セッション コレクターズ・エディション[2枚組] [DVD]

  • 300人登録
  • 3.98評価
    • (38)
    • (68)
    • (27)
    • (7)
    • (0)
  • 49レビュー
監督 : デイミアン・チャゼル 
出演 : マイルズ・テラー  J・K・シモンズ 
  • ギャガ (2015年10月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4589921401579

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

セッション コレクターズ・エディション[2枚組] [DVD]の感想・レビュー・書評

  • フルメタルジャケット+ブラックスワンみたいな作品。
    この映画の本質は、ニーマンの鬼気迫るプレイでも、フレッチャーのハートマン軍曹ばりの狂気のしごきでもなく、同じパートのライバルが下ろされて自分にチャンスが回ってきた瞬間に隠しきれず浮かぶ優越の表情だと思った。

  • ラストはまさに執念と恩讐のかなたにある血生臭い勝利の瞬間。
    極限まで追い詰めて追い詰められて、あるか定かですらない世界の果てに、辿りついた人しか見えないものがあるんだろうな。
    緊張感がすごいね。エンドロールへの暗転の瞬間、「かっけーーーーーー!」って思わず声が出た。アドレナリン出るなあ。

  • ラスト、思いがけず涙が出て、鳥肌が立った。
    そんじょそこらの音楽映画でもスポ根映画でもない気がした。
    差別発言が繰り返され(でも孫には優しい顔をみせる)、決して気持ちが良い筈ないのに、小気味良いテンポのカット割りでつい見入ってしまう。
    主役の子は『ダイバージェント』に出てた人。
    吹き替えもなしにようやった!
    鬼教師役の人は故蜷川幸雄さん似(に見えた)顔がコワイ。
    でも彼のいう「戦って勝ち取れ」は真理。

  • 強烈に印象に残るけどそんなん無いでしょ感が残る

  • 鬼教師の指導の域を超えた罵声が恐ろしいし、緊張感がずっと続いて、もしかしてこれってブラックスワンみたいな感じなのかもと思い、中盤くらいで疲れてきた。
    個人的に、必要以上に厳しすぎる吹奏楽部なんかの指導に疑問を持っているので(恐怖や羞恥で支配しなくても良い演奏は引き出せると思うから)、フレッチャーのやり方には嫌悪感を抱いた。
    ただ、ラストまで全部観て…、それだけで終わる映画ではなかったんだと気が付いた。
    相手が憎いのに認めたい/認められたい。
    求めていたものをついに自分の手で表すことができた/引き出すことができた。
    白黒つけられない感情や、興奮の絶頂、そういったものが熱狂的な演奏ともあいまって、ラストに噴出した。

    ドラムは1曲につき1人しかできないから、主奏者の座の争奪戦が他のパートに比べてより激しくなる。
    それに、ニーマンの親戚?のスポーツマンとの会話にも出てきたけど、音楽は得点で明確に勝敗(優劣)がわかるものではない。
    そこらへんが、ニーマンの苦しみをいっそうドス黒いものにしている。薄暗いスタジオや舞台裏、ステージが、その心の内を表しているかのようだった。

    また、残念なことに音楽の世界で頂点に立とうと夢見る若者の多くは、有名音楽大学にギリギリひっかかったニーマンなんだと思う。
    見方を変えれば地味な脇役に過ぎないニーマンが、傲慢になったり、悔し涙を流したり、本当に人を殺してしまいそうなくらいな目つきで血を流しながらドラムをたたいたり、もがき暴れることで、文字通り主役級の輝きを放っていた。

    フレッチャーの音楽や教育に対する理想が後半に語られるが、彼がどうしてあのような鬼教官になったのかをもう少し掘り下げてもらいたかった。

    それでもやっぱり、音楽は楽しくやろ~よ~笑

  • セ、「セッション」み、みた。。 http://www.imdb.com/title/tt2582802/ … うおおお、わたしの100分を返せー!なにこれ、ギャグとしても成立してない。近所のバーのマスターはげらげら笑いながら見たらしいが、わたしは笑うこともできなかった。生涯最低の映画かもしらん、うう(つづく

    楽器の練習はある意味スポ根だからそれが成立してるならまだいいのに、これはスポ根でもないし、だいたい音楽自体がひでークオリティなのよ、奥さん!主人公のドラムの粒が不揃いってどゆこと。演奏は自分に酔っちゃだめ。邦題も酷いしさー、原題に沿うならセッションじゃなくてスパルタでは笑(おわり

  • 努力&never give up!
    狂気だ…狂気。
    偉大なる人物は、どんなにディスられてもそこで挫けない。折れない。そうやって生み出されて行くんだ。偉大な人物ではなくとも、折れない心、立ち向かう気持ち。これは大事な事だと思った。
    La La Landのデイミアン・チャゼル監督作品だと言う事で観た作品。有名音楽大学の冴えないジャズバンドでドラムを叩いている主人公。指揮者である先生の指摘部分を練習する事で、トップクラスの仲間入りをする。そして楽譜めくりから主奏者の楽譜を無くす事で、主奏者になる。その後も、当て馬を送り込まれたり、狂気と言える程のディスられ方をする。最後は、嵌められた感じだが、それをも乗り越えて自分がその場を仕切るまで成長する。

  • ここ数年の間に観た映画の中では断トツに印象に残った作品。
    面白いとかではなく、強烈なエネルギーを心に叩き込まれる。狂気だね。

  • 圧倒された。
    狂気だ・・・
    音楽ってさ。天才だけがやればいいよ、と思ってしまった。

    原題は“Whiplash”。
    セッションってゆう邦題、どうなの?

  • 結構に心抉られる作品。
    ハードマネジメントは容易に想像できる世界でもある。
    ただ、最後の知らない演目を演奏するのは、どんな気分か。。想像しただけで吐き気がした。

  • 2017.3.3(自宅)

    原題:Whiplash

    観終わった後、茫然。

  • 監督:デイミアン・チャゼル
    主演:マイルズ・テラー

    ちょうど、デイミアン・チャゼルのララランドがアカデミー賞有力候補と言われていた時期にみました。

    キャッチコピーは「セッション」の監督が送る。

    最初のイメージは、ダメ学生がいい指導者と出会って、音楽を通じて成長していくーっていうストーリーを想像していましたが、全然違いました。

    鬼教師が軍隊並に暴言を吐きまくって、学生が鬱になって辞めていく話です。

    なんじゃこりゃ。最後の終わり方って感じです。

  • 狂気と狂気のぶつかり合い。
    主演二人の鬼気迫る演技が光る。
    鬼教官フレッチャーはそれこそまさに狂気の沙汰。

    最初ただのオタク少年だった主人公が最後にはとてつもなく格好良く見えた。
    しかし、こんなに粋なエンディングあるだろうか。鳥肌モン。

  • ここ何年か観た中で最高に面白かった映画です。
    劇場で観ましたが、正解でした。
    圧倒的なラストシーン!!!
    本当に入り込んでしまいました。
    ただ、これは音楽ではなくて格闘技だ、という人たちの言うこともわかります。

  • 序盤からエンドロールまで、
    格好いい!!
    の言葉が溢れてたまらない。

    音楽の心地よさを体感するには、
    もってこいの作品であるのは最低限のことであって、
    切実に、その手段を取らざるをえない人間の、
    痛々しいまでの努力と、
    成し遂げる美しさと、
    それがなくては私ではないのだという生き様が、
    ビートとなって畳み掛けてくるこの高揚感。

    あるラインを越えようとする人間の愚かさは、
    時に類まれなる美しさを生む。

  • 主人公が徐々に変貌していくさまに人間の心理の生々しさを感じさせられながら、ラストへの持っていき方が素晴らしかったです。主人公と一緒に心情を揺さぶられるので良い意味での裏切りでした。
    最期の演奏シーンの光・音・映像の角度やテンポ等が最高でした。後のことは何も考えず、今この瞬間しかない、積み上げてきたものが崩れる瞬間の刹那性や快楽が爽快でした。

  • いいねいいねいいねーー

    引きずりあげる鬼と、野心の鬼と
    ラストが気持ち良いー
    延々と引きずり込まれたかった。

    カメラワーク?大好き、
    計算された構図をびしっと。
    ぐわぐわ振り回したのが嫌いなの思い出すくらい、ずばっと捉えてて大好き
    彼女が干からびたパセリみたいな扱い

  • ただの師弟物語じゃない
    繰り返されるどんでん返しが面白い
    エンディングが最高

  • 生徒である主人公と先生との単なる復讐劇、あるいは二人の師弟の単なるヒューマンドラマと片づけてしまいそうになった。自分にとっての観どころは、ラストシーンでフレッチャー役のシモンズの表情の演技が素晴らしかったというところだけかな。認めたくないものを音楽を愛する一人の人間として認めてしまったというあの表情が…そこは印象に残った。

  • 偉大なドラマーを目指す青年と鬼のような指揮者の物語。

    鬼指揮者の指導がゾッとするほどの手厳しさで見ていてとても辛かった。その指揮者の目に留まりたい主人公の狂気もすごかった。
    主人公の生い立ちというか家庭の環境にも、ドラムに執着する心境がある。そのあたりの心情の描き方がすごく生々しかったなぁ。
    指揮者の指導の意図はまあわかるけどもなんというか結局は自分のためなんだろう?っていうところがすごくすごく腹立たしかった。

    ラスト何分かが売り、みたいな宣伝を見たことがあったのでどうなるのかと思ったけど、期待し過ぎたか、まあ普通だなぁと。
    でも、ずっと主人公にとっての音楽は「他人から認められたい」ためのもので、指揮者にとっての音楽も「偉大な音楽家を輩出することが自身の栄誉」というところがあったものが、最後の最後のこの場面において主人公と指揮者の思いが「音楽そのもの」に向かい合い、重なり合ったような気がして、言葉じゃ表現しにくいけども「うおおおお!」って感じだった。

  • すげぇーーーーー。最初は、ライブハウスのトイレにいる感じ。次に格闘技の試合観戦してる感じ。死ぬほど汗かいた。そして、気づいたら完璧な映画、を見ていて、世界に入り込んで、伝説が生まれる瞬間の、ジャズコンサートを見ていた。すげぇーーーー。

  • 2016年8月2日観賞。名門音楽学校の教師フレッチャーのスタジオバンドのドラマーに抜擢されたアンドリューだが、絶え間ない叱責による圧力を受け続け練習に没頭するうちに…。目が離せない、異様な迫力を感じる映画。自分にはここまでの体験はないが、自分が受けた叱責を隣の奴が受けているときに感じる居心地の悪いような奇妙な快感、異常教師がもらす本音に「お前がそれを言うなよ」と言いたくなる感じなどが本当にいたたまれない。異常なプレッシャーを受け続けた先に天才が産まれたり、超ブラックな職場を切り抜けた果てにスキルが身につく、というのがあながち嘘でもないところが現実としては難しいわな。

全49件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

セッション コレクターズ・エディション[2枚組] [DVD]を本棚に登録しているひと

セッション コレクターズ・エディション[2枚組] [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

セッション コレクターズ・エディション[2枚組] [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする