脳内ポイズンベリー スタンダード・エディション(DVD1枚組)

  • 397人登録
  • 3.43評価
    • (20)
    • (65)
    • (76)
    • (18)
    • (4)
  • 75レビュー
監督 : 佐藤祐市 
出演 : 真木よう子  西島秀俊  古川雄輝  成河  吉田羊 
  • 東宝 (2015年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104099242

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

脳内ポイズンベリー スタンダード・エディション(DVD1枚組)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • メッッッッッッッチャクチャ面白かった!ー!!!ー!ーー!!これは2015で今のところ自分内1位の邦画!!!

    なにより…!期待値ものすごい高かったのに…!超えてきた!!原作がそもそも好きで実写化も喜んでて内容も分かってたのに超えてきたー!!!もうほんと笑いまくった、そして序盤でも中盤でも終盤でも泣いた、観ながら忙しい映画だった…

    神木西島さいこうかよ
    あと早乙女くん…好き…これは好きだろ…好きになるだろ…仕方ないだろ抗えないだろ…ふわふわアート少年wwwくそわらった

    あと自分、平凡な名前なんですけど意外とドラマとか漫画で出てこない名前だったりして、男2人に連呼される場面、ひとりで興奮しておりました(?)
    しかも名前と職業も同じだったのでわらった

    勝手に好きになっといて色々とそれはないだろ、とおもいつつ、ていうかタイミングも相性も絶対会ってないのにその期間付き合えたの逆に奇跡っていう主人公を見ていて胸が痛くなりつつ、アーーそれわたしも言われたことある(笑)(笑)(笑)って楽しみ方もしつつ
    神木くんイシバシがほんとにいいキャラだったよね!!!

    あとラストは(500)日のサマーオマージュなのかなwなんだろ、サマーより好感度高かったな、想像の余地があって、つうか真木ようこのこと好きでも嫌いでもなかったけどちょっと好きになったよ…

    「なんであのとき言ってくれなかったの?その場で言ってくんなきゃ分かんないよ」「なんでこっちが悪いのよお!!」の流れほんっとわらった、あるあるすぎてw
    古川は声がほんとうによい・・・あれ大抜擢だよねえ

    それと議論のシーンほぼアドリブだったのか…!!すごい〜〜たのしい〜〜〜会話劇大好き〜〜〜〜〜〜〜
    「じゃあ訊くけどあんたの言う前ってどっちなのよ!?」「んん!?」のとこすごい好き笑

    女友達でわいわい観るもよし、コイビトと観るのもあるあるの男女差で楽しい気がするよ!おすすめだよ!テンポがほんとうによかった〜

  • 漫画既読。実写は大惨事になるのではと思い躊躇したけれど「キサラギ」の監督だし!と思って勇気を出して観た。脳内の役者が良かったので脳内シーンはとても楽しめた。が、いちこ-早乙女-越智ラインがイマイチ。早乙女役の古川雄輝に至っては演技していたのかも謎。

  • ボタンを追いかけて運命の恋と出会う。

    漫画は未読です。

    三十路女がもだもだしてた〜もっとコメディかと思ってたぁぁ

    脳内会議で導き出す恋の行方は…みたいな。

    ポジティブ、ネガティヴ、衝動、記憶、理性…ときどき、本能?

    岐路、ですよね。うん。

  • ほんとに頭の中にこんな世界が広がってるんだとしたら、自分が起こすどんな過ちも決断も「あいつらががんばって考えてくれた結果なんだよな」って許せる気がする。割れ眼鏡の西島さん素敵。

  • 星10個にしたい!それで、そのうちの5つを古川雄輝にあげたい!
    この映画の前に同じく漫画原作の悲惨になってしまった映画を観てしまった後だったので、原作から入った身としては、この映画を観ながら何度も何度も何度も何度も「製作陣、GJ!」とか「キャスティングしたひと(主にサオトメを古川雄輝に抜擢したひと)神!」とか心中で叫んでおりました。

    正直、真木よう子の演技力は好きだけれど、やっぱりイチコさんにはショートヘアーは合わないんじゃないかなとか思っていたのですが、そんなの、彼女の演技力でなんとでもカバーできる類のことでしたね。可愛かった!脳内会議で次のアクションが決まっていないときの、なんとも言えないぼんやりした表情がすごく魅力的でした。泣き顔も可愛かった。

    浅野さんの岸さんは予告で観ていた通りの安定感だったし、吉田羊のキレっぷりも見ていて楽しかった。ああやってなんでもネガティブに受け止めるのは、防衛本能ですね。ハトコ役の桜田ひよりちゃんは、初めて演技を見たのですが、天真爛漫な感じがぴったりでした。羽を生やして飛ぶところも、サオトメが出てくるたびに「サオトメ好きー!」って言うところも。彼女がそう言うたびに「私もー!」と叫んでいた女子は多いはずだ。

    監督か誰かのインタビューで、ただひたすらにポジティブな役をうざがられないで爽やかに、でもバカっぽくなく演じられるのは神木隆之介しかいない、というようなことを言っていて、なるほどその言葉通りでした。「あんたの前はどっちを向いているのよ!」と池田に言われても答えられないくらい、信念があるような生き方を目指していないのに、石橋がいないと困る。彼は議長ではないけれど、いないと人は生きていけなくなってしまうんでしょう。

    男性二人の言い争いのシーンは、多分、読者も観客も思っていた内容をお互いに言い合ってくれていて、結局、二人ともどっちもどっちですね。ともさかりえが良い仕事をしてくれてましたね。

    そして古川雄輝。はじめは、ああ彼によくある(よく回されている)透明感ある系男子かーと思っていたのですが。手を握るシーンは、彼の美しい指をうまく使っているなと思っていたのですが。最後の公園?でこけるシーンはすごく良かった。このひとの舞台、きっと面白いだろうなと思いました。どこまで計算されていたのか分かりませんが、Tシャツから胸板が全部見えてしまうのも良かった。サオトメ目当てでこの映画を観て、本当に良かった(そんなに?)。目と耳と心と脳の至福の時でありました。

  • 頭の中で理性や記憶などが擬人化されていて脳内会議をやっているのは面白い発想だと思いましたがそれだけだったかな。
    年下の男と年上の男との間で揺れる女心を見せたいのかもしれないけど、この女(主人公)いい年こいて何がしたいねんと全然感情移入出来なかったです。
    脳内の連中も私はネガティブ思考なのでネガティブの池田と考え方が被るんですが、後半は兎に角うるさいしネガティブすぎて引いてましたし、理性の吉田も議長ならもっとしっかりしろよ!!とイライラした。
    だいたい、あんな年下男を好きになるか?
    主人公もダメ女だし、越智さんがひたすら気の毒でした。

  • その人といる自分を好きになれるか。
    これにはハッとさせられた。
    内容は普通?早乙女の良さわからんわー笑

  • とある三十を目前にした女の人が主人公。
    けれど、その女の人の頭の中では常に会議……という名の駆け引きが行われていて、ポジティブな自分の象徴の石橋とネガティブな自分の象徴池田。そして恋愛脳なハトコ……他にもいろんな人間のいる脳内を抱えながら、時に思いもがけない行動をとり、恋愛に一生懸命に生きる……。

    生きるけれど、選んだ男は結局のところ最悪で、最後には別れてしまうんですが、その結論を出したときの西島さん演じる吉田がかっこよかった。
    普段、全然決断できなくて、あっちに流れたりこっちに流れたりふらふらしていたのに、最後の最後は仲間である石橋のことを思って、彼女にとって最良だと思われる結論をしっかりと出してくる。かっこいい。

    ……というか、やくしゃさんめちゃくちゃ豪華なので、それを見ているだけで充分ににこにこできます。
    はちゃめちゃだけど、実は恋愛なんてそんなものなんだろうな……という恋愛の泥臭い馬鹿馬鹿しい部分だけど、全力で馬鹿っぽく描いた作品でした。
    見て、損したとは思わなかったので、とてもいい作品だったと憶う。

  • 早乙女がホントにどうしようもない男なのでイライラしましたが、そこを除けばかなり面白い。

    頭の中でいろいろな自分が議論しているというシチュエーションは「たしかにこういう感じだよな」という誰もが共感できるものがあり、脳内会議の5人の芝居もよい芝居をしています。美貌が輝く真木よう子はコメディエンヌとしての演技力もなかなかのもの(操られている感じの芝居がうまかったな)。

    恋愛映画としても「あるある感」がすごくあり、「相手といる自分を好きになれるか」というメッセージは深い。決め手に欠くダメンズ2人と別れ、新しい恋の予感をほのめかすラストもよかった(たしかに「500日のサマー」みたい)。

  • 予告で気になっていた映画
    でも映画館まで行かなくて良かったかな
    西島さん神木きゅん好きだし
    内容も面白そう!って思ったけど
    フタを開けたら西島さん神木きゅんで
    もってた映画だった。
    話的にはずっとイライラしてた
    とにかく越智さんが可哀想
    月9の当て馬でももっと救いあるよ
    って感じだった。
    脳内メンバーは池田がとにかくウザい
    お前がグチャグチャしなきゃ
    結果はどうあれとっかかりは
    もっとスムーズだったんじゃないかと。
    これのせいで吉田羊嫌いになるわ。
    役なのに。嫌わせる演技力で吉田羊凄いけど。
    演技力といえば真木よう子ね。
    真木よう子は棒演技なんじゃなくて
    クールな役やると棒になるのでは?って思った。
    現実側の演技はうじうじ加減に
    イライラされっぱなしだったもん。
    それにしてもクール脳内。本能か?は
    ヒール高いからかガニ股で格好良さ半減よ
    そこはキレイに降りてきて欲しかったわ。
    まぁでもみんな付き合ってハッピー
    じゃないのは良かったかな。
    上手く行かないよね。

全75件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

脳内ポイズンベリー スタンダード・エディション(DVD1枚組)を本棚に「観たい」で登録しているひと

脳内ポイズンベリー スタンダード・エディション(DVD1枚組)を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

脳内ポイズンベリー スタンダード・エディション(DVD1枚組)を本棚に「観終わった」で登録しているひと

脳内ポイズンベリー スタンダード・エディション(DVD1枚組)を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

脳内ポイズンベリー スタンダード・エディション(DVD1枚組)はこんな映画です

ツイートする