ティム・バートンのコープスブライド [DVD]

  • 13人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
監督 : ティム・バートン 
出演 : ジョニー・デップ  ヘレナ・ボナム=カーター  エミリー・ワトソン  アルバート・フィニー 
  • ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2015年11月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4548967219968

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ティム・バートンのコープスブライド [DVD]の感想・レビュー・書評

  • ストップモーションで作成された映画なのかな?
    とても味があって、キャラクターもかわいくて、でも少し不気味で、程よい長さでサクッと楽しむことができました。

    ひょんな事に屍と結婚されそうになって、それから逃げようとするけれど、いつの間にか、諦めも含めて愛情に近い何かが芽生えてしまい、ズルズルと進んでいくさまは少し可愛そうだけれど、悪い選択でもないようにも感じました。

    最後には、ハッピーエンド的な結末に行くのも、後味が良くて、良かった気がします。
    コミカルで、特徴的なキャラクターを見るのがこの映画の面白さかもしれませんね。

  • 【あらすじ】
    政略結婚を間近に控えたヴィクター(成金息子)とヴィクトリア(貧乏娘)。リハーサル時に初めて出会ったがお互い一目惚れで良い感じ。しかし気弱なヴィクターはリハをうまくこなせず結婚式は延期に。独り森の中リハをこなすヴィクター。ようやくリングをはめるフィニッシュが決まった!ところ何の因果か死人のエミリーが結婚を承諾。こうしてヴィクターは地獄に行ってしまうのだったが、地上に比べて彩り鮮やかで歌って踊れる楽しい感じ。

    【以下ネタばれあらすじ】
    エミリーは結婚詐欺師に殺された悲しい過去があった。健気なエミリーに心を開くヴィクターだったが、死人と結婚するためには死ななければならず、ヴィクターは毒を飲むことを決意。生きている人の夢を奪うことになり悩むエミリー。一方ヴィクトリアは親の意向でバートン卿との結婚が遂行。実はバートン卿こそエミリーを殺した犯人であり、自らの墓穴で死。エミリーはリングをヴィクターに、ブーケをヴィクトリアに渡し、蝶になって成仏。

    ※2006年3月-2011年1月までやってたブログより転載

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ティム・バートンのコープスブライド [DVD]を本棚に登録しているひと

ティム・バートンのコープスブライド [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ティム・バートンのコープスブライド [DVD]はこんな映画です

ツイートする