オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分 [DVD]

  • 154人登録
  • 3.09評価
    • (1)
    • (25)
    • (35)
    • (18)
    • (1)
  • 35レビュー
監督 : スティーヴン・ナイト 
出演 : トム・ハーディ  ルース・ウィルソン  オリヴィア・コールマン  アンドリュー・スコット  ベン・ダニエルズ 
制作 : スティーヴン・ナイト  スチュアート・フォード  デヴィッド・ジョーダン  スティーヴン・スクランテ 
  • アルバトロス (2015年10月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4532318409986

オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 終始、車内のみの映画。
    世間の評価は高いが微妙。

  • トム・ハーディ、見ていて鳥肌がたった。強気に高速に乗ったように見えたけど、車中どんどん孤独になっていくのがすごく怖かった。表情とか声とか目線とか、全部から焦りと手の汗が伝わってきた…トム・ハーディの他の作品も見なくては。

  • ある勤勉で実直で家族思いの1人のオッサンの物語・・・
    オッサン、仕事ぶりは一流のようで、そこそこ稼いでいるよう・・・
    熱心なサッカーファンでおウチで家族と一緒にサッカーの試合を観戦する・・・
    はずだった・・・
    が・・・
    ある事情で・・・
    それが不可能になった・・・
    明日の超大事な仕事にも行けない・・・
    信頼する部下に任せて、行かねばならない・・・
    いったいどこへ?
    職場から車で向かう先というのは・・・
    病院・・・
    浮気相手の・・・
    出産に立ち会うためにハイウェイを往く・・・

    邦題は・・・
    オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分
    その名の通り、86分間ほとんど高速を飛ばす車中のシーンのみ・・・
    部下への電話・・・
    上司への電話・・・
    息子への電話・・・
    妻への電話・・・
    出産間近の浮気相手への電話・・・
    などなど、電話電話電話・・・
    たまーに、オッサンのロクでもねぇ父親(故人)への一方的なエア会話があるだけ・・・
    あとは全部電話・・・
    自分の蒔いた種のせいで次々にまき起こる問題がオッサンを追い詰めていく・・・
    オッサンがこれまで積み上げてきたモノが崩れていく・・・
    この映画は・・・
    86分間・・・
    車ん中のオッサンの苦悩とイラツキを観ているだけ・・・
    『登場』人物はオッサン1人だけ・・・
    斬新といえば斬新・・・
    だけれども・・・
    話は説教くさいストーリーで、パンチに欠ける・・・
    何せ車中で電話しているだけですからね・・・
    それを良しとするかどうか・・・
    苦しむオッサン、トム・ハーディの演技は良かったけど・・・
    うーむ・・・
    悩ましい映画ですこと・・・

  • 最初から最後まで、ハイウェイを走る車内だけで展開していくワンシチュエーションムービー。
    感じ方は様々だと思うが、私にはどこかクラシックな文学的な印象を受けた。
    なので海外の古典文学が好きな方は楽しめるのではないかと思う。
    正直言って盛り上がりに欠けるが、86分のワンシチュエーションのみで一人の男の人生が何となく見えてくるのはなかなかすごいなと思った。

  • ちょいワルそうなおじさん(トム・ハーディ)が運転しながらあちこちに電話。淡々と物語は進む。そして淡々と終わった。

    えーと、、、浮気はアカンよ。

  •  訳あって男は深夜の道路を車を走らせながら、色んな人と車内電話を続ける。そんな男の車中の86分だけを流す異色の映画。

     電話での会話だけを通して全ての事情を説明していく意欲作。国家的な陰謀とかでないのがいい。
     主役はマッドマックスでも車を走らせまくったトム・ハーディ。彼以外の登場人物は全て声だけ。
     たった86分車を走らせている間に男は全てを失ってしまう。しかも目的にも間に合わない。でも一筋の希望がないでもない。濃厚な86分を見せてもらった。

  • 1:26

  • 制作年:2013年
    監 督:スティーヴン・ナイト
    主 演:トム・ハーディ、ルース・ウィルソン、オリヴィア・コールマン
    時 間:86分
    音 声:英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタルステレオ


    その夜、建築現場監督としてキャリアを積み上げてきた建設会社のエリート社員、アイヴァン・ロックは、妻カトリーナと二人の息子たちが待つ自宅へと愛車BMWを走らせていた。
    翌朝は現場で重要な作業を控え、キャリアの中でも最高の瞬間になるはずだった。
    だが、一本の電話が彼に人生の全てを賭ける決断を迫る。
    しばらく考えを巡らせたアイヴァンは、自宅から遠く離れたロンドンへと連なるハイウェイにハンドルを切った……。
    そんな中、アイヴァンのもとにはひっきりなしに電話がかかってくる。
    上司のガレス、現場作業員のドナル、カトリーナ、子供たち、そして過去にアイヴァンと関係を持ったベッサン……。
    ロンドンが近づくにつれ、アイヴァンを取り巻く状況は公私共に悪化の一途を辿っていくが……。

  • 登場人物は男ひとり、場面は車内だけという設定。他人のレビューでは、この設定への不満も見られるがバカモンと言いたい。こんな映画づくりに挑戦した作り手は大称賛ものだ。

    電話がかかって着過ぎだろ!とか、キャリア(ワーク)そしてライフ(プライベート)における最大級の危機が同時に起こるか!?とか、ツッコミどころは満載だが、他者とのフェイストゥーフェイスの場面が一切無い中で、主人公は何者で、どんな信念を持ち、なぜその信念を持ったのか、について表現できている(まぁ、こうしたツッコミができる要素があるから表現できるのだが)。そして面白いのは、仕事と家族を捨ててまで向かう先にも関わらず、そこは彼にとって大した意味は無いということ。その場所ではなく、向かうという行為が彼の信念を表している。

    憎しみに依拠した信念は虚しく悲しい、そんな視聴後感だった。

  • 良い終わり

全35件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする