんでしょうけど、スポンサー要求でわざとらしくも挿入される中国のカラミシーンには、観ているこっちとしては些かアホくさく思ちゃいますね。作品の世界観が変わってしまってないですか?って尋ねてみたいです(笑)
    まぁ金出すんだから仕方ないのはわかるんですけどね。あまりにも色んな作品にグイグイ出て来るんで食傷しちゃってます。

    後どのくらいの科学的な進歩があればこう言う世界になっていくんでしょうか?そのうちノストロモ号のような貨物船が宇宙を航海する時代がやって来るんでしょうね。楽しみです。

  • 「傑作」というスタンプをポンと押したくなるような映画。ロビンソン・クルーソーの火星版だが、ロビンソン・クルーソーよりタイヘンな状況だ。どう立ち向かうのかと思った以後は意外性と感心の連続。しかもかなり科学的(な感じがする)。科学の想像力が、こちらの想像力を超えている。ロケット内で食料の生産。水の作り方。昔のロケットの利用。次に来るロケットと出会うために移動のなど。絶望的な状況であっても独り言を繰り返しながらポジティプに動く主人公が感動的だし、ディスコミュージックなどのユーモアが素晴らしい。「ホットスタッフ」を聞くとこの映画を思い出すことだろう。
    演出に手抜きがなく細部までリアルにリアルにつくりあげている。マット・デイモンの演技が素晴らしい。通信までできるようになり、そろそろ何か障害が出るのだろうと思ったら、全部が吹き飛んでしまう。NASAの追加物資のロケットは原因不明の爆発とそこまでの障害が。とこれまたこちらの予想を超えてしまう。また、これでどうやって対応するのだろうと、本で言うとページをめくる手が止まらないというところ。
    中国の参加、Uターン救出となる。ここでもNASAの最高責任者は認めない、探査機のメンバーが勝手に行くことにするなど細かい展開がうまい。
    さらにMAVシャトルでは宇宙空間にでられないとはいでいくとなどの意外性が面白い。救出場面については、宇宙服に穴を開け、それを推進力としてルイスへと近づいてくなど映画としてうまくできていること。

  • 火星版DASH村とか誰がウマイこと言えと…

    真面目に語るとスーパーポジティブマン
    (絶望に押し潰されたら死ぬからむりやり
    奮い立たせてる場面もあるけど)と彼を
    助けるべく色んなハイスペ人間が奮闘する
    人間賛歌のお話です

    久々に明るく笑えて最後にスッキリ終われる
    映画を観た!って感じになれるので前向きに
    なりたいときに是非

  • 火星に独りぼっち。助け出される可能性としては数年後。食料も大してない・・・。地球からの援助も期待できない。
    こんな状況なら、絶望しすぎて、重苦しい展開になるだろ、と思っていたら、意外と軽い感じに。
    マット・デイモンの前向きな軽妙さに救われた感じ。
    生き抜くためには、知識と行動力ももちろん必要だが、前向きな考えも絶対的に必要。
    近い将来こんなことがありそうですね。

  • インターステラー、ガーディアンズオブギャラクシーから続く感じで
    個人的には楽しみにしていた宇宙ものの流れ。
    特にガーディアン・・で好評だった音楽の使い方が
    この作品でも見られると風のうわさで聞いていたので
    期待していた。

    映像、構成、脚本どれも一級品でした。
    さすが名匠リドリー・スコット印。

    飄々とした主人公の設定からか、もっともっと緊迫していたであろうシーンが
    案外、易々と切り抜けられるあたりに
    流行のモキュメンタリーをベースに見ていたので
    若干フィクションくささが濃く感じられた。
    ま、強いて言えばという感じですが。

    ゼロ・グラビティ的綱渡り感とインターステラー的絶望感、
    アポロ13的あきらめない感が味わえた。

  • 長期にわたり火星にひとりぼっちというシチュエーションのわりには孤独や恐怖・絶望感は少なく。
    本人が意外とポジティブだからか、地球や仲間の協力があるからか、それとも船長セレクトのディスコミュージックのおかげか?
    でもあんまり深刻にすすめないのがこの映画には逆によかったのかも。
    なんだかんだいって最後のところは手に汗握った。
    ゼロ・グラビティと続けてみたけど、違いがまた面白いです。

  • すごい環境の設定なのに
    ストーリーが単調でメリハリなくておもしろくなかったw

    やっぱり頭は良い方がいいんだなぁと思ったw
    アホはあんなんなったら何もできんくて餓死w

  • マッドデイモンは演技が上手くて良い。2時間20分と時間は長いが、飽きずに観れた。

  • 苦しい時、辛い時
    どうしても悲観的になるものです
    絶望の淵に立たされれば誰だって暗くなりふさぎ込む
    投げ出して諦めてしまえばそれでおしまい

    笑ってごらん
    まだ笑えるよ

    まだ生きている、生きているってことは明日がある
    明日があるならまだ行ける
    やれるさ、やるだけのことはやれる
    原始の頃を思えば今のあなたはまだまだだから

    聞こえるかい、俺はまだまだ行ける
    行くとこまで行ってやる
    いいだろ

  • 火星のじゃがいも
    ディスコミュージック
    アイアンマン

  • 「インターステラー」のマット・デイモンと全然違う!

  • マット・デイモンのかせいでぼっちなう

  • こういうの見ると、宇宙ってやっぱ浪漫だな、と思う。

  • 思った以上に面白かった。
    マット・デイモンの絶望をぐっと抑える演技が良かった。

    マイケルペーニャはいつ見てもマイケルペーニャだな。

  • 知恵、勇気、ユーモア、前向き、時々絶望
    といった感じでしょうか。
    見ごたえありました。
    面白かったです。

  • 無人島で一人生き残りました設定が今回火星でしたと言う印象で、途中火星である事を忘れる程宇宙度が希薄。ただ、マット・デイモン演じる宇宙飛行士の幅広い知識を軸とした臨機応変な対応、性格の素晴らしさは観ていて心地良いし憧れる。

  • 絶望的な状況なのに主人公がめっちゃポジティブで面白かった。
    あんな状況やのに食べるシーンがあんなに多いのはなぜなのか。
    ドキュメンタリー番組ぽくしとるのもよかった。おまけ映像も面白かったよ。

    ところで原題ぜんぜん違うよね?なんで邦題こんなんなん?

  • マット・デイモン
    原作は海外の科学ヲタが描いたWeb小説なんやてー。
    隊長役の女の人観た事があるんよなー。ヘルプかな。
    普段ノータッチのSFだし期待せず観よったらマットデイモン可愛い!むちゃ前向き!
    専門用語がばしばし飛び交うけど???とならずストーリーがサクサク入ってくるし楽しいだけでなくウッともなって最後は涙ぐんだわ…帰れて良かったや。知らない世界の話だから、これはあーだこーだと全く言えませんがNASAはすげぇし宇宙飛行士の偉大さが改めて分かったかな。劇中のディスコミュージックが素敵なんよ
    総合的に4.5!宇宙はロマンだね、本当

  • 諦めずにがんばる主人公に好感が持てる。
    というか、登場人物がみんな前向き。
    ストーリーも分かりやすく、プラスの方向に前進している感じが良い。
    火星での生活が中心になるかと思いきや、途中から「プロジェクトX」みたいな雰囲気も出てきて面白かった。

  • 腹に刺さった棒を抜くシーンでめげかけた。

  • 映画館にて。

    映像美でもあるが、
    知性とユーモアと、
    私どツボのディスコミュージックに、
    最後まで楽しめた。

    グラディエーターでも同様だが、
    諦めず戦い続ける心を、
    壮大な舞台で演出するには、
    リドリー・スコットは天才かと。

  • 誰が言ったか「火星版ロビンソン・クルーソー」あるいは「火星版DASH村」。あの環境で絶望せずにあれやこれやと頑張るマット・デイモンの前向きキャラは非常に好感がもてます。そんな彼の奮闘ぶりと、彼を救出しようとする地上スタッフらの活躍とがバランスよく描けています。「アポロ13」のような胸アツのストーリーに、「ゼロ・グラヴィティー」のようなスケール感のある映像とのいいとこどり。ハードSFなので専門用語が難しく、ディテールがつかみにくいところだけが難点ですね。

  • 『プロメテウス』のリドリー・スコット監督が描く奇跡のSFサバイバル超大作!

    70億人が、彼の還りを待っている。

    <キャスト&スタッフ>
    マーク・ワトニー…マット・デイモン(神奈延年)
    メリッサ・ルイス…ジェシカ・チャステイン(林真里花)
    アニー・モントローズ…クリステン・ウィグ(加藤有生子)
    ビンセント・カプーア…キウェテル・イジョフォー(志村知幸)
    テディ・サンダース…ジェフ・ダニエルズ(郷田ほづみ)
    ミッチ・ヘンダーソン…ショーン・ビーン(磯部 勉)
    ベス・ヨハンセン…ケイト・マーラ(白川万紗子)

    監督・製作:リドリー・スコット
    脚本・製作総指揮:ドリュー・ゴダード
    原作:アンディ・ウィアー

    <ストーリー>
    人類による有人火星探査ミッション<アレス3>が、荒れ狂う嵐によって中止に追い込まれた。ミッションに参加した6人のクルーは撤収を余儀なくされるが、そのひとりであるマーク・ワトニーは暴風に吹き飛ばされ、死亡したと判断される。しかしワトニーは奇跡的に生きていた。独りぼっちで火星に取り残され、地球との交信手段もなく、次にNASAが有人機を送り込んでくるのは4年後。サバイバルに不可欠な食糧も酸素も水も絶対的に足りない。そのあまりにも過酷な現実を直視しながらも、ワトニーは決して生き延びることを諦めなかった。やがてワトニーの生存を知って衝撃を受けたNASAや同僚のクルーは、地球上のすべての人々が固唾をのんで見守るなか、わずかな可能性を信じて前代未聞の救出プランを実行するのだった……。

  • 絶望的な状況から、最後まで諦めず、生還。

  • 火星に一人取り残されるって、かなり悲観的な状況だけど、作品が明るさを失わずに展開していくのが面白かった!現実の国の政治的ないざこざを超えていく表現も前向きで好き!しかしマット・デイモンって何でも出来て芝居上手いなぁ・・・!

全108件中 1 - 25件を表示

オデッセイ 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

オデッセイ 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]を本棚に登録しているひと

オデッセイ 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

オデッセイ 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする