エベレスト ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

  • 143人登録
  • 3.33評価
    • (4)
    • (29)
    • (36)
    • (9)
    • (1)
  • 36レビュー
監督 : バルタザール・コルマウクル 
出演 : ジェイソン・クラーク  ジョシュ・ブローリン  ジョン・ホークス  ロビン・ライト  エミリー・ワトソン 
  • NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2016年4月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102386405

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

エベレスト ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • 事実に基づいて淡々と進むのがいい。ドラマティックに練り上げられたストーリーより、ただ登るか降りるか、その決断が連続している様子が何より心にくる。
    難波康子さんのことを初めて知った。

  • 2016/5/1 エベレスト登頂の実話 登山家というか山岳ツアーのようなものが多いのも すごく驚いたが、やはり 山に登る しかも、エベレスト制覇なんて とてもじゃないけど、山に対する知識だけでなく体力や経験って大切だなぁと改めて思う。自然は恐ろしい 山に登るって 自然界の神の領域に入ると感じられた。少しのズレが大きな惨事をもたらすし、自然界や山を甘くみてはいけないと改めて思った(絶対に登らないであろうけど…)しかし、アタックに挑む冒険者達という者は やはり制覇する喜びに進む事が出来るのかな?命懸けの体験に そのまわりを取り囲むスタッフの苦労もすごいと思った。実際には窮地に立っての素早い判断が やはり難しい。でも、やはり熟練した者だけが許される領域だなぁと痛感した。

  • アマゾンプライムで、見たが、エベレストのすさまじい自然とそこで、困難に直面する脚色抜きの人間ドラマが素晴らしかった。主人公のガイドが説明するエレベストの頂上付近になると徐々に死んでいくという、人間が生きていける場所ではないと説明する部分がすごさを物語って、実際に、そのために多く死んでしまった。

  •  20年前に起きた遭難事故。ツアーに参加していた顧客の中には日本人の姿もあり、亡くなられた難波康子さんはエベレスト登頂を果たした二人目の日本人女性登山家。キャンプまであと数百メートルという地点で絶命した難波さんを思うと、何とかならなかったんだろうかと。ひとりのエゴが仲間の未来をも奪い取ってしまう。

  • なぜ命懸けでエベレストに登るのか知りたくて観たが結局その心解らズ。1996年5月10日に起きた嵐の影響で登山家8人が死亡した大遭難事故の映画化と言うか映像化。エンタメ要素はなく文字通り命懸けで頂上を目指す彼らとそれぞれの家族の様子をただ粛々と見守る。最も心揺れたのは「ターミネーター:ジェネシス」でジョン・コナー役をやっていたジェイソン・クラークが出演していた事に気付いた瞬間。

  • 「山男にゃ惚れるなよ」だなあと思いました。
    家族を残して危険なことをするのがロマンだとはなかなか理解に苦しみます。死んだら何もかも終わりですものね。
    あと、ベテランほど確認を怠り舐めてかかるんだなと思いました。
    映像はとても綺麗だった。

  • 1996年、エベレストで実際に起こった大量遭難事件を描いたドキュメンタリー作品。実話なので、主人公が超人的な活躍をしたり、都合よく助っ人が現れたりしない。描かれるのは、八千メートルを超える高地の脅威と、それに対する人間の無力さとの対比だ。

    前半は人間ドラマに重点が置かれるが、登場するのが実在する人たちだし、その中には亡くなっている人もいるので、どうしてもキャラクターの掘り下げ方が弱い。普通なら主人公や周囲を困らせる悪役やエゴイストが登場するだろう。

    その分、後半のエベレストでのアドベンチャーシーンに期待なのだが、これまた実話を重視するあまり、リアリティーだけを求めて、手堅くまとめただけという感じ。助からない人はやはり助からないし、ふもとのベースキャンプ隊もやることは祈ることだけ。唯一、活躍するのはネパール軍のヘリコプター。全くセリフのないヘリのパイロットがやたらカッコイイのは、さすがに盛り場が少なすぎることを懸念した製作側の意向か。

    爽快感や面白みを犠牲にして実際の事故を描いた地味な作品だ。エンターテイメントとして楽しむのなら、やはり3Dシアターで観た方がいい。

  • 登頂出立の夜の
    あの震えるほど美しい山を
    見てしまったら‥、

    やはり、登りたくなるんだろう。

    引力に反し、
    神がかりな力で、
    引っ張られてる気がする。


    でも自分もガイドも
    命がかかってるのですから、
    言うこと 聞いて下さいよ。

    2016.09

  • ほんまに、なんで登るんやろな(笑)

    なんか、映画的ドラマを期待してしまうが、実際の話だからみんなあっけなく死んでまう。

    でも、実際の話は、それだけで引き込まれるな

  • エベレスト登頂の困難さを描く。難波康子さんのご冥福をお祈りします。

  • 実話をもとにしたという事で、あまりドラマチックな展開もなく、よくある感じなの話なのだけれども、山の映像美がとてつもなく素晴らしい。

  • 事前知識無しで観ました…( ꒪⌓꒪)知ってたら観なかった。
    実話から作られた映画。
    山…怖い…(´;ω;`)

    ヘリの機長さん(有吉似。多分ネパール人)が神々しかった。

  • 原作が面白かったので(タイトル into thin Air) 期待してみたが、少し残念な感じ。
    I expected to watch this DVD, because I read it before.when I watched it, I thought it was a sorry excuse for a DVD.

  • 赤岳から戻ってから視聴。
    目の前で力尽きていく人を見殺しにせざるを得ない状況がそこにある。趣味だろうがなんだろうが、「名誉」だろうが、「命をかける」ということがどういうことなのか、示唆を与えてくれる。
    ただ、最近山に登り、「神々の山嶺」を読んで「エベレストに登る」という事がどういうことなのか知っていないと、理解が追いつかないと思う。見終わった後でも、調べ直した。そして、「山に登らないぞ」とこれを見て思ってしまう人も、まずはどこかに登ってみてほしい。自分も「怖い」と思うけれど、実際に山を目の前にすると、とても美しく、魅了される人がいるのもうなずける。(わざわざ難しいルートで登るのは、自分も理解がしにくいが・・・)

  • 「何故、山に登るんだ…」
    そんな命題になんて答えるかって、
    やはり
    「世界一の場所だから…」
    それ以上の理由がいるだろうか?
    一度憧れてしまったら、
    狂おしいまでに恋い焦がれてしまうんだろうな
    目的を果たすためには
    体を鍛えて山の経験を積む、
    資金を調達して、チームを結成する。
    あとは天候に恵まれる…
    誰でもが行ける場所じゃないから
    だからこそ、行きたい…と
    願う気持ち、心が逸る。

    極限の状況で人を助ける勇気
    それを持つって事は、
    素晴らしいことなのか?
    只のバカじゃないのか?

    無理を押して寄り添う気持ちを
    理解できない訳じゃないけれど
    生き残るための判断も
    大事な気がしました。
    だって一人じゃないからね。

  • 郵便配達 シェルパ 1996 ラストチャンス

  • 顧客商売ともなると顧客満足度を最大化するという動きが働く。それが命のかかった商売であってもだ。しかし顧客も命を失ってしまっては元も子もないわけで、サービスレベルを合意しておく必要がある。冷徹にSLAを順守することが結局顧客の命を守ることになる。
    前提知識なしに本作を観はじめたわけだが、楽しい雰囲気の中に徐々にあやしげな空気が混じっていく。登頂を果たした後の天候急変になったり、登頂渋滞、その他の不都合事態が発生し、結局大量遭難事件に繋がっていく。
    妙な顧客満足向上に向かうと顧客も自分も満足しないという結果に向かってしまう…

  • これだけの映像体験を提供できるなら、余計なヒューマンドラマはいらない

  • 中盤までは良かった。
    ハラハラした。
    なのに、キーラナイトレイがしゃしゃり出てきて、
    遭難中の夫と子どもの名づけの話をしたりし始める。
    しかも、電話のシーンが二回もある。
    一回で良かったんじゃないか。
    死亡フラグが立った人が、生き残るのはまあいいんだけど、
    (実話だし)、妻があんまりで、生還してもふーんて感じ。

    お金かけてるだろうになあ。山の怖さ、っていうより、
    現場から長話、って『海猿』っぽいなあ、と思った。

  • 辛い。辛すぎる。

  • 綺麗な映像。
    雪山、登ったことないですけど、これ観たら一生登らなくていいと思いました。
    この映画で十分。
    天候がかわって雲がもくもく出てくるシーンは、迫力満点で怖かった。
    梯子を横倒しにして谷のようなところを渡るシーンは、もっと丈夫そうでで渡りやすそうなものがないのか!?っとハラハラしながらみました。
    期待を裏切らず落ちそうになってるし。
    日本の旗が頂上に刺さったシーンはなんか感動しました。やはり私も日本人です。
    それにしても、エベレストに登るには莫大なお金も時間も必要なんですね。
    でも、これが実話を元にしているというのが一番の驚きでした。

  • 劇場のIMAXにて視聴。とりあえず3Dは大してことはなかったな。

    もし「アイガー北壁」を先に見ていなかったら、心底怖かっただろうな。もちろん十分悲惨な内容で、「雪山なんて死んでも登らないぞ」という固い決心をさせてくれますが、それでも「アイガー北壁」には及ばない。なんせ、あっちは登頂する前に全滅だもんなぁ。いくら「登山は無事下山して成功」といっても、登頂に成功してるんだから、まだ救いがあるんじゃない?と思ってみたり・・・。

    キャストで最大のトラップはジェイク・ギレンホール。このキャストの中では1番の大物でしょ? 遅れて登っていてヒーロー的な活躍をするのかと思ったら、全然役立たず。

    Wikipediaで読む限り、現実に起きた遭難事件に忠実に描かれていたようで。難波康子という登山家がいたことを知ることができただけでも、見た甲斐はあったかもしれません。

  • ストーリーは事実を映画化したものだけにイマイチだけど、全編を通しての美しい映像はさすがハリウッド。
    しかし、本当にこんな感じでエベレスト登頂を目指していたのだろうか。思わずwikipediaで調べてしまった。

全36件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

エベレスト ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

エベレスト ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

エベレスト ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする