風に立つライオン (DVD) 2枚組(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)

  • 120人登録
  • 3.73評価
    • (13)
    • (24)
    • (18)
    • (4)
    • (1)
  • 33レビュー
監督 : 三池崇史 
出演 : 大沢たかお  石原さとみ  萩原聖人  鈴木亮平  藤谷文子 
  • バップ (2015年10月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988021144551

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

風に立つライオン (DVD) 2枚組(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)の感想・レビュー・書評

  • 何なんだろう?
    聞いたところでは大沢たかおがさだまさしの原曲を聞いて感動し、本を書いてくれと頼み、書いた小説が原作とか。。
    おまけに一般的にはまぁまぁよいレビュー。私、おかしい?
    大沢たかお、どうした?大丈夫か?
    いや、曲や小説はきっといいんだろうな。(読んでないから知らないけど)
    ただ、この映画はいけてませんねぇ(私、おかしい?、、笑)

    無理やりお涙ちょうだい物語にしてるみたい。
    感動は押し付けるもんじゃありませんよ、バカにしないでほしい。

    このモデルになった人はまだご存命だという話、聞きました。
    なのに作中では主人公島田さん(大沢たかお)危険だから行くのやだって言う運転手の言うこと聞かずに危険地帯に行って殺されて、遺体が見つからないって、、、、、はぁぁぁっ??て思ったよ。

    ついでに言わせてもらうと、東日本大震災なんて入れる必要あります?ああああ、ちょっと間に観た天空の蜂を思い出してしまったわ。
    いけてなさすぎ。

    三池監督、私にはダメかも。他は13人の刺客しか見てないけど、あれもダメだったし。

  • 後半、「治療後に再び兵士になる少年もいる」とミケを連想させつつ、ラストで医者になった彼を登場させるのは少しあからさまにすぎる。絋一郎を死なせる必要もない。実話なら他に描き方があったように思う。
    石原さとみと真木よう子は素敵。

  • 1987年、医師・航一郎は長崎の大学病院からケニアの研究施設に派遣される。アフリカ医療に生涯をささげたシュバイツアーに感銘を受けた航一郎は恋人を日本に置いて同僚とともにケニアへ。任期を終えた後もケニアに残り現地の赤十字病院で怪我人の治療にあたるが、体の怪我より大きな問題は心の問題だった。。。
    映画『風に立つライオン』公式HPより要約

    帰国の飛行機の中で。ケニアではないけれど、アフリカから帰ってきたところだったから、より身近なものとして映画を見た.
    子どもたちが武器をもって、戦場に立たなければならない状況は理不尽だが、現実.きれいごとは安全なところにいる人間がはくものだと思う.でも、”誠実”はきっと人の心に響く.私は自分のやっていることが、現地の人にとって誠実であるかを、この映画を見ながら自身に確認しなければならなかった.
    信念を貫くことは大切なことだけれど、人の生命を奪って成り立つ信念は、どこか歪んでいると思う.恨みは恨みを呼ぶ.どこかで断ち切る勇気のある人がでないとなくならないのだろう.世界から戦争をなくすことは難しいのかもしれないけれど、恨みにかられた人の心は煮えたぎっているのだろうけれど、”赦す”ことができないと、戦争はなくならないのだろう.
    医師・航一郎は最後には殺された(遺体は見つからなかったらしいのではっきりとそうは描かれていないが).哀しいかな、これが現実なのだと思う.

  • 実話を下敷きにしている作品。こういう方々がいらっしゃることで、救われている命がたくさんあることを考えさせられます。

  • 映画は2015年公開ですが、原作のさだまさしは1987年にシングル曲として発表。この曲を元に2013年に小説化した。映画に関しては架空の人物として描かれているが、曲は実際のモデルとなった人がいる。

    監督はあの三池崇。さだと三池の2人。表現する手段が一見すると対極にいるような感じがする。この二人がどう交わるのか、凄く興味がありました。

    観る前は三池がどう戦場を表現するか、CGとか使いド派手に描くのではないだろうかと思ってました。良い意味でその予想は裏切られました。改めて三池崇の凄さを感じました。こんな作品も撮れるんだと。

    主演の大沢たかおは、曲を聴いて、さだに原作小説を依頼した。映画化も企画段階から関わった。
    昔、酒井法子主演したドラマ「星の金貨」で青年医師役のイメージが重なりました。その時の遺子りも落ち着きと安定感の中に内に込めた熱意を感じる医師を演じてました。良かったです。

    物語的には哀しい終わり方をしますが、その哀しさを越えた所に灯が見えました。そして、その灯の向かうに心に残るモノが待ってます。

    エンディングのさだまさしの歌が良い感じで締めてます。

  • 制作年:2015年
    監 督:三池崇史
    主 演:大沢たかお、石原さとみ、真木よう子、石橋蓮司
    時 間:139分
    音 声:日:ドルビーデジタル2.0ch/ドルビーデジタル5.1ch


    1987年、医師の航一郎はケニアの研究施設に派遣されることになる。
    アフリカでの医療奉仕活動に身を捧げたシュバイツアーに憧れ医師になった航一郎にとってまたとないチャンスではあるものの、離島医療に従事する恋人の女医・貴子と遠く離れることにもなった。
    ケニア赴任から半年後、現地の赤十字病院からの1ヶ月の派遣要請を受け向かった航一郎は、次々に運び込まれる麻薬を打たれ戦い重傷を負った少年兵たちの姿に衝撃を受ける。
    航一郎はこの病院への転籍を志願し、同じ病院に派遣されてきた看護師の和歌子と力を合わせ過酷な状況下でありながら懸命に従事。
    傷ついた少年たちを温かく包み込む彼は、彼らの良き友、良き師となっていく。
    そんな中、目の前で両親を殺害され心の傷を負いながら麻薬でかき消された深刻な状態のンドゥングという少年兵が病院に担ぎ込まれる…。

  • この映画をみての正直な感想は、
    人間は、どんなに強そうに見せても、
    結局はとても弱い生き物だということだ。
    コウイチロウも自分の弱さを知っているから、
    がんばれ、がんばれ、と自分へ言い続けた。
    『お願いだから しあわせになってください』
    は、それ以上の言葉を紡ぎ出せないほどの、
    悲痛すぎる叫びだった。
    自分がやっていることに、本当は自信もない。
    生きているだけで、震えるほどの恐怖なのだ。
    頑張っても頑張っても、
    彼は、ライオンにはなれなかったのだ。


    それでも、コウイチロウは本気で生きようとした。
    そこに、勇気をもらった。
    自分は、本気で生きられているか。
    コウイチロウを、常に心に刻みこんでいたいと思う。


    種を蒔くこと。
    この映画には、たくさんの種が蒔かれていた。
    どうしても実や花にばかり目がいってしまうけど。
    でも、僕はこの世界にどんな種を蒔けてるんだろうか。
    《未来は、そのためにある。》

  • 思っていたより、ずっとよかった‼︎
    泣きましたぁ。

    「がんばれ」と、自分自身に。

    「やべっ」「いただきます」伝わる日本語。

  • 風に立つライオンは名曲中の名曲だと思います!

  • 辺境、紛争の地ケニアで多くの命を救った日本人医師の話。

    「ガンバレ!」は世界共通の元気の出る言葉だ。

  • さださんの曲は聴いたことがあったけど、そのウラにこんなストーリーが隠されていたとは知りませんでした。子どもに見せたい良い作品です。

  • その信念は確かに受け継がれた、愛という形で。

    幸せは物質的では無い。

  • 大沢さん演じる医師が「これからどうするの?」と聞いたのに対し、「スーダンに戻って、また戦う」と答えた会話が印象深かった。

    キャンプファイアーのシーンも良かった。

    手榴弾のシーンは…結局死んだのか死んでないのか。

    夕焼け空が恐ろしく綺麗だった。

    “1987年、日本人医師・航一郎(大沢たかお)は、大学病院からケニアの研究施設に派遣される。アフリカ医療に生涯を捧げたシュバイツァーの自伝に感銘を受け医師を志した航一郎にとって、それは願ってもいないチャンスだった。しかし、それは恋人との長い別れも意味していた。父の跡を継ぎ、女医として離島医療に従事する貴子(真木よう子)を遠く日本に残さなければならなかったのだ。理想を胸に研究と臨床の充実した日々を送っていた航一郎は半年後、現地の赤十字病院から1か月の派遣要請を受ける。物見遊山のつもりで赴いた彼は、重傷を負って次々と運ばれてくる少年が、みな麻薬を注射され戦場に立たされた少年兵である事実に愕然としながらも、この病院への転籍を志願する。そんなある日、病院に少年兵・ンドゥングが担ぎ込まれる。彼は銃傷よりも、両親を目の前で惨殺され、麻薬でかき消された心の傷が甚大だった――航一郎は、そんな彼の心の闇に真正面から向かっていくのだが……”

  • 2016/3/6
    良い映画でした。

  •  さだまさしの名曲『風に立つライオン』を映画化。
     アフリカで少年兵たちと向き合う医師を描く。

     歌のモデルである柴田紘一郎さんがアフリカに行ったのは70年代。映画(小説)の舞台は90年代。この20年のズレは実は重要で、アフリカの少年兵はここ30年くらいで急増していて、それまではあまりなかった。
     『風に立つライオン』という多くの人が知っている歌を物語化するにあたって、少年兵というテーマを乗っけたのはすごく意味があったと思う。
     重たいテーマに負けない映画になっていて、最後に『風に立つライオン』が流れた時はバーっと涙が。。。
     そもそも主役の大沢たかおがさだまさしに歌の物語化(小説化)を頼んだらしい。大沢たかおの情熱が映画いっぱいに溢れている。
     
     これは絶対、地上波放送しないとダメですよ!

  • 映画で。リアルではあったけれど、終わった後寂しい気持ちに。。

  • 感動させてやろうという意図が入ってない、ドキュメント風の作品になっているので、好き嫌いが分かれるかもしれません。でも、私はこの映画のメッセージが大好きです。

  • 人物評価じゃなく、映画評価。
    なんだろうか、この映画って、
    もっと深くないか。

    吃音少年が合唱コンクールで、
    ソロパートを志願した。
    そこは、なぜそう至ったのかが
    キーだと思うし。

    島田とワカコの同志としての繋がりも、
    薄く感じる。
    異国で生き続ける。骨を埋める。
    これって、何でも便利な日本で
    育った私たちにとっては理解しえない、
    心を大きく揺さぶられた
    ことだと思うんだけど。

    なんか、いろんなことを入れすぎ。
    思い出話も、震災も省いて、
    もっとそのとき、その場に
    フォーカスするほうがいい。

    真木よう子はいい味だしてた。
    演技や雰囲気が自然体で、
    普通のおばちゃん先生になってて。
    それが良かったわ。

    2016.01

  • 小説をそのまま映画にしたって感じ?

  • アフリカ。
    まだ いったこともないので
    よくわからないが 大きなる大陸なんだろうね。
    そして、少年さえもかり出されて 戦争が
    頻繁に起こっている。

    そこに、日本人医師が 行く。
    アフリカには その土地の 特有の病気などが
    あるかもしれない。
    だから、日本の大学の医学研究所があっても不思議ではない。

    ただ、大沢たかおが演じる医者は 立派だ。
    そして、アフリカにも すぐになじみ
    一緒に 踊ったりする。
    しかし、まったく リスク管理がない という感じがした。
    あくまでも、外国と言う意識が薄いのだろうか?

    アフリカの大地に向かって『だいじょうぶ』と
    叫んでいる スガタが印象的。
    なぜか、それが 立ち小便している雰囲気にも似ている。

    石原さとみまで、でていることに
    不思議な感じがあった。
    さだまさしは あいかわらず さだまさしして 
    歌を歌っている。

    どう評価してい良いのか よくわからない。
    真木よう子への手紙も
    もらった本人が 戸惑うような手紙ですね。

  • 最後のさだまさしの歌が、心にしみる。

  • 曲を知ってたので既にイメージはあったが、最後やはり名曲にのってブワッときた。

  • 日本行きの飛行機内で。こんな日本人医師がいるなんてすごいなぁと思うと同時に、一人一人生きる道は違うけど大なり小なり選択権があって、それを自分で選択しなきゃいけないんだなって改めて実感しました。

  • どうして、あんなに現地の住民思いだったお医者さんが、運転手さんの「今日は行かない方が良い」って助言を聞き入れられなかったんだろう…。
    人を救いたくて見えなくなっちゃったんだろうか。

  • 主人公に死んでほしくないと心から想う映画。

    主題歌のさだまさしの曲がラストで流れた時、心が激しく揺さぶられ
    涙をこらえられません。

    「だいじょうぶ」「がんばれ」

    日本にある素朴だけど力をくれる言葉をあらためて見直し、言葉にしたくなりました。

全33件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

風に立つライオン (DVD) 2枚組(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)を本棚に登録しているひと

風に立つライオン (DVD) 2枚組(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)を本棚に「観たい」で登録しているひと

風に立つライオン (DVD) 2枚組(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)を本棚に「観終わった」で登録しているひと

風に立つライオン (DVD) 2枚組(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

風に立つライオン (DVD) 2枚組(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)はこんな映画です

ツイートする