新劇場版 頭文字[イニシャル]D Legend2 -闘走- [Blu-ray]

  • 18人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (4)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
監督 : 中智仁 
出演 : 宮野真守  諏訪部順一  中村悠一  小野大輔  阪口周平 
制作 : 羽田浩二  しげの秀一  関島眞頼 
  • エイベックス・ピクチャーズ (2015年11月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4562475256338

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

新劇場版 頭文字[イニシャル]D Legend2 -闘走- [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • あ、すごい。と最後までまったく飽きずに観終えて思いました。
    なにがって、前作よりもキャスト陣がなじんできている。
    アニメ版の重圧は相当なものだと想像するのですが、ちゃんとキャラに寄せてきている。さすがの演技です。

    とはいえ、やっぱりどこかでアニメ版の声を探してしまうような場面も。拓海のキレたときは好きでしたが、ぼんやりしているときの演技は、やっぱり三木さんの方が好き。

    私が大人になってしまったからなのか、アニメ版を観ていたときよりも、各キャラが幼く見えました。中里さんってあんなに爽やかだったっけ?庄司は、なんだかんだ言ってクルマが好きなんだね。そしてあんなゲスいことをした彼を助けるスピードスターズの皆さん、良いひとすぎる。樹も、アホさ加減が減ったように思います。うーん、演出や演技の問題なのか、それとも私の感覚の問題なのか。

    中里バトルと庄司バトルの2本立てですが、中里バトルに向かわせる店長にしっかり引っかかる拓海が可愛い。シンデレラ城のミステリーツアーだとか赤いバラの花束を贈るだとか、涼介さんの頭は意外とメルヘンなんですね。

    1作目よりも楽しめました。

  • ナカザトの熱いセリフ感は、オリジナル作品のほうが有った。そのかわり、とても渋くなっていた(姿もしゃべりも)。

    バトルの走行シーンは、マンガ雑誌の絵のようにスピード感を出すためか、車の外側に多数の縦線が引かれていた。(これは、Legend1には無かった気がする)

  •  前作にくらべると盛り上がりに欠けるように思えます。マンガやアニメ版と比べ、ストーリーがだいぶ省略されているのでかなり急ぎ足でした。笑ったり一息つくようなシーンがほとんどないので展開がちょっと単調に見えてしまいます。セリフも変更されていたり削られていたりしたのは残念でした。
     峠でのバトルシーンは迫力満点でわくわくします。やっぱりスポーツタイプの車は走っている姿がかっこいいですね。限界走行ならなおさらです。
     今作で一番の魅力はかわいいなつきちゃんかもしれません。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

新劇場版 頭文字[イニシャル]D Legend2 -闘走- [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする