下町ロケット [Kindle]

  • 268人登録
  • 4.30評価
    • (40)
    • (42)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 27レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 小学館 (2013年12月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (496ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

下町ロケットの感想・レビュー・書評

  • 特許にまつわる大企業と中小企業、中小企業同士の駆け引きの中で、自社の向かう方向と社長の思い・・・など競争世界と駆け引きを描いた作品でした。

    予想した設定や展開とは少々違っていたが、厳しい社会の中で得られる達成感はいいものだと考えさせられました。

    ただ、自分が置かれるとなれば・・・大変そうですね。

  • 小さな町工場で、資金繰りに苦しみながらも
    大企業と張り合い、夢を追い続ける社長。
    社内では反対の声もあったが、
    次第に1つになっていく。
    夢はあきらめず、追い続ければかなうと思えます。
    (Yuki)
    また、人の温かみを感じることができます。
    もちろん、感動を味わえます!!

  • 中小企業のチャレンジを描いた本。元ロケット開発研究者が、父親のメーカーを引き継いだ。取引先の急なキャンセル、資金を提供してくれない銀行、競合他社からの特許侵害起訴など、降りかかる大きなピンチ。
    そこから這い上がり、大企業進める新型宇宙ロケット計画への参入。
    人間味あふれる部分や、大企業のドロドロした部分、久しぶりにはまった良書です。是非、続編も読みたいと思います。

  • ドラマを先に見てしまったからイメージが、、、

  • 単純なストーリーで先がなんとなく見えていても気になって夢中になって読んでしまったよ。モノづくりはやっぱりいいね。

  • 普段一切小説を読まない派。一度読み始めると生活に支障を来たすほど読むのを留められなくなるから。退職してある程度時間ができたので、Kindleを買ってみた。そこで初めて買った小説。日本人男性のロマンが詰まってますね。いやーおもしろかった!

  • ドラマが好評中だったので(見ていない)、お試し版を購入。サラッ〜と読み進み、お試し版終了した瞬間ソワソワしたので一冊まるごとを即購入。

    前半の会社vs会社の戦い、後半の佃vs社内・社外の人間の戦いどちらも登場人物の感情が見えて、すごい引き込まれました。

  • おもろい。宇宙すき。

  • おもしろい!以前、テレビで見たルーズベルトゲームを思い出させる作品。(下町ロケットのドラマは、見ていないので…)男たちが、熱いね〜!

  • 池井戸潤 2011年の直木賞受賞作。池井戸潤は「オレたちバブル入行組」が今一だったのでちょっと手が遠のいていた作家なのだが、たまたま銭湯で阿部寛主演のドラマ化作品をチラッと見て、面白そうだと思ったので読んでみた。

    相変わらず、登場人物がどいつもこいつも子供じみていて、「そもそも最初から普通に仕事をしていれば、何事も起きてないでしょ、これ」という印象で感情移入できない。しかし、序盤の特許論争、資金繰りを巡る駆け引き、中盤の技術テストや経営者としての葛藤、終版のテスト失敗原因調査、クライマックスのロケット打ち上げシーンと次から次へと見せ場を作る手法は現代エンターテイメント小説らしい盛り上げ方で、一気に読ませる力はすごい。しかも、プロットとしては「最後は特許持ってんのはウチだもんね」という安全弁がある上でのストーリー運びなので、「この盛り上げ方は純粋に著者の筆力に拠るものだけ」というのが判って余計にすごい。

  • 2015年12月4日読了。

  • 読むの2回目だからすぐ読める。テレビドラマも見てます。

  • 昨年、母にもらったものの、本棚で眠っていたが、テレビドラマで初回をみたが最後最後まで読んでしまった。興味が持てないい本に映像を絡めることで興味づけるという方略の有効性を自分で示してしまった。

  • ドラマ第1話を観てどうしても続きが気になって、kindleで購入。やっぱり面白すぎて一気読み。同作者の半沢シリーズもそうでしたが、主人公を窮地に陥れ、そこから起死回生の爽快感はクセになる。
    クライマックスとも言える、元銀行員・殿村さんのセリフがかっこよすぎ!これを主人公の佃ではなく殿村さんに言わせたのが良い。
    主人公の夢がみんなにとっても夢になった瞬間。泣ける。

  • 会社の規模に関係なく、技術とか実力があれば、勝つことができる。中小企業に働く人に夢を与えてくれる作品だった!
    企業で働くことって、正義だからとかそーゆーの通用しない世界だと思うけど、やっぱり夢がある人とか信じたことを真っ直ぐ取り組む人に日が当たるんだな、って。フィクションだけど信じたくなった。

  • 【電子版】
    2015.10.5 ~ 9 読了
     先読みできるストーリーで、技術屋には知財がらみの話もよく分かる内容、軽いタッチでさらさら読ませてくれる。安きに流れずメーカーの王道を貫くところは「半沢直樹」にも通ずるところ。現代では希少価値の行動ゆえにベストセラーになるのかな。

  • なかなか面白い、銀行の悪辣さがよくわかります。

  • よかったー!男の夢とかプライドの話で泣けると思わなかったけど感動して泣けた。バルブって何かわからないまま読み終えてしまった。読後は爽やかな気分。難しい例えとか回りくどい言い回しがなくて読みやすかった。

  • 追い込まれて逆転、追い込まれて追い込まれて大逆転…ドラマ化された原作と同じような展開がわかっていても、面白かったです。
    大企業の製品造りと、いわゆる中小企業のモノづくりに対する考え方や取り組み方の違いが、わかりやすく描かれていたせいかもしれません。

    やれるだけのことをやって、うまくいった暁には、やっぱり泣かされました。

    モノづくりっていいな、祖父や父はやっぱり凄いと思うと同時に、そういう道を選ばなかった理由を、少し考えさせられました。

    モノをつくらなくても何かを残せるのか、真剣に考えてみたいです。

  • 私の中では主演は堤真一さんだったな。

  • 眠くなるまで少しだけと読み始めましたが、それから3時間ほどかけて一気に読み終えました。感動して逆に眠れそうにもありません。

  • 以前読んで、また読みたくなったので再読

  • 仕事に対する熱い想いとか懐かしい

全27件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

下町ロケットを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

下町ロケットを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

下町ロケットのハードカバー

ツイートする