しんがり 山一證券最後の12人 (講談社+α文庫) [Kindle]

  • 152人登録
  • 4.04評価
    • (20)
    • (22)
    • (12)
    • (3)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 清武英利
  • 講談社 (2015年8月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (243ページ)

しんがり 山一證券最後の12人 (講談社+α文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 働くことの尊さについて再認識
    損得だけではないものに突き動かされるかのように戦うしんがり達
    同じく働くものとして共感

  • 凄い人達がいたものだ。

  • 登場人物が多すぎる&金融のことがわからなさすぎて理解が追いつかない。ノンフィクションだから仕方がないです。

    これを原作としてわかりやすく整理した(?)ドラマ版は気になる。

  • 無能な幹部と苦しむ社員の姿がリアリティあり。
    当時を知らないけど、旧態依然とした会社ならあり得る。

  • 金融業界が大きく動いた1990年代、現在では考えられないような飛ばしなどの不正があった時代。
    話には聞いていてもイメージできていなかったことをよく理解できた一冊。
    時を置いてまた読み返したい。

    実名で当時のことを語っていること、その実在の方々・山一の方々の、社内調査への強い思い、執念を感じ、働くこととは、会社とは、ということも考えさせられた。

    どんな仕事にも一生懸命、真っ直ぐに取り組むことで、報われるんだ、頑張らないといけない。

  • 企業の倒産前後の様子を人の会話を軸に描いた経済小説。まさに20年前に実際におきた内容だからこそ、とてもイメージがつきやすく、興味をもって読み進めたと実感している。悪者探しではなく、事実の究明と公表のために取り組み続けた姿に、愛社精神というものを感じ、日本人が抱く日本の企業に帰属する価値観に触れた実感している。

  • 山一證券の自主廃業の真実。TVドラマが良かったので、読んでみることに。金融の素人には少し難しいが、何とか完読。サラリーマンって大変ですね。

  • 会社や経営者を信じて人生のすべてを賭けたサラリーマンの悲哀。こんな目に遭っても会社に愛情を持っている事に違和感を感じる。これは20年近く前の話だが、最近でも東芝や不正ではないがシャープなど会社に翻弄されるサラリーマンの話は枚挙に暇がない。これからは何のスキルも持たずに漠然と就活をして、取り敢えず採用された会社に入るというのは極めてリスクが高い。昔はこういう就職が安定していると言われたが、今は逆なのだろう。

  • 1997年11月、四大証券の一角だった山一証券が自主廃業の発表をし、2600億円の簿外債務が明らかになる。まだ高校生だった私にとっても、野澤社長の涙の会見は非常に心に残っている。友人のお父様が山一証券勤めだったため、当時のことはよく覚えている。
    本書は、その簿外債務の流れを特定するために、転職せずに最後まで山一証券に残って職務を果たした12名の実話。
    負の遺産がかさんでいき誰も止められなくなっていく経緯など、実話ゆえとてもリアル。コンプライアンスの概念と、一人一人の善悪の判断が重要であると改めて感じた。

  • 証券界に籍を置いたことのある者として、いつか読もうと思っていた一冊。

    著者が、あの「清武の乱」の清武氏であることに途中できづき、氏がジャーナリストであることは、読了して初めて知りました。

    著者の作であることが、興味を削いだことは否めません。
    そのせいなのか、12人の関係を理解しながら読むことをしなかった。

    しばらくしたら、再読したいです。

全19件中 1 - 10件を表示

清武英利の作品

しんがり 山一證券最後の12人 (講談社+α文庫)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

しんがり 山一證券最後の12人 (講談社+α文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

しんがり 山一證券最後の12人 (講談社+α文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

しんがり 山一證券最後の12人 (講談社+α文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

しんがり 山一證券最後の12人 (講談社+α文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

しんがり 山一證券最後の12人 (講談社+α文庫)の文庫

しんがり 山一證券最後の12人 (講談社+α文庫)の単行本

ツイートする