そして生活はつづく (文春文庫) [Kindle]

  • 130人登録
  • 3.74評価
    • (9)
    • (13)
    • (13)
    • (3)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : 星野源
  • 文藝春秋 (2013年1月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
又吉 直樹
東野 圭吾
三浦 しをん
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

そして生活はつづく (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • だめすぎておもしろい……又吉さんと言い、内容はともかくよく考えて暮らす人の文章は本当に面白い。

  • 星野源が好きになる本。
    小学生がそのまま大人になったような、愛すべき残念オトコ、といった印象をいだきました。

  • 2017.9.26読了

  • 伊坂幸太郎さんの「仙台ぐらし」に通ずるものを感じた。ちょっと引くくらい自分をさらけ出していらっしゃる。そして途中で実際にちょっと引いてしまうという。でもそれは、彼の本質を知らず文字で想像しているからそうなってしまうのだろうなぁ。それでも好きよ、お源さん。自分は、何かを継続することができない人生を歩んできたので、源さんが羨ましい。好きなことを仕事にするって、憧れちゃう。でもそれも大変なことなんだということも知れて良かった。

  • 面白かった! そしてそれだけではなく、特に書き下ろし部分、実はとても深い内容でした。巻末の対談も楽しく興味深く読みました。

  • 星野源の処女エッセイ。

    彼の生い立ちや、まだ売れてない頃の日常生活などが知れて、非常に面白かった。

  • まあまあ面白かった。
    少し前まではこんな感じだったんだね。

  • 星野源のエッセイ集。下ネタや失敗談を笑った内容がかなり多くて、本にもある通り『自分のダメな部分をなんとかおもしろくしよう』としている。ちょっとあざといのが魅力なんだろうな。

  • あとがきにいいことが書かれている。

    黙っていても日常はおもしろくなってはくれない。見つめ直し、向き合って、物事を拡大し新しい解釈を加えて日常を改めて制作していかなきゃならない。

  • 私生活や普段の自分を書き、エッセイでも書かれているように普通あるいはちょっと変わった面も芸能人にもあるというのを見せてくれているから、面白い。

全17件中 1 - 10件を表示

そして生活はつづく (文春文庫)に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

そして生活はつづく (文春文庫)を本棚に登録しているひと

そして生活はつづく (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

そして生活はつづく (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

そして生活はつづく (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

そして生活はつづく (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

そして生活はつづく (文春文庫)の文庫

そして生活はつづく (文春文庫)の単行本

ツイートする