96時間/レクイエム(非情無情ロング・バージョン) [DVD]

  • 41人登録
  • 3.22評価
    • (1)
    • (7)
    • (6)
    • (3)
    • (1)
  • 3レビュー
監督 : オリヴィエ・メガトン 
出演 : リーアム・ニーソン  ファムケ・ヤンセン  マギー・グレイス  フォレスト・ウィテカー  ダグレイ・スコット 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2015年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142135919

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

96時間/レクイエム(非情無情ロング・バージョン) [DVD]の感想・レビュー・書評

  • リーアム・ニーソンが相変わらずかっこよかった。奥さん生きててほしかったなぁ。

  • 妻の殺人の濡れ衣をきれられたブライアン。

    やはりとゆうか、わかりやすい黒幕。
    派手だけど、しっかり見せるアクションはわかりやすくてお気に入り。

    もはや、誘拐のリミット「96時間」という定義がすでに崩壊している。

  • 元妻の死体を発見したところで、警察に踏み込まれて、逮捕されそうになり逃走するのだが、これがそもそもの間違いの元。その後の敵でもない警察の被害は甚大である。おまけに勝手に犯人を追うもので一般人でありながら破壊につぐ破壊である。コンビニで陳列台に向かって連射するのは気持ちよかったけど。カーレースに派手な銃撃戦とアクション映画のコンテンツを忠実に消化する。敵ボスが主人公に銃口を向けているのにすぐ撃たないもので逆転されるというのもアクション映画の重要なお約束でしょうか。ブリーフ姿なので死に方がみっともないというのはちょっと新しいかもしれない。娘の命を救うためと言いながら飛行機にぶつかっていって、もし飛行機がどうかなってたらどうするつもりだったのでしょう。とにかくちょっとした大義名分の元、選択肢は常に好戦的である。売りはがんばるお父さんというコンセプトなので過剰に戦っているのでしょう。B級アクション映画なので辻褄を色々いうのは野暮ということで、映画の警察のように大目に見ることにしましょう。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

96時間/レクイエム(非情無情ロング・バージョン) [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

96時間/レクイエム(非情無情ロング・バージョン) [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする