悲しみのイレーヌ (文春文庫) [Kindle]

  • 96人登録
  • 3.84評価
    • (7)
    • (21)
    • (6)
    • (2)
    • (1)
  • 15レビュー
制作 : 橘明美 
  • 文藝春秋 (2015年10月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (319ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
ピエール・ルメー...
高野 和明
三浦 しをん
東野 圭吾
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

悲しみのイレーヌ (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 最近北欧物ばかりだったのでフランスは新鮮。そして衝撃。

    猟奇殺人もので描写がかなり残酷なので、万人にお薦めはできないけれども、小説という虚構の中の虚構に自分の見ているものは何なのかと問いたくなる不思議な気分を味わえた。もう一度読んだらまた違った感想が生まれそうな作品。「アレックス」より面白かった。

  • 古典。名作ミステリー小説と同じ殺害方法で猟奇殺人を繰り返す殺人犯。5人の作家のうち二人はまったく知らない人で、ジェイム・エルロイの「ブラック・ダリア」は読んだことがない。「ロセアンナ」「夜を深く葬れ」は以前読んでいる。また日本の発売が、「その女アレックス」が先だったがこちらがシリーズ第一作なので順番とおり。最後に悲劇的な結末を向かえるが、登場人物がうまく描かれているので読みやすい。

  • ルメートルのヴェルーヴェン警部シリーズの第1作。時系列的に言えば、「その女アレックス」のほうをあとに読むべきなのかもしれないが、翻訳された順番はこちらのほうがあと。ミステリィの古典・名作などに通じていれば、もしかすると途中で全体の構造が分かってくるのかもしれないが、なかなかひねりの利いた構成で楽しめた。間違いなく歴史に残る傑作の1つであると思う。

  • これはどんでん返し

  • カミーユシリーズの1作目、面白かった。筋書きのどんでん返し感、やられた感は2作目の『その女アレックス』のほうが上だったけど、エグさ、グロさはこちらのほうが上。

    第一部は、作中で“小説家”と呼ばれた殺人犯が書いた小説そのものだった、というどんでん返し。これには全く気づかなかった。だから、犯人が知り得ない部分は空想で書かれていたりする(フィクションの中のフィクション)
    第二部で、警部カミーユたちがその小説を読むというシーンが面白い。メタい。トリッキー。
    この著者の作品は、このような斬新な文学的手法みたいなものが使われている感じがして読んでいて新鮮。

    主人公の愛する奥さん、お腹の中にいた赤ちゃんまで惨殺されるというベリーバッドエンドは逆に驚いた。

  • 『その女アレックス』は本作読了後に読むべき。
    作品の出来も『その女アレックス』>『悲しみのイレーヌ』。
    レベルはどちらも相当高いと思うけど。
    あと L.A.4 部作を再読したくなる。

  • アレックスより先に読めて良かったです。
    でも、アレックスの方が断然面白かったです。

  • 「その女アレックス」を読んだ後だけに結末を知ってしまっているのが辛い。だが今回も余りに意表を突いた展開で読ませる小説であった。

  • 「その女アレックス」の著者ピエール・ルメートルの処女作。日本で邦訳されたのは「その女アレックス」の方が先。何を書いてもネタバレになりそうなので、最低限の紹介を以下に;

    1)大傑作。絶対お勧めの★5つ。
    2)「哀しみのイレーヌ」▶︎「その女アレックス」の順番で読むのが、理想的。私は逆だったが、心臓の弱い人は、その方が良いかも。
    3)食事をしながらの読書は避けた方が良い。
    4)人物描写が秀逸。

    とにかく、読め読め読めの★5つ。

  • 面白かった!アレックスより先に読みたかったと言う人もいるけど、私は全然大丈夫。むしろ、既に分かっている悲劇に向かっている感じが、ロウフィールドのようで、不気味な恐ろしさが増す感じである。

  • 登場人物の魅力にノックアウト。続編早く読みたい。
    ボタンの掛け違いみたいな悲劇的な結末ですが、「アレックス」読むと少しずつ元気になっているようなので・・・。スピンオフみたいな他の刑事の話もあったらいいのに

  • 面白かった。
    かなりの衝撃。この人の作品はほんと驚かされる。

  • 本書がデビュー作だそうだが、のちの作品に比べると少し迫力に欠けるように感じた。十分楽しめる内容ではあるけれど、どうしても「その女アレックス」と比べてしまうのだ。更に、ラストがそのすこし前にわかってしまうのが残念。

  • 『その女アレックス』からル・メートルを読み出した人が多いと思うが、期待を裏切らない小説だった。猟奇連続殺人犯に挑む優秀な刑事。『セブン』という映画を思い出した。『その女アレックス』が売れたからか、次々に日本語で出版されており、原語が読めない私には嬉しい限り。『その女アレックス』と同じ刑事が登場するが、出版時期も物語の時期も本作の方が『その女アレックス』より前である。ただ、『その女アレックス』の主人公はアレックスであり、本作の主人公はカミーユ・ヴェルーヴェン刑事であり、舞台は同じでもあまりシリーズという印象はなく、『その女アレックス』の後に読んでも違和感がなかった。

全15件中 1 - 15件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

悲しみのイレーヌ (文春文庫)を本棚に登録しているひと

悲しみのイレーヌ (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

悲しみのイレーヌ (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

悲しみのイレーヌ (文春文庫)はこんな電子書籍です

ツイートする