通い猫アルフィーの奇跡 (ねこ好き絶賛たちまち9刷! ハーパーBOOKS) [Kindle]

  • 25人登録
  • 4.50評価
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 中西 和美 
  • ハーパーコリンズ・ジャパン (2015年9月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (207ページ)

通い猫アルフィーの奇跡 (ねこ好き絶賛たちまち9刷! ハーパーBOOKS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人の感情は、生活は、性格さえもこんなにも変わりやすいものなんだなと 猫の視点という客観視された描写で気がつくことができた。最後のシーンは本当に泣きました。

  • 特に猫好きというわけではありませんが、最後の展開には猫飼ってみたいなと思わされました。

  • とっても素敵な愛情あふれるお話でした

  •  飼い主の死とともに、これまでのような安穏とした生活を送れなくなると感じたアルフィーは、自由を求めて家を出て、野良猫となる道を選ぶ。でも、それまでの安全で快適な飼い猫の座とは異なり、厳しい生存競争に晒される現実に疲弊し、孤独に耐えきれず、「家族がほしい。愛情と安心感がほしい」というアルフィーの願いは悲痛な叫びにも似ている。

     そこで、彼は、二度とひとりぼっちになるという憂き目に遭わないように、いくつかの家を行き来する通い猫となる決意をする。通う家庭は4軒。それぞれに何かしらの問題を抱えていると感じた彼が、猫なりにその解決を図り、新しい家族を作ろうともがく姿が涙ぐましいけれども、猫ゆえに人間と充分なコミュニケーションが取れず、そのジレンマにやきもきもする。

     猫目線で見ると、人間って、かくも可笑しくも愚かしく、理解不能で厄介な存在なのであろう。猫の性格からして、さぞうんざりしているのではないだろうか。アルフィーが時にすねて、プイッと出ていきたくなる気持ちもわかる!

     家族を守るために彼が最終的に選んだ行動には驚いたが、その健気な、そして固い決意に基づいた行動が引き起こす結末はまさに奇跡。

     猫は、その行動から人生を達観し、醒めた目で世の中を見ている存在のように感じていたが、実際にこのように人間をよく観察し、このように感じているとしたら、猫を見る目が変わりそうである。そして、意外に熱血漢なのかも。

     獲ってきたネズミや小鳥の死骸をプレゼントと称して玄関先に置く愛情表現は勘弁願いたいものだが(笑)

全5件中 1 - 5件を表示

レイチェル・ウェルズの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンディ ウィア...
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

通い猫アルフィーの奇跡 (ねこ好き絶賛たちまち9刷! ハーパーBOOKS)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

通い猫アルフィーの奇跡 (ねこ好き絶賛たちまち9刷! ハーパーBOOKS)を本棚に登録しているひと

通い猫アルフィーの奇跡 (ねこ好き絶賛たちまち9刷! ハーパーBOOKS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

通い猫アルフィーの奇跡 (ねこ好き絶賛たちまち9刷! ハーパーBOOKS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

通い猫アルフィーの奇跡 (ねこ好き絶賛たちまち9刷! ハーパーBOOKS)を本棚に「積読」で登録しているひと

通い猫アルフィーの奇跡 (ねこ好き絶賛たちまち9刷! ハーパーBOOKS)の文庫

ツイートする