ウォールフラワー スペシャル・プライス [DVD]

  • 70人登録
  • 4.04評価
    • (8)
    • (13)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
監督 : スティーブン・チョボスキー 
出演 : ローガン・ラーマン  エマ・ワトソン  エズラ・ミラー 
  • Happinet(SB)(D) (2015年12月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953061736

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ウォールフラワー スペシャル・プライス [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 素晴らしい作品に出会えました。

    Stay gold!!!!

  • エマ・ワトソンにつられて。
    青春っていいな!って思える映画。
    高校生活での友情、恋愛、進路、
    スクールカーストについて考えさせられた映画。
    主人公勢がみんな美男美女。
    トンネル内を颯爽と風を切って走る車。

    -- あらすじ
    アメリカの高校が舞台。
    根暗な小説家志望の主人公
    陽気で美人なサム。
    爽やかイケメンのゲイ、パトリック。
    一方的な恋愛を押し付けるメアリー。

    --印象的なセリフ
    「最初のキスの相手にふさわしくないから、今だけ彼氏のことは忘れる。」
    「自分に酷い扱いをする人を選ぶのは、自分に見合うと思うから」

  • ロッキーホラーショーの知識があったから分かったけど、ロッキーホラーショーがどんなカルト的な映画か知らない人は面白さ半減だろうな。
    あと向こうの学校の制度が全然分からないのも非常に悔しい。
    でも青春映画なのは見ればわかるしエマワトソン可愛いからいいなーって思った。
    過去は変えられないけど、未来は変えられる。自分から自分なりに行動していけば。ってメッセージを感じた。

  • 観ながら、切なくもキラキラした思春期の頃の思い出が鮮やかに蘇ってきました。

    過去の自分はパトリックと似た立ち位置だったので特に彼には共感しつつも、男女入り混じった恋愛のゴタゴタやら仲間との別れ、パーティ後の虚無感・孤独感、すべての記憶が重なり合ってノスタルジックな想いに泣けてきました。

    孤独と病、闇に灯る微かな光。過去の思い出はあとから美化されるものだけど、やっぱり青春っていいものなのかもしれないと一瞬錯覚してしまいそうになった良作でした。


    音楽のチョイスが憎いです。

  • "Vielleicht lieber morgen"

  • エズラ・ミラー、彼が全て。
    存在感が見事。
    こういう人の活躍がますます楽しみ。

    話の筋としてはよくありがちかな?

  • さわやかに見終わえる
    義理の兄、かっこいい

  • 青春とスクールカースト、初めての恋。
    苦くも甘い青春映画。

    エズラ・ミラー演じるパトリックがすごく魅力的。陽気で明るい中に、カリスマ性がじわりと滲む色気をまとう存在感。演技なの?素なの?分からないけど、動作のひとつひとつが艶っぽく男らしくて、ずっと見ていられる気持ちでした。

  • 女1人男2人だから成立するのかな
    義理の兄ってこともあるけど。

全9件中 1 - 9件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ウォールフラワー スペシャル・プライス [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ウォールフラワー スペシャル・プライス [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ウォールフラワー スペシャル・プライス [DVD]はこんな映画です

ツイートする