孤狼の血 (角川書店単行本) [Kindle]

  • 19人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 柚月裕子
  • KADOKAWA / 角川書店 (2015年8月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (343ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

孤狼の血 (角川書店単行本)の感想・レビュー・書評

  • やくざのお話。
    悪徳刑事?の大上がやけにかっこいい。
    大上2世となった日岡の今後も知りたい。

  • 凄い面白いがな‼︎読み進めるうちに引き込まれて行った。広島弁も岡山弁に近いから親近感。
    光と闇は表裏一体。綺麗事ばかりでは悪は取り締まれない。ヤクザが居ないともしかしたら、裏の治安は守れないのかもしれないし、警察と持ちつ持たれつの関係もわかる。読んでると、警察の世間体ばかり気にする世界より、仁義を重んじる一之瀬とかチャンギンとかに肩入れしてしまった。尾谷組長なんて、メチャ男としてカッコ良い。
    何にもまして内部にも敵を作りながらでも自分のやり方で悪と対峙していく大上の生き方が男前すぎて惚れそう。最後のどんでん返しには驚いたが組織の力になびく事なく大上の意思を貫いた日岡にも感動した。女性が書いたとは思えない骨太の小説だった!読んで良かった‼︎

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

孤狼の血 (角川書店単行本)はこんな電子書籍です

孤狼の血 (角川書店単行本)のAudible版

孤狼の血 (角川書店単行本)の単行本

ツイートする