人類総プログラマー化計画~誰でもプログラミングできる世界を目指して~ [Kindle]

  • 13人登録
  • 3.80評価
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 清水亮
  • 技術評論社 (2015年7月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (196ページ)

人類総プログラマー化計画~誰でもプログラミングできる世界を目指して~の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • enchantMOONという手書きタブレットを世に出したUEI社創業者の清水さんの格闘記。enchantMOONは、ネットニュースなどでちらりと見たことがあったが、コンセプトは悪くないけれども製品についてはわりと酷評をされていたような印象がある。いずれにせよ、それほど強く印象を持っていたわけではなかった。こういった製品を世に出すのは、スポンサーシップやビジネス面も含めて簡単なことではないだろうなとは思っていた。

    プログラマーでない人間にもプログラムを体験してもらおうというのがenchantMOON開発のモティベーションだという。本書のタイトルにもその思いが反映されている。6歳からBASICを触っていたという1976年生まれの著者。同じようなプログラミングを体験するのは今後の世代ではいなくなるのではないかと危惧している(同じ世代でも同じような体験をした人は少ないと思うが)。「寝ても覚めてもプログラミングをするという資質こそが、僕が常日頃から掲げる「優れたプログラマ」になるための一つの条件」というが、そうでない人にもプログラミングの楽しさを提供するということが目標なんだと思う。

    本書では人物がすべてフルネームの実名で登場する。おそらくはこの本を技術の話ではなく、人の話にしたかったということなんだと感じた。同時にプログラミングというのが実に人間的なものであるかもわかる。また、嫌われることもいとわないリーダーシップが優れた製品作りには必要なのだということも教えてくれているように思う。enchantoMOONの”MOON”はNASAのアポロ計画になぞらえている。S-IIやGEMINIなどもアポロ計画から取られている。人類を月に送る、という目標を共有して突き進んだアポロ計画に、日本の大きくないベンチャがハードとソフトからすべて作り上げるという壮大さを投影している。それは、この本の最後のあたりでもにおわされているが、まだ現在進行形のものであるようだ。それは日の目を見ることができるのだろうか。


    自分はほとんどプログラミングをすることなくここまで来た。資質的なベースは向いていないと思っていないので、実は少し残念にも思っている。enchantMOONの話だとは思わずにタイトルに惹かれてこの本を買ったのだが、その辺の思いもあったりするのだ。

    enchantMOONのホームページ
    http://enchantmoon.com/ja/

    ----
    この本を読んでまもなく、enchantMOONの販売中止のアナウンスが流れてきた。詳しくは以下の2015年12月2日付のブログポストを。本の中でも、このブログの中でも語られているとおり、新しいハード+ソフトを準備中だとのこと。清水さんはそのことを力強くときに自らにも語り掛けるように語っている。
    http://d.hatena.ne.jp/shi3z/20151202/1449013058

  • enchantMOON、大変だったんだなぁ……というのと同時に、逆にAppleやGoogle、Amazonら現代のハードウェア巨人たちのすごさが際立つ。

    清水さんの思想にはすごく共感する。必ずしも「コーダー」である必要はないというが、思いついたらすぐ実装というフットワークの軽さに憧れる。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

人類総プログラマー化計画~誰でもプログラミングできる世界を目指して~を本棚に登録しているひと

人類総プログラマー化計画~誰でもプログラミングできる世界を目指して~を本棚に「読みたい」で登録しているひと

人類総プログラマー化計画~誰でもプログラミングできる世界を目指して~を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする