「靴職人と魔法のミシン」DVD

  • 116人登録
  • 3.06評価
    • (3)
    • (8)
    • (30)
    • (7)
    • (2)
  • 14レビュー
監督 : トム・マッカーシー 
  • バップ (2015年12月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988021144599

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

「靴職人と魔法のミシン」DVDの感想・レビュー・書評

  • 魔法の力を最初悪事に使っていて、
    でも母の死から悪者に天罰を下す為に使おうとした矢先というかその結果、相手を殺してしまって、まあ本人は警察に出頭したり反省はしてるんだけれど、
    映画の本編的にはそこがうやむやになっていて、これでいいのか感。
    クズ野郎だったし殺しても良いという風にも捉えられてしまうかもしれないと思った。

  • 思っていた以上にずっとずっと「魔法」な話で、ファンタジーだった。もうちょっと現実的なロマコメ的な話を期待していたのだが。。。
    出ていった父親の跡をついで靴職人をしている主人公(男)が、冴えなくて人生に希望がなくて別人になりたくて、って感じがよくて、すごく母親思いなところにもホロリとしたけれども、その先がミラクルすぎてなんだかなあ。魔法を使ったドタバタもあんまりノレなかったし。

    ダウントンアビーのマシューことダン・スティーブンスが目当てだったんだけど、ほんのちょっとしか出なかったし。いい役でもなかったし。わたしはマシューのときの彼が好きだったんだな、と思った。

  • 結構散らかっていた気もしますが、まあいいっか。笑
    もっとカーメンとのシーンを見たかったなあ。
    主題がそこじゃないからなんだろうけど、だったらギャングのアレコレをもう少しスマートに終わらせることもできた気が・・・。
    でも、ぼやぁっとした感じのアダムサンドラー好きだしいいっか。

  • 古いミシンでお客の靴直して履いたら持ち主の顔体になる!というファンタジーなお話 違う人間になってちょっと悪い事したりいたずらしたり事件に巻き込まれたりのストーリーは面白かったけど、主人公に対して好き嫌いって判断するほどの感情が見えなかったのでもったいない

  • 父親と同じ道…?

  • 悪くはない感じ。
    もうちょっとストーリーが違ったら名作になれたんじゃないかなぁ。ヒューマンドラマよりにして欲しかった。

  • お仕事をこなしてくれる魔法のミシンかと思ったら違った。それは小人か。そのミシンで靴底を直すと持ち主に変身できるという魔法。初めは私欲でミシンを使うも改心して人助けに使う。久々のスティーブ・ブシェミ目当てで観た。

  • 主人公の靴職人マックスはとある事情から古いミシンで、靴を修理をすることに。興味本位で修理した靴を履くとその靴の持ち主になってしまう。
    その状況を利用してのストーリー展開がとても面白く、なかなか見応えがありました!ただ、名前よりもファンタジーなお話ではないのでご注意ください。

  • ロウアーイーストというのは、黒人やユダヤ人が多く住んでいる古い街でちょっとデンジャラスなところのようですね。お母さんの墓石を買うからといっても、人のお金や時計を盗もうとするのは応援できません。魔法の靴が作れるなら、もっとファンタジックなお話が見たかったなぁ。

  • 古いミシンを使って直すと、その靴の持ち主に変身できる靴になる。それに気づいてから主人公は靴を履いていろいろな人に変身するが、事件に巻き込まれてしまい…

  • とても安易な発想でこれといった盛り上がりもなくゆるっと終わった、、タイトルでなんでそれに気がつかなかったのだろう、、

全14件中 1 - 14件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

「靴職人と魔法のミシン」DVDを本棚に「いま見ている」で登録しているひと

「靴職人と魔法のミシン」DVDを本棚に「観終わった」で登録しているひと

「靴職人と魔法のミシン」DVDを本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする