スティーヴン・キング ビッグ・ドライバー [DVD]

  • 32人登録
  • 2.88評価
    • (0)
    • (2)
    • (11)
    • (4)
    • (0)
  • 11レビュー
監督 : ミカエル・サロモン 
出演 : マリア・ベロ  オリンピア・デュカキス  ジョーン・ジェット 
制作 : スティーヴン・キング  リチャード・クリスチャン・マシスン 
  • アルバトロス (2015年11月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4532318410111

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

スティーヴン・キング ビッグ・ドライバー [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • スティーブン・キング原作。
    いわゆる『信頼できない語り手』もの。
    主人公から見た現実と妄想の曖昧さ具合がこちらを不安定にさせる。
    真相は私の思っていたのと違っていた。

    主演のマリア・ベロは米ドラマ『ER』シリーズに出ていた女優さん。懐かしいーとか思いながら観てた。

    冒頭の言葉、
    「人間は追い詰められると論理でなく感情で動く」
    にハッとして納得。
    覚えておこうと思った。

  • ○日本語字幕
    ○日本語吹き替え



    普通に面白かった。
    頭の回転が速く、タフで強か。
    とても素敵だね。
    きっちり復讐を果たしてていい。
    最後の電話はぞわっとしたけど脅される訳じゃなさそう。
    善人と悪人しか出てこない。

  • 女性小説家のレイプ復讐劇。

  • レイプされた女性小説家(テス)が復讐する話 レイプが題材のもの胸糞になるから避けてるけどキングだから観た…ら面白かった!安心!テスの脳内の友達(小説のキャラクター)、カーナビのトムが良いな~自分の中に人格(?)がたくさんあると救われる…という事かな キャラ設定も面白いし、ストーリーの運びも良い~~ レイプ犯の母親もクズで怖い!お前なのかよ!ラストあの電話いれるのも優しいなと思ったキング好き

  • スティーブン・キングの映像化は難しい。
    お金がかかった映画だと上手くいくこともあるけれど、
    予算が少なそうだと
    妄想会話とか、不思議な現象とか
    象徴的な映像とかが、
    原作を読んだ時の脳内映像と比べて陳腐で
    安っぽくなってしまうのよね。

    話自体は好きだし、
    役者さんもみんな良かったと思う。
    低評価なのは、作品自体を
    観てよかった!と思えるかどうかという観点です。

    レイプシーンは辛さが容易に想像できる立場(女性)
    からすると、少し長すぎた。
    半分くらいでも犯人の残虐さは伝わると思う。
    他の部分も冗長なところが多かったので
    そういうテンポの作品なのかしら。

  • いろいろなレビューを読むと「主人公の女流作家がおばちゃんなのが惜しい」「おばちゃん過ぎて絵的に説得力がない」など数々の悲痛な声があり、確かに俳優さんの実年齢48歳(ただし一般の48歳より相当美人でスタイルも良いです)

    しかし私はそこが逆にリアルなんじゃないかと思った。現実の事件でも若い人ばかりがレイプされる訳ではなく、被害者が地位も名誉もある人の場合、警察に告発できないこともあるだろう。

    講演に招いた理事長の寝間着バージョン(つまりすっぴん)がジャバ・ザ・ハット並にとろけきっているのに驚いた。ON/OFF切り替えすぎィ!

    あと原作読んでないんで何ですが、最後ベッツィーからの電話唐突ですよね。ベッツィー誰でしたっけ?で巻き戻してプリウス預かってたバーのママ(別件のレイプ被害者)であることが分かったが、復讐したとはいえ結果的に殺人を犯した主人公の味方っぽい電話なので、バーに警察の聞き込みが来ても大丈夫だよ的なことでしょうかね。主人公もびっくりしていたので、普通ならすわ続編展開か!って感じですけどTV映画だしなー、とちょっと蛇足を感じた次第。

  •  復讐していく時のカーナビ トム、探偵との会話が面白い。
    ラストの電話の「あなたがやったのね。」は感謝か脅迫か??

  • 女流作家が、最後に己の本質を知り、レイプされたことへのリベンジを果たして、更には、自首や率先的な情報提供はしないと内心で宣言。

    しかし、バレたならジタバタせずに法の裁きに従うというスタンスを見せて終わる辺り、なかなかスカッとした。
    女よ、泣き寝入るな!と私の声がした。

    トムと名付けていたあのカーナビというアイテムの存在が実にいい。ナビは男性の声で、まるで執事のように彼女に接し、ナビゲーションをしてくれるのだが。

    私には、ナビはもう一人の彼女自身(ネガティブで善人)の心の叫びそのもの、という気がした。

  • ナビが「ここを立ち去ったほうがいいですよ」と言ったとこ好き。
    サクサク進んで現実味ないというか…主人公の小説の話なのかなと思ったけど違ってたあ

    スッキリ復讐できて良かったわ


    でも最後のほう、何を探して何を見つけたんだろう??
    そこだけわからずもやもやする。

  • まー、キングっぽいと言えばキングっぽいけど、昔のような名作はなかなか生まれませんね。主人公の妄想の話し相手の演出は嫌いじゃない。

全11件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

スティーヴン・キング ビッグ・ドライバー [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

スティーヴン・キング ビッグ・ドライバー [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

スティーヴン・キング ビッグ・ドライバー [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする