ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。 [Kindle]

  • 98人登録
  • 3.87評価
    • (11)
    • (15)
    • (9)
    • (2)
    • (1)
  • 15レビュー
  • ヴォイス (2015年7月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (170ページ)

ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シンプル&ストレート。
    今の私に必要な本。

  • やりたくないことに人生を使わず、ワクワク出来ることを全部やりきろうぜ、なぜなら、そのほうが、人生楽しいよという本。著者は、マイク・マクマナスというアメリカ人で、仕事中心というより、社会活動に力を入れていたであろう人物。前半は、落ちこぼれを彼らの興味あるところから立ち直らせていくストーリー。固定概念、お金がないから出来ないなどの言い訳、優先順位を付けて順番に、等など、そんなの関係ないとな

    物事を前向きに考えることができる点では、いくつもの激励とも受け取れる言葉があるし、たしかに、自分のやりたいことをやったほうが良いよなと思わせてくれる。本書では、バランスも大事だと言っているし、無責任な感じは受けない。

    いろいろと、毎日の雑事に忙殺されていると思う人は、手にとって読んでみるのも有りかと思う。

    自分のやりたかったことを言い訳して、やりたくないことばかりをやっている人生なんてツマラナイよねって一息つけた。

  • 仕事が忙しくて、中々新しいものを読めてなかったけど、これはそんな状態で読むには中々良かった。

    やりたいことは直ぐに全部一気にやれ、といった内容だけど、ちゃんと社会貢献とか仕事にも関連するようになっていたので、ただ遊びまわるワケではないところに納得感。
    「人生で何を成したいか」なんて考えたこともなかったしちょっと大ごとすぎる気がするけど…。
    あと、やっぱいきなり実践は難しそう…。


    それでも、読み終わって、仕事の忙しさを理由に好きなことしなくなってたなぁと久々にペンタブを握ったら凄く楽しくて、その感覚が嬉しくて夜中に泣いた。
    こんなに好きなこと忘れてたとか、どうかしてる。って事に気付いただけで私はこの本を読んで良かったと思う。

  • ワクワクすることに源泉があるということは、読んで厭というほどわかった。
    ただ、事例・・・というか、筆者やその生徒の経験談のほうが多く、胡散臭い印象は受けた。
    メソッドに着目すると結局のところ「考えるな感じろ」という一言に集約できるのだろうと思うのは、まだ理解が乏しいからだろうか?

  • 能力がないとか、お金がないとか、向いていないとか言い訳しないで、やりたいことを全部やれという。年も言い訳にしてはダメ。
    好きでなくても能力がありそうなことを職業にしろという話と正反対の理論。
    うまく行った人の例ばかり。皆がそうできる理屈は皆無。
    肝心な内容はセミナーを聞くかプログラムを買えと。結局、釣りかい。。。。。

  • ん〜

  • ワクワクの原点かな。

  • 読後、これからの自分の人生にワクワクしてきた!

    この本テーマは「自分がやりたいと思う事は全てやろう!」ということであり、今まで自分が思っていた、何かをやり遂げたいのなら何かを諦めなければいけないというトレードオフの考えとは真っ向から対立するものだ。

    目標を設定する必要はない、自分の直観を信じる、好きだけど能力や、適性がないと思う場合はなおさらそれをやる!など社会通念となる考え方に対して、ことごとく対立する姿勢は読んでいて面白かった。

    やりたい事をすべてやる!

    すぐに効果が現れる特効薬ではないけれど、少しずつ人生がワクワクしてきて面白くなってくると自分の直感が言っている。

    なんとなく過ごしてきた今日までの人生を少しでもワクワク楽しむために、今から始めたいと思います(^-^)

  • 結局、楽しいと思ってやってる人間が最も強く、幸せだ、
    そう感じさせられた本だった。
    楽しいと感じるから、意欲的に取り組むことができ、
    周りに認められ仕事が舞い込んでくるという理論。
    楽しいと感じることを追求することこそ最も責任があり、
    大切な行為だとまで断言している。

    この本を読んでから、実際に日常生活に何かワクワクすることはないかと考え始めるようになった。
    時間を忘れて没頭できる何かを持っている人は、
    幸せだと思う。
    私もそうなりたいと思うようになりました。
    仕事にとらわれずワクワクすることを行う生活を送りたいと思います。

    前向きになれる本だと思います。

  • 「ワクワク」を人生をドリブンさせる為の材料として用いようという内容。まさにその通りであるが、個人的には、「好きでないことも無理矢理好きになる」方が、より高尚な気がしなくもない。
    「潜在意識が間違うことは無い」というスタンスには共感。これを念頭に置くと、気持ちが楽になるね。「会社で過ごした時間は決して戻ってこない」という言葉も意味深だ。問題がある、仕事が忙しいを理由にして、やりたいことをしないまま生きてはならないと思う。なぜなら人生に問題はつきもので、問題がなくなることは無いから。永遠にやりたいことが出来ないことになる。

全15件中 1 - 10件を表示

マイク・マクマナスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
ジェームス W....
ジェームズ アレ...
松下 幸之助
デール カーネギ...
佐々木 圭一
谷口 貴彦
デイル ドーテン
有効な右矢印 無効な右矢印

ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする