ラブ&ピース スタンダード・エディション(DVD)

  • 123人登録
  • 3.12評価
    • (5)
    • (19)
    • (20)
    • (10)
    • (6)
  • 31レビュー
監督 : 園子温 
出演 : 長谷川博己  麻生久美子  渋川清彦  奥野瑛太  マキタスポーツ 
  • キングレコード (2015年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988003835682

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ラブ&ピース スタンダード・エディション(DVD)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 長谷川博己と麻生久美子。
    二人の共演なので 期待したが
    ほとんど駄作。

    脚本に 無理がある。
    誰からも いやがられていた ロックシンガー。
    ふーむ。ロックシンガーとは いえないけど。
    ロックの定義が不明。
    バラード的な歌。
    確かに、長谷川博己は 歌をうたうことができるが
    そんなにうまいとも思えない。

    カメのおかげで トントン拍子に 人気歌手になるが
    そんなに、甘くないでしょう。
    それで、カメの神通力がなくなったら、終わり。

    麻生久美子は 最初から終わりまで 変化なし。
    変化ないところが、魅力なのかもしれないが、
    あまりにもかわいそうである。

    映画の期待に対して なんじゃこれ といって終った。

  • 主人公は園監督の「昔の姿だ」というお話を聞いた覚えもあります
    絶賛はしませんが決して嫌いな映画ではありませんでした。
    園監督らしさもあります
    長谷川、麻生両氏も素晴らしい。

    でも怪獣映画でした。

    これは子供の頃に染み付くように見た円谷怪獣映画そのもの。

    「登場ピカドン」とか「クリスマスの贈り物」とかの
    タイトルを付けて園子音監督によるウルトラマンの1話。
    ・・・として見たらすごい出来。

    園子音のフィルモグラフィーで見たらどうなのかしら。

  • 園子音監督にしてはびっくりするくらいのファンタジー設定。
    うだつのあがらない会社員の鈴木凉一は、唯一の龜のペットだけが心許せる存在。でも、会社でその存在をからかわれたことで、ピカドンの名付けた亀をトイレに流してしまう…。
    下水の下には、流されたものの行き着く場所があって、カメはそこで、ご主人様の願いの叶う飴をなめてしまう…という話。

    鈴木の夢は、日本スタジアムでライブをすること。その夢を叶えるごとに、カメはでっかくなってく、という設定。
    でもなー…ここまででっかくなっちゃうと…リアリティーも皆無…(T-T)

    きっと年末には、おもちゃたちに記憶をなくす飴でもなめさせるんだろーなーと思ったら、そーか、もとに戻すのね!?
    そしたら早く直してあげたらいいんじゃ…。
    それよりイッちゃってる時の鈴木(長谷川博己)がやばい!この人、いちおーカッコいいとか言われてなかったっけ?
    &ギリギリ歯ぎしり、の曲はこの映画でも聴けるわけね(笑)

    なんだろう、園監督、特撮が撮りたかったのかな?(・_・?)ピカドンかわいそう…動物の愛には弱いのだーーー
    エンドロールの「この映画では動物の虐待はしておりません」に笑った。もちろん!人にも動物にもものにも優しい思いを感じましたよ。

  • 最初から、よくわからないところで笑う他の観客がいた。
    面白かったが、人形多いなと感じた。
    トイストーリーを見ているみたいだった。

  • この時から長谷川博己主演の作品は、謎の巨大生物の暴走によって東京が壊滅的被害を受けるという方向性を持っていたのだろうか。

    コミカルな内容で面白かったです。ジェルネイルしながら鑑賞しました。

    一つだけ気がかりなのは、ラストシーンの良一のアパートに辿り着いた裕子の表情が何を表現していたのか読み取れなかったことです。以上。

  • これはどう味わえばいいのか正直分からない。

  • 2017/4/10
    スローバラード

  • 冷たい熱帯魚を観てから「もう二度と園子音作品は観ねぇ」と心に決めていたけど、どうしても気になって観てしまった作品。
    でも怖くないの!グロくないの!誰も殺さないし死なないよ!バイオレンスじゃないよ!観ながら「アメリカンドリームとメルヘンの殴り合いだな」とは思ったけど!
    でもそのメルヘン部分がまた可愛くてねぇ…ディズニーみたいなの…かわいい…。
    本当の夢、本当の幸せ、帰れる場所があるありがたさ。そういうのを感じた。
    西田敏行がまた素敵。おじいちゃーん!って呼びたくなる。おもしろくて美しくて好き。
    基本大袈裟で、振りきっていて、きらめいている。すごい世界を観た。
    園子音が若いときに考えた脚本かなんかを念願の映画化だそうで…。そうなのね、あなたは怖い人じゃなかったのね、と、トラウマさえも払拭された。

  • 亀だった

  • らぶあんどぴーーーす
    おまえをーーーわっすぅーれなぁーーいーー

    シュールで”洒落”ている。

全31件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ラブ&ピース スタンダード・エディション(DVD)を本棚に「観たい」で登録しているひと

ラブ&ピース スタンダード・エディション(DVD)を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ラブ&ピース スタンダード・エディション(DVD)を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ラブ&ピース スタンダード・エディション(DVD)はこんな映画です

ツイートする