イケメンの諸事情 (フラワーコミックスα) [Kindle]

  • 4人登録
  • 5.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
著者 : 和久原にこ
  • 小学館 (2015年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

イケメンの諸事情 (フラワーコミックスα)の感想・レビュー・書評

  • タイトルのものを含め五編。
    『イケメンの諸事情』平凡地味なOLに突然社内一のイケメンが付き合ってほしいと告白。まさかこんなイケメンが、と引き気味なOLにイケメンであるのは自覚している、とさらなるアタック。ありがちな展開ですが、嫌味になる前に程よいところで終了。
    『魚の骨と宝石と』チャラいくせにできる営業新人を指導する立場のビリ営業のOLコンビ。ところがその新人の声には力があって…と思ったよりも予想外の展開。
    『ご主人様募集中』仕事が決まらない無職の女が手にしたのは、怪しげなご主人様急募の求人。恐る恐る行ってみれば、どこぞの御曹司から俺のご主人様になれ、と。
    一般庶民からご主人様に、俺さま御曹司が使用人にとお互い慣れないバイトを始めることに。週末だけの主従逆転バイトは成功するのか。
    『最終電車のそのあとは』帰りの電車で偶然隣り合ったのは、同じ会社の男女。お互いほとんどしゃべったことはないがと思っているうちに眠り込んでしまい、全く見知らぬ駅で寝過ごしたことに気付いた相手に連れられて電車を降りてしまう二人。しかもそれが最終電車で、と焦る二人。しかし、それがきっかけでまだあった上りの電車内では話もできるように。最終電車でここまで楽しく過ごせれば御の字。
    『指をからめて甘えあえ』占い師をしている主人公のもとにやってきた会社を立ち上げる予定の男性が。ところがまだ占い師コスプレをしていなかったため、占い師はまだだと誤魔化すことに。占いを信じていないにもかかわらず男性が来たのは、知り合いへの顔を立てるため。バイトだと信じた主人公と話しただけで帰っていく男性。回数を重ねるごとにどんどん言い出せなくなり、また自分の将来にも自信がなく占い師を続けていくか迷う主人公。予想外の展開はないもののすっきりです。
    初めて読んだ作者さんでしたが、絵もきれいですしどれもなかなかいいところで程よく終わるので、読みやすくて他の作品も読んでみようと思えるくらいにはよかったです。

全1件中 1 - 1件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

イケメンの諸事情 (フラワーコミックスα)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

イケメンの諸事情 (フラワーコミックスα)はこんな電子書籍です

イケメンの諸事情 (フラワーコミックスα)のコミック

ツイートする