ダ・ヴィンチ 2015年11月号

  • 61人登録
  • 2.88評価
    • (1)
    • (1)
    • (10)
    • (3)
    • (1)
  • 6レビュー
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2015年10月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910059871154

ダ・ヴィンチ 2015年11月号の感想・レビュー・書評

  • いい。好きな本、気になる本が多かった。

    『家族の哲学』坂口恭平 
    『颶風の王』河﨑秋子 
    『ドミトリーともきんす』高野文子
    『虚栄』久坂部羊
    『勝手に文庫解説』北上次郎
    『蔵書の苦しみ』岡崎武志(新書)
    『本で床は抜けるのか』西牟田靖
    『ブラック化する教育』大内裕和
    『鈴木さんにも分かるネットの未来』川上量生(DWANGO川上)
    『殺人鬼ゾディアック』ゲーリー・L・スチュワート
    『他者という病』中村うさぎ
    『無意識はいつも正しい』クスドフトシ ×
    『れるられる』最相葉月
    『雑草のはなし見つけ方、たのしみ方』田中修
    『君がここにいるということ』緒方高司 

  • 今回は「エロイカより愛をこめて」特集。ロシアより愛をこめて?エロは大好きですが、エロイカにはあまり興味が持てませんでした。

  • キングダムは読んでみたい。エロイカは記事を読む気にもなれなかった。

  • エロイカより愛をこめて、という漫画を読んでみたい。

  • 今月号はこれといって好きな特集や読んで良かったと思える特集が無く、非常に残念だった。だんだん、内容というか、中身がなくなっていくような気がするダ・ヴィンチ。前の方が読みごたえあったなぁと思ったりもする。来月号は大好きな作家である、柚木麻子特集があるため、楽しみ!ちょっとだけ、期待をしている感じである。

全6件中 1 - 6件を表示

ダ・ヴィンチ 2015年11月号を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ダ・ヴィンチ 2015年11月号を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ダ・ヴィンチ 2015年11月号を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする