テラフォーマーズ 14 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) [Kindle]

  • 32人登録
  • 4.10評価
    • (3)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 貴家悠 橘賢一
  • 集英社 (2015年8月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

テラフォーマーズ 14 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)の感想・レビュー・書評

  • 新しさやワクワク感を求めるのは難しいのかなー。展開がマンネリ化しているようで。
    感覚的だけど、例えばAからBにストーリーが移行するのに必ずCを通っているようで飽きてくる。AからBに行ったとしても、実はCの事実が後から出てきたり…。また、Cを先に持ってきたりもして、すんなりAからBという風にならない。展開がモッサリしていて魅力が薄まっているように感じた。どんな漫画・書籍でもそんなもんじゃない?と反論されればそうなのかもしれないけど…。
    あと、テラフォーマーズがもう絶対的な存在になりつつあって、やはり初めの(いろんな意味での)ゴキブリ感が個人的には好きなんだなー。
    とりあえず次巻を楽しみにする。

  • Kindle版では3ヶ月遅れの最新刊。
    いやあ相変わらず面白いよね。
    もうどんでん返しはこのマンガのルールみたいなものなので、死んだと思ってたら生きていたというのには全然驚かないけれども(笑)
    そしてついに来ましたよ僕の大好物が。
    圧倒的強さの最悪の敵が味方になって協力するパターン。
    内紛に次ぐ内紛でグチャグチャだった人間たちがとうとう一致団結する時。
    やっとじょうじ対人間の構図に戻る。
    しかし地球では新たな脅威が。
    16年も前から地球に潜んでいたじょうじたち。
    ヤツらが動き出す。
    次が待ちきれないぃ。

  • 火星でどんちゃん騒いでる場合じゃなくなってきたテラフォ14巻目。地球ピンチです。世のヒキニートが実は奴らだとすると、世界に先駆けて○チャンネルとかは乗っ取られてた訳ですね。そんな地球に帰投すべく火星で最強のテラフォチームが出来た所で以下次号!ってなってますが、地球は地球で某兄弟がそこそこ活躍して逝きそうなフラグたててたりで、ドキドキがワクワクであります。ところで脱皮後の蟹はすぐ動いても大丈夫なのかな…。

  • すでに地球に降り立っていたテラフォーマー。
    火星はまだ地球に迫った危機を知らない。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

テラフォーマーズ 14 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)はこんな電子書籍です

テラフォーマーズ 14 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)のコミック

ツイートする