図書館戦争 BOOK OF MEMORIES [DVD]

  • 184人登録
  • 3.66評価
    • (16)
    • (30)
    • (30)
    • (4)
    • (2)
  • 25レビュー
監督 : 佐藤信介 
出演 : 岡田准一  榮倉奈々  田中圭  福士蒼汰  土屋太鳳 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2015年10月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111248923

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

図書館戦争 BOOK OF MEMORIES [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 原作でもすごく好きな小牧さんと毬江ちゃんの話。この2人には本当に幸せになってほしい。記者会見のあとの2人がほんっっとに好き。恋愛なんだけど、自由とか権利とか、色々考えてしまう。自分の考えが他人と同じだなんて考えてはいけないんだ、って。そしてその考えや思いは誰にも邪魔されないその人だけのものだって。毬江ちゃんを自由にできるのは小牧さんだけだよ。

    あと並行して、郁の両親との確執の話と柴崎と手塚のモダモダがみれる。柴崎は美人でかっこよくて、いつだって一枚上手。好きです。手塚はもっと頑張ろう。

  • テレビで放送されていたのを観ました。
    原作未読の上、漫画もちらほら。アニメは見たが、映画は見ておらず。そんな私がこの放送を観ました。
    面白かったです。本を読んでそれをどういった本と感じるかは人それぞれ。あらすじだけで紹介だけでその本の評価をするのはやはり間違ってますね。
    読まない、見ないで批判するというのは噂話と一緒。流して信じすぎないこと。

  • 毬江ちゃんと小牧の話は原作のなかでも特に好きだったので、映像化してくれてとても嬉しかった!小牧役の人は前作よりも痩せたように感じるけど前は太いなと思ってたのでより小牧っぽくなったと思う。映画本編も非常に楽しみです。

  •  岡田准一がはまり役だったな。木更津キャッツアイの頃も好きだったけど、ちょっとこれから注目してしまうかも。オイラは男好きか(笑)
     小説ファンをがっかりさせない仕上がりだったと思うな。っていうか堂上=岡田准一が良かった。それで満足だ。

  • 制作年:2015年
    監 督:佐藤信介
    主 演:岡田准一、榮倉奈々、田中圭、福士蒼汰、土屋太鳳、中村蒼、西田尚美、橋本じゅん、相島一之、相築あきこ、中原丈雄、松坂桃李、栗山千明、石坂浩二
    時 間:100分
    音 声:日:ドルビーデジタルステレオ


    関東図書基地で図書特殊部隊(通称・タスクフォース)に所属する笠原郁は、検閲で取り上げられそうになった大事な本を取り返してくれた図書隊員を追って戦闘職であるタスクフォースとなった。
    堂上班に配属され、鬼教官である堂上篤の罵倒にもシゴキにも耐え、顔も覚えていない“王子様"を捜している。
    なのに、なぜか堂上のことが気になり始めている自分に戸惑いも感じる日々。
    ある日、郁は図書館で聴覚障害のある女子高生・中澤毬江と知り合う。
    毬江は堂上班の先輩・小牧幹久の幼馴染で、小牧にお薦めの本を教えてもらって読んでいるという。
    毬江の中に小牧へのほのかな恋心を感じ取った郁。
    その頃、図書館の窓口業務をする柴崎麻子は、朝比奈修二と名乗る学芸員の男性と頻繁に会うようになっていた。
    麻子のことが気になっている手塚光は複雑な心境だ。
    そんな時、小牧が検閲機関である良化隊に突然身柄を拘束される。
    小牧が毬江に薦めた本が障害者に配慮しておらず不適切だったというのだ。
    理不尽な理由で小牧は連れ去られ、堂上や郁ら図書隊員たちは怒りを覚える。

  • 女子が活躍する話好きだなぁ
    かわいいなぁー
    差別の話をどうとらえるか
    武装することをどうとらえるか
    バランスについてどうおもうか
    はーおもしろ
    かわいそうという正義が人を傷つける

  • ★4.1
    今回は上司の小牧さんと一人の女子高生の恋物語をメインに描いてます。捕らえられた小牧さんを聴覚障害の女子高生が救います。それが綺麗な話で描かれています。

    また堂上教官と郁の恋物語も進みそうで進まないもどかしい感じがたまんないッスね!自分の憧れてた王子様が実は身近な厳しい自分の教官だったので悪戦苦闘している郁が面白いですw

    映画の前座としての放送されたドラマですが、なかなか見ごたえありました。映画が更に楽しみなりました。

  • まりえちゃんは強い子

  • 楽しめました。邦画のしかもドラマ版に良くあるくどい登場人物説明シーンや無駄な伏線が無くて良い。世界観的にはオリジナリティはないものの違和感が無いのが良い。

  • レインツリーの一節。
    原作の名前は出てこない。
    敢えて避けた?
    避けざるを得ない業界ルール?

    1作目とは打って変わってどんぱち無し。
    聴覚障害を演じきった土屋太鳳ちゃんのスピーチには賛否両論の気がする。

    ゲンタ隊長は豪快でカッコいい。

    有川さんの旦那様の病から無限の広がりを見せる作品の一つ。

  • 2016.02.27.

    土屋たいほうめっちゃ美人だった。
    と初めて思った。

  • もちろんテレビも録画してみたけど、DVDも速攻で買いました。テレビの録画は何度かリピートで見てたけど、DVDの特典まで見たのはやっと(^^;
    なんと言っても小牧教官と毬江ちゃんの話(^^) そして堂上教官がびみょーに意識を始めるのがちょっと早い(^^; でもそれもまたテレビドラマならでは。この続きの映画もすでに映画館で見ているので、そちらも思い出しながら見てました。

  • テレビドラマスペシャルの域を完全に超えてましたね⭕️
    驚きのクオリティ。本当に映画として上映しても問題ないですね(^^)

  • 当事者でもない人間が正義を振りかざし誰かを攻撃するなんてこと、現代社会ではありすぎるほどありふれている。正義を盾にすると、人は自分が大きくなったように錯覚してしまうのかな。私も身に覚えがある。独り善がりには気を付けたいものです。昔の堂上教官の言葉を思い出しました。

    「正論は正しい。だけど正論を武器にするやつは正しくない」

    心に刻んでおきたい。

  • アクションなしの図書館戦争。なので少々退屈。
    耳が聞こえない設定だったり、レインツリーを彷彿させる本。

  • この土屋太鳳ちゃんかわいい。純粋な高校生。守ってあげたくなるの、わかる。あードキドキするなー!

  • たぶんこの映画の見るべきところのメインとはずれてるんだろうけど、戦闘職種に就く主人公と、それに反対する母親という関係は、公安系公務員に就く人とその家族にとっては難しい問題だよなー、と思って見た。自衛隊に行くことを家族に反対されてることに悩む友人がいて話を聞いたことがあるもので、余計に近い話に感じた。

  • あーねー、本で読むよりセリフが恥ずかしいっ。とにかく、イメージとは違うけど橋本じゅんさんが好き♪もっとハチャメチャやって欲しかった。

  • バトルシーンが少なめではあったけど、これぐらいがちょうどいいかな。
    ほとんどメーンは、小牧とまりえちゃんのお話。
    あと、笠原両親に戦闘職種だとばれちゃう、という。

    やっぱり玄田隊長だけが違和感…。あとはしっくり。
    これ、まだ続編もあるのかな?

    「何で危ない目に遭うのが郁なの」ってすがるお母さんに、「みんな人任せだったから、こんな世の中になっちゃったんだよ」って話す笠原は、凛としていてステキでした。
    わたしも、世の中の問題を自分のこととして考え続けられる人でありたい。

  • 地上波TV放送にて

    メインは、小牧と毬江ちゃんのストーリーでした。
    原作を知らないと、意味が分からなかったかも・・・

    原作では、その問題図書「レインツリーの国」が評判になり、後から有川さんが書き下ろしました。
    そしてなんと、今度はその「レインツリーの国」が単独で映画化されるとか。

    この映画では、図書名が変更されてましたね。
    その辺りは大人の事情でしょうかね?

    意見は色々。酷評もありみたいですが、私はこの「図書館戦争 BOOK OF MEMORIES」十分に楽しんで(喜んで)ます。

  • テレビ放送を映画版に引き続き視聴。「踊る大捜査」が、映画シリーズを続けるにつれ失っていったモノがあったなー。

  • テレビ放送を録画視聴。
    原作は数年前に楽しく読みました。
    映画の一本目は郁のキャスティングが納得いかなかったので観に行かなかったのですが、wowowで観てみたらどうにもメリハリのないドンパチで退屈してしまい…。
    新作映画は見たい要素があったので劇場に行きましたが案の定終盤だれました。
    でもドラマ版のこれはむしろ劇場版より良かったように思います。
    アクションシーンがほとんど無い分、人の感情を描く方にそれなりに時間を割いたからでしょうか。
    とはいえ原作に比べると乱暴というか雑な展開はどうなのかな…という部分は多々ありますが。あと毬江のキャストもちょっと違和感があったような…。

  • 可もなく不可もなく…

    郁の両親訪問と聴覚障がい者にまつわる話。

    小説と同じく当たり障りのない平凡な展開。

  • 堂上教官と笠原の距離感がいいよね。
    笠原のお父さんに「大切な存在です。・・・部下として」って部下としてっていうところがもう!笑
    頭ポンポンはやっぱりキュンとしてしまうー。

    小牧と毬江もよかったな。
    「もう子供に見えなくて困ってるよ。」
    にキャー!ワー!

全25件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

図書館戦争 BOOK OF MEMORIES [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

図書館戦争 BOOK OF MEMORIES [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

図書館戦争 BOOK OF MEMORIES [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

図書館戦争 BOOK OF MEMORIES [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする