エコール [DVD]

  • 99人登録
  • 4.00評価
    • (6)
    • (6)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
監督 : ルシール・アザリロヴィック 
出演 : マリオン・コティヤール  エレーヌ・ドゥ・フジュロール  ゾエ・オークレール  オルガ・ペイタヴィ=ミュレー  アナ・パロモ 
  • Happinet(SB)(D) (2016年1月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953067080

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

エコール [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 高い塀で外界と遮断された森の中の学校に、6歳の少女イリス(ゾエ・オークレール)がやってくる。そこでは6歳から12歳までの少女たちが年齢を区別するリボンと白い制服を身につけ、ダンスと自然の生態を学んでいた。やがて、男性のいない女性だけの閉ざされた世界にイリスは順応していくが、1人の少女が脱走を図り…。

    外界に閉ざされた森の学校で集団生活する純粋無垢な少女たち。学校の存在意義、厳しい規則、最年長の少女が夜中に外出する理由など謎だらけですし、美しい映像、性的なものや犯罪的なものを匂わせる描写などが相俟ってとても神秘的です。世界観や少女の儚さを楽しむ映画だと思いますが、教師役を演じたマリオン・コティヤールに一番魅力を感じた私にはあまり嵌まりませんでした。

  • 少女映画として、これ以上ない出来。
    少女から女になるまでの、世界に対する怪しさと早く冒険したくて飛び出しそうになる危険を孕んだ多感な時期を描ききっている。
    二度と戻らない少女時代、その美しさごと乗り越えなければならない。

    MIMIと同じ監督なので、空気が似ていて、音響はギャスパーノエ映画でお馴染みのあれ。

  • その道の人々の間で話題になったことは知っていたが、なんとなく避けていた作品。

    自分の下司で下世話な感性を試されるかのような設定。

    しかし映像の端々は非常にきれいで、リリックな描写がすばらしい。
    森の描写、じゃれあう少女たち。
    これはすごい! と思ったのは、ビアンカによる自慰を彷彿させるシーン。
    客の残していった手袋をはめて、自らの足をなでるシーンは非常に官能的だった。

    ほか、テーマ性はなんとなくわかるが、言語化しようとすると結構長くなるので、ひとまずこのへんで。

    ≪ネタバレ!!≫
    校長による選別を経て身請けされるひとりの少女と、
    選ばれなかった少女たちのバレエ(お遊戯レベル)。
    このふたつによって資金が調達される学校。

  • 同じ《ミネハハ》という小説をベースとした別映画を最初に観たせいか、常になにか起こるんじゃないかという緊張があった。
    脱走を試みた少女の溺死やちょっとしたサディスティックな展開はあるものの終始少女の無垢が際経つ演出。
    その無垢さが怖くもある。

  • 少女たちの住む森

    外の世界は危険かもしれない
    でも、中の安全な世界にいるだけじゃ物足りない

    外にあるのは何だろう…


    不思議で絵本のような映画

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

エコール [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

エコール [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

エコール [DVD]はこんな映画です

ツイートする