下町ロケット [Kindle]

  • 277人登録
  • 4.30評価
    • (40)
    • (42)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 27レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 小学館 (2013年12月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (496ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

下町ロケットの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 特許にまつわる大企業と中小企業、中小企業同士の駆け引きの中で、自社の向かう方向と社長の思い・・・など競争世界と駆け引きを描いた作品でした。

    予想した設定や展開とは少々違っていたが、厳しい社会の中で得られる達成感はいいものだと考えさせられました。

    ただ、自分が置かれるとなれば・・・大変そうですね。

  • 小さな町工場で、資金繰りに苦しみながらも
    大企業と張り合い、夢を追い続ける社長。
    社内では反対の声もあったが、
    次第に1つになっていく。
    夢はあきらめず、追い続ければかなうと思えます。
    (Yuki)
    また、人の温かみを感じることができます。
    もちろん、感動を味わえます!!

  • 中小企業のチャレンジを描いた本。元ロケット開発研究者が、父親のメーカーを引き継いだ。取引先の急なキャンセル、資金を提供してくれない銀行、競合他社からの特許侵害起訴など、降りかかる大きなピンチ。
    そこから這い上がり、大企業進める新型宇宙ロケット計画への参入。
    人間味あふれる部分や、大企業のドロドロした部分、久しぶりにはまった良書です。是非、続編も読みたいと思います。

  • ドラマを先に見てしまったからイメージが、、、

  • 単純なストーリーで先がなんとなく見えていても気になって夢中になって読んでしまったよ。モノづくりはやっぱりいいね。

  • 普段一切小説を読まない派。一度読み始めると生活に支障を来たすほど読むのを留められなくなるから。退職してある程度時間ができたので、Kindleを買ってみた。そこで初めて買った小説。日本人男性のロマンが詰まってますね。いやーおもしろかった!

  • ドラマが好評中だったので(見ていない)、お試し版を購入。サラッ〜と読み進み、お試し版終了した瞬間ソワソワしたので一冊まるごとを即購入。

    前半の会社vs会社の戦い、後半の佃vs社内・社外の人間の戦いどちらも登場人物の感情が見えて、すごい引き込まれました。

  • おもろい。宇宙すき。

  • おもしろい!以前、テレビで見たルーズベルトゲームを思い出させる作品。(下町ロケットのドラマは、見ていないので…)男たちが、熱いね〜!

全27件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

下町ロケットを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

下町ロケットを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

下町ロケットのハードカバー

ツイートする